スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文珠山コース、ヒメシャラに実が!ブナにも無数の実が!シキミの実が面白い!クサギの花が美しい!

  塞の神城址と文珠山に行きました。森の中の道は、本当に涼しいのです。
  その入口で出会ったのが、下のヒメシャラの実です。ここで初夏に美しい白い花が咲いていたのです。こんな実が生るなんて思いもよりませんでした。感激でした。


ヒメシャラの実が1

ヒメシャラの実が2

  この道で、ツユムシを見ました。キリギリス科の昆虫ですね。長い触覚を伸ばし、緑色の体が美しいですね。

ツユムシがいた

  そのすぐ近くに、キンミズヒキが咲いていました。ミズヒキソウの近縁種です。雑草の中に生えていることが多いので、根元に生える葉までは見ることが少ないのです。はっきりとした鋸歯があるのを確認しました。。

キンミズヒキの葉も

  文珠山の山頂にあるブナの巨木に、たくさんの実が生っていました。月山の弥陀ヶ原の話をしましたが、今年はブナの実がとても多くなったようです。すごい数でした。ここでもすごい数です。数年に一度、ブナの実が豊作になることは聞いていたのですが、すごいことですね。これを餌にしているクマが里に出てこないと良いのですが、・・・・・。

ブナの実がいっぱい

  この文珠山は下の善福寺の本山なので、シキミが一杯生えていましたが、それに実が付いていました。実は葉の色と同じ緑色なので分かりにくいですが、柿の実のようでもあり、面白い形をしていますね。

シキミの実が1

  その近くに、アキノタムラソウが咲いていました。淡い紫色の花が美しいですね。

アキノタムラソウの花は

  ここはホソバシャクナゲの群生地です。春に花が咲いたときは、本当に美しかったのです。それに実が付き始めました(下の写真)。こんな実がつくなんて知りませんでした。

ホソバシャクナゲの実は

  文珠山から舗装道路を下ってきたところに、何本かのクサギが生えているのですが、そのクサギに花が咲きました。名前のとおり、葉を揉むととても臭い匂いを発するのでその名が付いたのですが、花はとてもきれいなのです。下の写真のように、・・・・。ピンク色のものがつぼみなのでしょうか、その前に出るのが白い花だと思います。雄しべのヒゲが面白く、そのコンビネーションが美しいのですね。

クサギの花がきれい1

クサギの花は2

  いつもこの近くで、生えている草本なのですが、下の写真の植物の種名が分かりません。ヤエムグラの仲間だということはわかるのですが、図鑑のどれにも該当しないのです。下の写真を見る限り、3枚の葉がセットになって互生に茎に付くのです。リズムを感じさせる姿ですね。ヤエムグラの属にはそのような種はどうしても見つからないのです。どなたか教えてください。

ヤエムグラの類






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。