スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバアケビの実がいっぱい! アオツブラフジの実がきれい!ノコンギクの二種類!

   昨日は、浦山林道を散歩しました。病気明けで初めての散歩です。 
  沿道は、ミツバアケビ
たくさん生えていて、それに意外なほどたくさんの実がついていました。今年は生り年なのでしょうか。ミツバアケビの実は淡紫色に色付きます。それがきれいなのです。まだ割れてはいませんので、中身が甘くなっているかは試していません。、

ミツバアケビの実がいっぱい

ミツバアケビの実がいっぱい2

  下は、アオツブラフジの実を写しました。光沢のある青藍色の実がとてもきれいです。まだ緑色の実もあるので、これから全部が青くなるともっときれいでしょうね。秋が深まってくると、植物の実がいろいろの姿と色を見せてくれるので、楽しみにしているのです。

アオツブラフジの実がきれい

  下は、フジバカマの花です。白い花がセリの花のようで、きれいですね。葉は対生で上の方の葉は裂けてはいません。

フジバカマの白い花

  ところが、下の方の葉は、下の写真のように5裂する大きな葉なのです。茎の下のほうにつく葉と上の方に付く葉と違いがある植物はかなりたくさんあります。葉のつき方一つとっても、植物は複雑ですね。

フジバカマの葉

  ウメモドキが真っ赤な実をつけていて、とてもきれいでした。まだ赤くなっていない身もありますが、この木は全部真っ赤でした。

ウメモドキの真っ赤な実が

  下は、ノコンギクです。ありふれた雑草ですが、白い花がきれいです。今回は葉に注目してみました。ノコンギクの葉には鋸歯が明瞭です。

ノコンギクの花と葉

  ところが、鋸歯のない葉をもつものもありました。ホソバノコンギクです。披針形の葉で、互生です。ノコンギクとは明らかに違います。こんな種もあったのですね。

ホソバノコンギクの花と葉

  ヤクシソウに黄色の花が付き始めました。花が咲いているのを見たのは、今日が初めてです。黄色い花の花弁の先端が尖っていないで、切られたようになっています。その点はニガナと同じですが、花弁の数がはるかに多いですね。つぼみも特徴があって、ヤクシソウと分かります。

ヤクシソウの黄色い花

  ヌルデノフシムシに赤いコブができていました。ヌルデに寄生するアブラムシの一種がコブの中に入っているのだそうです。エゴノキにも同様の寄生中が付きます。それはエゴノネコアシといいますね。

ヌルデノフシムシの赤いコブ

  そのヌルデも、早くから紅葉するのです。下の写真のように、葉の一部が紅葉していました。全部紅葉するのはまだですが、いち早く紅葉を楽しむことができます。

ヌルデの紅葉が始まった 

  この続きは、次回に回します。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。