スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富幕山山頂への道、リンドウが美しかった!ツマグロヒョウモンのオスとメスが!

   富幕山の山歩きの続きです。
  あまりよく写りませんでしたが、ワレモコウが各地に咲いていました。大きく成長したものは見られませんでしたが、きれいでした。


ワレモコウの赤い花が

  この山道で感動したのは、たくさんのリンドウを見たことです。沿道にどこにでも咲いていたのです。清楚で美しい花ですね。つぼみもたくさんありました。今が最盛期になろうとしているところでしょう。

沿道に林道が1

  あまりじっくりと眺めることはなかったのですが、花ばかりでなくつぼみがきれいなのです。赤紫の色が何とも言えませんね。

沿道にリンドウが2

  リンドウがどんな葉をしているのかも知りませんでした。対生で披針形、先は尖り、根元はくさび型なのですね。

沿道でリンドウが2

  もうひとつ気がついたことは、個体によって微妙に花の色が違うことです。下の花は、上の花に比べてブルーの色が濃いですね。

沿道にリンドウが3

  ところが、下の写真のように、ブルーの色が薄い花もあるのです。同じ種でも、花の色など個体差があるのですね。

沿道にリンドウが4

  下の写真のように、ミヤマガマズミの赤い実がいっぱい付いててきれいでした。葉が大きくて、先端が尖っている特徴から種を判断しました。

ガマズミの赤い実が

  下は、普通のガマズミだと思います。上よりももっと実がたくさんついていてきれいですね。これらも霜が降りる頃には甘く熟し、果実酒を作る人もいると聞きました。

コバノガマズミの赤い実が

  マツカゼソウが群生しているところがありました。大部分は花は終わっていましたが、一部に下の写真に見るような白い花を付けていました。2回3出羽状複葉の葉がきれいですね。

マツカゼソウに白い花

  山頂付近で、きれいな黄色のチョウを見ました。ツマグロヒョウモンのオスです。そのうちにメスも飛んできました。つがいなのでしょうか。

ツマグロヒョウモンのオスがいた

  メスは羽の先端部分が黒っぽいのです。それに白い斑点が入っていて、オスよりも派手できれいですね。

ツマグロヒョウモンのメスがいた

  富幕山の山頂につきました。山頂には大きな電波塔が立っていました。山のガイドブックには、山頂は見晴らしが良く、遠州の平野や浜名湖がみえて絶景であることが書いてありましたが、残念なことに周囲の樹木が生い茂ってしまい、その絶景を見ることができませんでした。それを見たくて、苦労して登ったのに、残念でなりません。ガイドブックは、しばしば見直してくれないといけませんね。

山頂の電波塔

  往復3時間半の山登りでした。こんなに長時間の山登りは、最近ではなく、暫くぶりでしたので、大分疲れました。しかし、それだけ体力が回復してきたのだろうと思っています。大病をした後、初めての山登りです。これからも、しばしば山登りをしたいと思っています。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。