スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツルリンドウ、ヒヨドリジョウゴ、ムラサキシキブの実がきれい!シロモジの黄葉!山の砂礫層の不思議!

  開成地区への散歩道の続きです。
  下は、ツルリンドウです。赤い実がよく目立ち、きれいです。花はあまり目立たないのですが、実は良く目立ちます。


ツルリンドウがきれい

  下は、ウメモドキの実がきれいなので写したのですが、葉に黒い斑点があるのが気になりました。なにか異変が起こったのでしょうか。

ウメモドキの葉に黒い斑点

  ヒヨドリジョウゴの実がきれいでした。少し透明感があり、光沢のある真っ赤な実がきれいですね。

ヒヨドリジョウゴの赤い実が (2)

  下は、ケヤマハンノキの葉を写しました。波打つような鋸歯が特徴ですね。葉の付け根に実のようなものが付いていますが、これが実なのでしょうか。

ケヤマハンノキに実が?

  すぐ隣にムラサキシキブに実がいっぱい付いた薮がありました。こんなにたくさんの実がついているのはあまり見たことがありません。きれいです。

ムラサキシキブに実がいっぱい

  わが庭のアカシデが紅葉し始めました。黄色とも赤ともつかない葉がきれいですね。それを見たくて、苗木を買ってきて植えたのが、今はかなり大きく成長し、紅葉を楽しむことができるほどになりました。

庭のアカシデ紅葉1

庭のアカシデ紅葉2

  5日の火曜日は、これまでに歩いたことがない、三河湖へ向かう道路の北側に入る林道を歩きました。沿道には珍しく広い雑木林が広がっていて、その黄葉がきれいでした。下の写真は、シロモジの黄葉を写したものです。今、シロモジが黄葉して、山全体が黄色く色づいているのです。

シロモジの黄葉がきれい

  下は、黄色く色づいた雑木林の風景を写したものですが、黄色く色づいた樹木のほとんどはシロモジです。それほどこの地方にはシロモジが多く生息しているということなのですね。

雑木林の黄葉

  下は、道端の転がっている石ころを写したものです。実はこの地域は、山全体が古い砂礫層から出来ているのです。かなり古い時代(おそらく中新世、約2000万年前頃)に、北の方から流れ込んできた砂礫層と思われます。砂礫層とは、流水の作用で流されてきた堆積物のことです。写真に見るように、石の表面が丸くなっています。それは、川によって流されてきた石ころが、流される過程で摩滅し、丸くなっているのです。円礫です。写真の岩石は、花崗閃緑斑岩といって、花崗岩でも緑色の鉱物の角閃石が多く含まれるので、黒っぽく見えます。この岩石は、恵那地方に広く分布しているので、この砂礫層は北の方からはるばる流されてきたのではないかと推測できるのです。昔、ここにどんな川が流れていたのでしょうか。こんなことが推測できるのも、地学のロマンですね。

円磨された礫

  上の円礫が出てきたのは、下の崖からです。丸く円磨された礫が含まれていることが分かりますね。しかし、堆積してから相当に時間が経っているので、風化してグサグサになっています。

花崗閃緑斑岩






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。