スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本宮山南の山歩き マツカゼソウ、ダンドボロギク群生!ウリハダカエデに実が!ゴンズイが各所に!

     19日は、本宮山スカイラインから入って本宮さんを目指して山歩きをしました。でも、無線中継塔には行けましたが、本宮山には行けませんでした。でも、森の中の山歩きは涼しくて快適でした。
  そこで見たのが、下のマツカゼソウの大群落でした。小さな白い花がついて、とてもきれいでした。めったに見られない植物だと思っていたのですが、かなり広く分布していることが分かりました。


マツカゼソウに花が

マツカゼソウの白い花は

  本宮山の周辺には電波塔が10数基建てられており、そのひとつが下の写真です。この地方で最も高い山ですので、電波塔を立てる好適地なのでしょう。

電波塔が

  その下に、ダンドボロギクが群生していました。近縁種にベニバナボロギクがありますが、それは花がオレンジ色なので、すぐに区別できます。3裂する葉の形が独特ですね。ダンドというのは、三河山地にある段戸山で発見されたので付けられた名です。

ダンドボロギクがあった

  下の写真のように良く枝分かれした枝の先に、黄色っぽい花が無数につきます。上の方の一部が白くなっているのは、花が終わったあとの白い綿毛で、その中に種があって風で飛び散るのですね。

ダンドボロギクに花芽がいっぱい

  群落の一部は、下の写真のように綿毛がいっぱいついて、白く輝いていました。

綿毛のダンドボロギク

  森の中で、ツユムシを見つけました。緑色の色と姿がきれいですね。

ツユムシがきれい

  下って行ったらら、スカイラインの道路に出てしまいました。そこにウリハダカエデの木がたくさん生えていました。下の写真に観るように、たくさんの実が垂れ下がっていました。

ウリハダカエデに実が

  実をアップすると、下の写真のように、ブーメランのようなものがたくさん付き、その根元に丸い種が付いています。面白い形ですね。

ウリハダカエデの実は

  ウリハダというのは、幹の木肌が緑色の地に縦に黒い筋がついている木肌がウリに似ているところから付けられた名前です。カエデ類は緑色の木肌の木が多いように思います。ウリカエデもそうですね。

ウリハダカエデの木肌

  沿道には、ゴンズイがかなりの数があることが分かりました。これもめったに見られない植物だと思っていたのですが、ここでも数本は確認していますし、結構広く分布していることが分かりました。実はまだ緑ですが、そのうちに赤くなります。花序が赤いのが目立ちますね

ゴンズイに実が






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。