スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキカラマツがきれい!ヒナタイノコズチが群生!ミヤマハコベ?が!シシウドの花が!

   21日(水)は、雨が止んだ夕方4時から、旧菅守小学校跡地への道を歩きました。しかし、雷が鳴ったので早く引き上げましたが、雨は降らなかった。残念!でも、45分も歩いたのだから良いとしておこう。毎日1時間以上歩くというボクの目標からは、歩く時間が短いからですね。でも、雷雨にずぶ濡れになるのはご免ですからね。
  その入口にアキカラマツがたくさん生えていました。花も咲いていてきれいだったのです。これは、ひるがの湿原植物園で初めて見たのですが、作手でも何箇所か見ることができて、意外と高山でなくても生息していることが分かってきたのです。3裂していますが丸い葉が独特で、すぐに分かります。花も独特ですね。


入口にアキカラマツが1

入口にアキカラマツが2

  下の写真のように、ボクの背丈ほど大きく成長したものもありました。上の方に付いている花が大きいのですね。立派なものです。

入口にアキカラマツが3

  またその入口に、ツリガネニンジンの可愛い花が咲いていました。

ツリガネニンジンの白い花

  下は、サルナシの葉のなかの奥の方に、実がついているのが分かりますね。楕円形というか、電球みたいな形の長さ2cmくらいの実が付いています。ボクは初めて実を見たのです。秋になれば熟して食べられるそうですが、その実はとても美味しいと聞いていますので、食べてみたいです。聞くところによると、キウイフルーツのようだそうです。

奥にサルナシの実が

  山道に入ると、ヒナタイノコズチが群生するほどたくさん生えていました。花というか穂というかは分かりませんが、枝の先端につくものが特徴があり、すぐに分かります。図鑑によれば、近縁種にヒカゲイノコズチがあって、それは花がもっと細かくついて細長い穂になります。ここではヒカゲが見つかりませんでした。

ヒナタイノコズチがあった

ヒナタイノコズチがあった2

  ツリフネソウが赤い花を付け始めていました。でも、まだ一輪の花を見ただけでした。群生していますので、もう少し経っていっぱい花をつけるようになるときれいでしょうね。

ツリフネソウの赤い花

  下の写真の植物は、どうしても名前が分かりません。下の方に大きな葉がついていて、上の方に白くて丸い花が咲いているのです。丸い花とは言っても集合花のようです。森の奥の方で遠くて、これ以上の詳細は分かりません。

分からない1

  下の写真の植物も、分からないのです。ハート型の大きな葉で葉柄が真っ赤です。そしてピンク色のきれいな花が付いています。見たこともありません。上の植物とあわせて、どなたか教えてください。

分からない2

  下の写真の植物もよく分からなかったのですが、図鑑とにらめこをしているうちに。ミヤマハコベではないかと思うようになりました。下の方に生えている鋸歯のある大きな葉の形、白い花弁の形と数などの特徴からです。でも、確かではありません。きれいな花ですね。

ミヤマハコベか?

ミヤマハコベの葉が

  シシウドではないかと思われる花が咲いていました。セリ科の植物は似たようなものが多くて、同定は難しいです。図鑑だけでは細かな特徴の差がわからないからです。アシタバのようにも見えます。

アシタバか?






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。