スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シキミの実、アキノキリンソウがきれい!ツリフネソウ、ミゾソバの花が群生!エノコログサが面白い!

  10日ほど前になりますが、ボクが今まで履いていた靴がボロボロになって履けなくなり、新しい靴を買いました。ズックの980円で買った安物で、履いているうちにズックの小指の部分が口があいて、ちょっとした雨でも、雨上がりの草道を歩いてもすぐに靴下がずぶ濡れになってしまうのです。まだ履けないことはないのですが、もう潮時かなあと思い、今度は濡れないきちんとした靴を買いました。今度は2000円しました。今のところ快調に散歩が出来ています。靴を履き潰すなんて二回目ですが、僕の師匠のSさんに褒められそうです。

  ところで、この数日ブログを休んでいますが、それは僕の連れ合いの病気のためでした。ひどい目まいの襲われ、立っていることもできないのです。頭痛と吐き気を伴っていますので、これは大変なことになったと、救急車を頼み岡崎市民病院に急行しました。すぐに目眩とめの点滴をしてもらい、耳鼻科の専門医にもかかって投薬してもらい、今はほとんど正常に戻りました。というわけで、付きっきりの看病でブログを書く余裕がなかったのです。これまでほとんど病気らしい病気をいたことがなかっただけに、連れ合いの病気というのは辛いものですね。

   
  相寺周辺一周の散歩の続きです。下は、シキミに実がいっぱいなっているところを写したものです。シキミの実は形が柿を小さくしたような形で、独特ですね。

シキミに実がいっぱい

  アキノキリンソウがたくさん咲いていました。黄色い花がきれいです。

アキノキリンソウの黄色い花が

  小さな水路沿いにツリフネソウが群生していました。赤い花がきれいですね。

ツリフネソウがいっぱい

  その水路沿いには、ミゾソバも群生していて、コンペイトウのようなピンク色の花がきれいでした。葉が牛の頭のような形をして、面白いですね。

ミゾソバのコンペイトウ

  下の写真の花は、何というのでしょうか。初めてではないような気がしますが、種名は分かりません。とてもきれいな花ですね。葉も長楕円形で先が尖っていて、鋸歯が明瞭な独特の形です。と書いたのですが、よく見ているうちにコデマリであることが分かりました。

この花は何で?

  下の写真のように、ヒガンバナが土手いっぱいに咲いていてきれいでした。今はもう、花が終わりかけています。花期が短いのですね。

土手にいっぱいのヒガンバナ

  道端のエノコログサが可愛いので、下の写真を撮りました。よく見ると、茶色の穂と緑色の穂があります。アップするときれいです。どこにでも生える雑草ですが、よく見るといろいろの変化があるのですね。

エノコログサが群生

茶色のエノコログサ

緑のエノコログサ

  ある民家の植え込みに、ヒイラギがたくさんの実をつけているのを見て写真を撮りました。常緑低木で、冬に白い花をつけ、今は緑色の実ですが、翌年の6~7月に紫黒色に熟すと言います。鋭く尖った鋸歯が痛いので泥棒よけになるということで、垣根などに植えられる木ですね。紫黒色に熟した実をボクは見たことがありません。

ヒイラギに実がいっぱい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。