スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴山コースで メハジキの花が終わりかけていた!ゴンズイの実がきれい!チョウセンアサガオ群生!

  9日の月曜日は、巴山コースを歩きました。前に行った時はメハジキがまだだったので、もう咲いているかと思って行ったのです。咲いていましたが、もう盛りは過ぎていました。下の写真が花と葉を写したものです。細長く7裂する葉が特徴的ですね。花は花弁が淡いピンクと濃いピンク色できれいです。シソ科のメハジキ属です。

メハジキの花と葉は

メハジキのピンクの花が

  大部分は花が終わって、下の写真のように、対生の葉の根元に実が付きます。段々になって姿がきれいですね。

メハジキ花が終わったところ

  先回行った時、チョウセンアサガオが群生している様子を見ましたが、今回は下の写真のようにもっとたくさん花を付けていました。

チョウセンアサガオが群生し

  その中に、イガイガの実がたくさんついていました。クリの実のように刺トゲなのです。面白い形ですね。

チョウセンアサガオの実は

  前から存在を知っていたゴンズイが赤い実をたくさん付けていました。花序も赤いので、まるだ赤い花が咲いたようにきれいです。

ゴンズイの赤い実が

  ここに来たのは、前に見たズミの実がどうなったか知りたかったからです。一つのズミには実が落ちてしまったのか、全く実が見られなかったのです。しかし、奥の方のズミには、鈴なりに実がついていました。下の写真のように。その数の多さに驚かされます。アップしてみますと、梨よりも少し小さいくらい(6~8cm)で、色もなしによく似ているのです。ズミは別名コナシですが、なるほどと思いました。採って食べたかったのですが、群生するススキに阻まれた近寄れませんでした。どんな味がするのでしょうか。

ズミの実が鈴成り

ズミの実が小梨に似る
  
  下の写真のように、チカラシバが群生しているところがありました。穂を出し始めた、その存在が分かりました。穂の根元に種がついていて、それが風に飛ばされた種子が散布されるのですね。


チカラシバが穂を出した

チカラシバの穂が






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。