スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウチワカエデの大きな葉!ヒオウギを初めて見ました!オミナエシの黄色い花がきれいでした!

  面の木園地のビジターセンター前のあずまや近くで、ツルアジサイにたくさんの実が生っているのを見た。下の写真のように、茶色のものは装飾花で緑色の粒が実ですね。すごい実の数です。

ツルアジサイの実が

  また、近くにハウチワカエデの大きな葉が付いていました。手のひら型の5~7裂する大きな葉が特徴ですね。ヤツデの葉のようです。この地方には天狗伝説があり、天狗はうちわを持っているので、それに似た樹木を植えたのかもしれません。

ハウチワカエデの葉は

  湿地の方に降りていきますと、フシグロセンノウが群生していました。オレンジ色の花がきれいでした。

フシグロセンノウが群生

  これまでに見たことがない植物に出会いました。ヒオウギです。長細い尖った葉の中から茎が出てその先端に数個のオレンジ色花をつけます。花は、オレンジ色の花弁に真っ赤な斑点がついて、とてもきれいです。実やつぼみも独特の形ですね。

ヒオウギを初めて見た

ヒオウギの花は美しい

  下の写真の植物が群生していました。大きな葉の中からツーンと突き出した茎の上の方に白いつぼみがついていました。初めは全くわからなかったのですが、通りかかった方がショウマの類かもしれないと言ったので、図鑑遅調べたら、葉の形がヒトツバショウマによく似ているのです。花がまだ咲いていませんので、確かではありませんが。

ヒトツバショウマだと思う1

ヒトツバショウマだと思う2

  下は、ミヤマトリカブトだと思います。よく見るとつぼみをつけています。その形と葉の形から判断しました。濃い紫色の花が咲くときれいなのですね。

ミヤマトリカブトの葉が

  下の写真の植物は、オミナエシです。葉は深く三裂して細長いのが特徴で、花は上の方で枝分かれをしてたくさんの黄色い花をつけます。群生することが多く、きれいなのです。ここでも群生していました。

オミナエシの黄色い花が

  下は、ヌマトラノオです。白い花がきれいですね。作手の湿地ではもうすでにこの花は終わっています。ここは標高の高いところなので、まだ咲いているのでしょう。

ヌマトラノオの白い花

  この続きは、次回に回しましょう。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。