スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天狗棚は展望がないのは残念!シコクママコナが群生!バライチゴがきれい!ヤマキマダラヒカゲに出会った!

   面ノ木園地から天狗棚への山登りの続きです。
  下は、ヤマハハコです。白い花と細長い針のような葉も白っぽいですね。高山にしか生息しない種のように思います。ハハコグサに似ていますが、その花は黄色です。


ヤマハハコの白い花が

   山に入ったところにママコナのような花が群生していました。ママコナではないかと思っていたら、同じママコナでもシコクママコナでした。以前、鳳来寺山に登った時に出会いました。花弁が上と下に別れ、上はピンク色、下は白なのです。ママコナは上下ともピンク色で、下の花弁に白いポチポチが二つ並んでいるのです。僅かな違いですが、別の種なのですね。

シコクママコナがいっぱい1

シコクママコナがいっぱい2

  下は、見るからにイチゴですね。真っ赤な直径2cnくらいの実がついていて、羽状複葉の小葉が鋭い鋸歯があって、葉脈の主脈がはっきりとしている特徴的な葉ですね。それらの特徴から、バライチゴと判定しました。

バライチゴに赤い実が

  あまり見たことのないチョウに出会いました。図鑑を調べた結果、ヤマキマダラヒカゲというタテハチョウの仲間です。前にサトキマダラヒカゲというちょうを紹介しましたが、それとの近縁種ですね。里と山の違いです。山の方もきれいなチョウですね

ヤマキマダラヒカゲが美しい

  標高1240mの天狗棚の頂上につきました。見晴らしの良い山頂ではなく、森の中の小さな高まりが山頂でした。山はやはり見晴らしの良い山頂でないと、登山の醍醐味があまりありませんね。苦労して登って、展望が開ける山頂は、達成感を感じる場所です。それがないのは寂しいですね。

天狗棚山頂にて

  そこから展望台に下ったところからの方が展望が良いのです。そこから見た津具村の全景が写っています。ボクらが通ってきた道がよく分かります。津具村は、全体に盆地のようになっているのですね。

津具村の風景

  展望台のすぐ脇に、ヤマボウシが丸い実を付けていました。葉の上に6~7cmくらいの茎の上に丸い実が突出している様子は、面白いですね。もう少し経つと実が大きくなり、赤くなります。

展望台のヤマボウシ

  下の植物は、ケキツネノボタンではないかと思います。独特の葉の形からはんだんしましたが、まだ確信を持てません。

ケキツネノボタンではないか

  下は、戻ってきたビジターセンターの休み場の近くで見たゲンノウショウコの花です。どこにでも生えていて小さい花ですが、きれいだったので写しました。白い花弁の中の淡紫色の筋やブルーの雄しべがきれいですね。

ゲンノウショウコの花がきれい

  このあと、面ノ木湿地の方に回りましたが、その報告は次回に回します。







スポンサーサイト

コメント

写真が良く撮れています

男前に写ってますね、余裕で登ったのかな?
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。