スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひるがの湿原植物園、その2 サワギキョウ、キンコウカ、コオニユリが美しい!

  先回は、ひるがの湿原植物園の第1報でしたが、今回はその第2報です。
  下の写真の真ん中にある大きな葉の植物は、コバイケイソウで花が終わってしまい、実だけしかついていません。残念でした。背景に前回お話したスイレンのイケがあるのが分かるでしょうね。


コバイケイソウ花は終わって 

  下の写真のように、サワギキョウが咲いていました。紫色の花が鮮やかの色で、きれいでした。

サワギキョウ紫の花が

 湿原の中に一面に広がっていたのが下の写真の植物です。花が終わったところのようで、黄色い粒はおそらく実がなっているのでしょう。キンコウカです。湿原に咲く花です。でも、すごい数なのです。花が咲いていた頃を想像するとさぞかし美しかったと思います。

キンコウカ花は終わった

  キンコウカの花はなかなか見つからなかったのですが、ようやく一輪見つけたのが下の写真です。黄色い花がきれいです。

キンコウカ花は残っていた

  下は、ミカヅキグサです。小さな白い花です。たくさん咲いていましたが、花が小さいのでピントが合わせにくく、いまいち写真の写りが悪くて申し訳ありません。これも湿原の植物ですね。作手でも、二三箇所で生息を確認しています。

ミカヅキグサの白い花が

  ミズオトギリが群生しているところがありました。下の写真がそれです。オトギリソウの仲間で、この種は湿地にしか生息しません。

ミズオトギリが群生

  それをアップしたのが下の写真ですが、花は昼間は開き、夕方にはしぼみます。写真の花は、実なのか花なのか分かりません。対生で先端が丸い葉が特徴ですね。

ミズオトギリがいっぱい

  下は、ミタケスゲというスゲの仲間ですが、茎の先端付近に星のように付くのが穂です。湿地に生える植物ですね。たくさん見ることができました。

ミタケスゲの変わった姿

  下は、アブラガヤというカヤの仲間です。これも湿地の植物ですね。背が高くなり、ボクらの背丈くらいになります。

アブラガヤがいっぱい

  コオニユリが群生しているところがありました。下の写真のように、鮮やかなオレンジ色が、とてもよく目立ちます。

コオニユリ群生し

  アップしたのが下の写真ですが、つぼみも含めてきれいですね。

コオニユリは美しい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。