スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひるがの湿原植物園 その4 ヤブカンゾウとノカンゾウ、マツムシソウ、コウホネの花がきれい!

  ひるがの湿原植物園の最終回です。
  下は、ヤブカンゾウの花です。一区画にたくさん咲いていてきれいでした。あとに述べるノカンゾウは花弁が一重なのですが、これは八重です。その他の特徴はほとんど同じです。色が鮮やかでとてもきれいです。


八重のヤブカンゾウ

  下は、ノカンゾウですが、ある一区画に群生していました。花びらが一重であることが分かりますね。

一重のノカンゾウ

  マツムシソウが丸い頭を見せてくれました。淡い紫色の花がきれいです。丸い頭と思っていたのですが、たくさんの花の集合した姿だったのですね。知りませんでした。比較的高い山に多いようです。面の木園地でも、志賀高原でも見たことがあります。

淡い紫のマツムシソウ

  ここにもミズギくが咲いていました。ボクは初めて作手の庄ノ沢湿地で見たのですが、その印象が忘れられません。一面の咲く黄色の花は、美しいです。ここでは、一区画に少し咲いているだけでした。

ミズギくがあった

  近くの水路の水の中に、コウホネが黄色い花をつけていました。水生植物ですね。黄色い花が鮮やかできれいでした。

コウホネの黄色い花

  下の写真の植物が見られたのですが、名前が分かりません。針のように細くて鋭く尖る葉が対生し、その上に花芽のようなものが付いています。いかにも咲いたら美しい花が咲くだろうと思わせる植物ですね。

この草は?

  下の写真の植物も、名前が分かりません。茎の先端についている黄色いものは、花なのでしょうか、つぼみなのでしょうか、それとも実なのでしょうか。見たこともありません。
この植物は?

  下の写真の植物は、分かりました。クサレダマです。湿地に生える黄色の花を付ける草本ですね。作手では、鴨ケ谷湿原に咲いていましたが、どこでもあるような種ではなく、貴重なものです。きれいですね。
クサレダマの黄色い花が

  ひるがの高原に行った日は、出発が10時過ぎでしたし、3時間もかかって行ったのですが、植物園で過ごした時間は1時間少々、別の湿原にも行きたかったのですが、時間がなくていけませんでした。往復の高速道路料金は6000円くらい、それにガソリン代も相当にかかっているのに、わずかな時間しかいられませんでした。お金と時間をかけた割には、なにかもったいない気がしました。
  でも、たくさんの種類の植物に出会って、また今までに見たこともない植物に出会って感激しました。この地方には、他にも自然の見所はたくさんあるようですので、今度来るときは一泊くらいしてこの地域をくまなく歩いてその自然を満喫したいと思いました。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。