ミヤマフユイチゴ、ナキリスゲ、メヤブマオを初めて同定!マツカゼソウとツリフネソウがきれい!

   昨日の11日は、菅沼から東の方の林道で、守義林道を歩きました。しばらくこのコースは歩いていないから、どんな生き物に出会うかわくわくしながら歩きました。
  下の写真のように、マルバハギが咲いていてきれいでした。


マルバハギがきれいで

  下は、初めて確認した種で、ミヤマフユイチゴというイチゴの仲間です。フユイチゴによく似ているので、それだと思っていたのですが、そのすぐ隣に載っていた種でした。葉の形が違うこと、細かな鋸歯があること、白い実のようなものがつくことなどから判断しました。この白い実も、秋に熟すと真っ赤な実になるのです。初めて同定できてうれしいです。

ミヤマフユイチゴに白い実が

  下の写真の、細くて長い葉で、白っぽい穂を持つ植物も、初めて同定できた種です。ナキリスゲです。独特の姿ですね。

ナキリスゲの細い葉

  下の写真の種は、どうしても分からないのです。葉は互生し、各葉の根元から花芽が出て、その先にちいさな白い花をつけているのです。葉の出方が茎の下の方に向かって傾いて付いているのです。それが面白いですね。巴山コースの森の中でも見ています。

この草は??

  沿道にマツカゼソウが群生していました。羽状複葉の丸い葉と白い花が印象的です。

マツカゼソウに白い花が

マツカゼソウ群生し

  この道には、ツリフネソウがいたるところに咲いていました。赤い花がよく目立ち、きれいです。作手ではよく見かけるのですが、他の地域ではなかなか見られない貴重な種のようです。

ツリフネソウに赤い花

  赤紫色の舌状の上下の花弁で、下の花弁が大きく、その中に黄色いものが見えます。さらに奥の方は白地に赤い斑点が見えます。面白い花の形と色の組み合わせですね。

ツリフネソウの赤い花を

  下の写真の植物も、見たことがなく種は分からないのです。どなたか教えてください。

この草は???

  下は、メヤブマオだろうと思います。葉はヤブマオと同じですが、穂が細いのが特徴です。これも、ボクは初めて同定しました。ヤブマオと区別ができるようになって嬉しいです。それにしても、大きな葉のギザギザはすごいですね。

メヤブマオを初めて

  イヌザンショウの実に真黒い実が出てきました。いずれは全部真っ黒になるのですが、光沢のある黒い実はきれいです。

イヌザンショウに黒い実が

  ツル植物のアオツブラフジに紫黒色の実になってきました。きれいですね。

アオツブラフジの紫黒色の実が

  去年、初めて気づいたのですが、植物の熟した実がじつに美しいことを発見した報告してきましたが、今年も、実に注目して秋の植物を観察したいと思っています。




スポンサーサイト

コメント

葉に花をつける植物

はじめまして
葉っぱからお花が咲いている植物
ルスカスの仲間ではないでしょうか??
フラワーアレンジメントなどで使われる
葉っぱで小さい白紫の花を葉から出します。
通りがかり、気になりましたのでコメントしました(^^)
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード