FC2ブログ

シラカバとミズナラの混交林! 小黒川のミズナラ!

  鳥ヶ池キャンプ場の近くのシラカバ林が美しいので、そこで一休み。シラカバの森の黄葉がきれいでした。シラカバとミズナラの混交林です。これほど標高が高くなると、下ばえが少なくて林床がとてもきれいですね。低い標高のところでは、低木や草が茂り、これほど遠くまで見通せることはありません。

シラカバ林の風景

  そこに生えていたシラカバの巨木もきれいでした。幹が日の光に輝いているのです。 

シラカバの巨木

 

  下は、シラカバの葉が黄色く色づいているところを写したものです。青空とシラカバの色づいた葉の美しさに感動しました。

ミズナラの黄葉

   次に見に行ったのが、大分車で走って、木曽山脈の南の方にある清内路村にある「小黒川のミズナラ」です。天然記念物になっているのです。樹齢300年以上と言われる、ミズナラの巨木は圧倒的でした。

天然記念物ミズナラの巨木

 

ミズナラの巨木

  写真で見るように、大きく枝を広げたミズナラの枝ぶりは、見事というほかありません。樹冠が20m以上あります。下の写真のように、幹の周囲は6m、ですので太さは3mにもなります。これほどの巨木になると、畏敬の気持ちにさせられますね。

ミズナラの幹

 

  太い幹には、黄色に色づいた着生植物が付いていました。これくらい大きくなると、いろいろの植物が寄生してくるのですね。

ミズナラの着生植物

  三回にわたって旅の記録を書きましたが、今回も素晴らしい自然を見ることができて、機会を作ってくださったHさん夫妻に感謝です。時には遠出して自然を楽しむのも、いいものですね。 

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード