スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面の木園地に行った!紅葉がきれいだった!コハウチワカエデ、ウリハダカエデ、ドウダンツツジの紅葉、ダンコウバイの黄葉が!

    岩波地区への散歩の続きです。
  下は、ムラサキシキブの実です。なんどの紹介していますが、あまりに美しい実の色なので何度でも写してしまいます。


ムラサキシキブの実の色がきれい

  ちょっとびっくりしました。村のはずれに、「岩波城主奥平出雲守貞寄の墓」と書いてあるではありませんか。中世にこの地方は奥平の殿様が治めていたことは知っていたのですが、岩波にお城があったことは知りませんでした。この作手は、戦国時代にいろいろの合戦があり、歴史通の人たちには面白いところなのだそうです。

岩波城主の墓

  道端に、下の写真のような大きなキノコが生えていました。直径が20cmもあります。ピンク色で周囲が波打っています。種名は分かりません。

ピンクの大きなキノコが

  舗装した道路の上に、ひょこひょことサワガニが歩いてきました。その赤い体の色がきれいで、思わずシャッターを切りました。生き物は美しいですね。

サワガニが美しい

  ある庭先に、ハーブの花と思われる植物に、アカタテハが飛んできました。また、黄色いチョウ(おそらくキチョウ)も花に止まっていました。黄色っぽい蝶と花の紫の色が美しく調和していますね。

ハーブの花にアカタテハが

  さて、8日金曜日は、久しぶりに面の木園地に行きました。秋も晩秋になり、作手でも紅葉が始まっていますが、標高の高い面ノ木園地ではさぞかし素晴らしいだろうと思ったからです。駐車場に着いた途端に、ビジターセンターの前の真っ赤に紅葉したモミジが目に飛び込んできました。これだけ真っ赤ですと、良く目立ちますね。自然界では、大体植物は緑色ですので、秋の植物の紅葉は特別に美しいですね。

面の木ビジターセンター前のモミジ

  モミジ類、カエデ類が紅葉するのに対して、下の写真のダンコウバイは真っ黄色なのです。初めてこの場所でダンコウバイを見たときの感動を忘れることができません。下の写真をよく見ると、茶色い小さな実が付いているようですね。

ダンコウバイの黄色の葉

  下は、すぐ隣に生えていたウリハダカエデの紅葉を写しました。これもまたきれいですね。

ウリハダカエデの紅葉がきれい

  下は、コハウチワカエデだろうと思います。今、紅葉の真っ盛りで、その葉の赤さには驚かされます。青空をバックに写すと、絵になりますね。

コハウチワカエデの紅葉1

コハウチワカエデの紅葉が2

  雑木林の木々の葉が赤いものから黄色いもの、オレンジ色のものと様々な色合いです。その美しさに感動します。赤の大部分はコハウチワカエデ、黄色がダンコウバイまたはシロモジです。

雑木林の紅葉がきれい

雑木林の紅葉がきれい2

  下は、ドウダンツツジの紅葉です。実が付いていますね。これも紅葉がひときわ美しい種ですね。

ドウダンツツジの紅葉と実

  次回も、面の木園地の続きを書く事にします。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。