FC2ブログ

大鹿村に紅葉を見に行きました! 絶景!!

  秋は紅葉の季節です。とはいっても、この地方ではまだまだ紅葉はしていません。高い山ならば紅葉を楽しめるだろう、ということで、火曜日一日かけて、南信州の高い山々の紅葉を見るために、遠出しました。ここは、この春、Hさん夫妻と一緒に新緑を楽しんだところです。このFC2ブログを始めた頃にその記事を書きましたが、覚えておられるでしょうか。5月29日から7回に分けて記事を書きましたのでご覧下さい。圧倒的な絶景とその自然に心から感動したことを覚えています。

  松川ICで下りて小渋川沿いに大鹿村に入ったのですが、小渋川渓谷の斜面はまだ紅葉が最盛期ではなくて残念でした。小渋ダムの湖の両側の急斜面は、最盛期には斜面の紅葉が湖面に映って実に美しいそうです。大鹿村に入って、先ず行ったのは、「夕立神パノラマ公園」。下の写真は、そこに行く途中の道から見えた、大西山大崩壊の跡です。1960年頃に発生した集中豪雨で大災害となったところです。いまだにその傷跡が生々しく残っていて、まだ癒えていないのですね。

大西山大崩壊跡

 

  その北側の斜面は、最盛期とは癒えないまでも、大分紅葉していることが分かりますね。その山の上に月が出ていました。紅葉の山と抜けるような青空と白い月が、風情がありますね。今回は、三脚を使って写しました。ボクのカメラは手ぶれ防止機能が備わっていても、やはり手持ちで写すとどうしてもぶれて、大きく拡大するとがっかりします。今回は、細部までよく写っていて、いい写真が撮れました。

山に月

 

  途中、トチノキの大木の紅葉が見られました。紅葉というよりは「黄葉」ですね。実に美しいのです。ただただ、感動!

トチノキの紅葉

 

トチノキの紅葉2

  夕立神パノラマ公園から木曽山脈(中央アルプス)を写した写真が下です。青空の中に、常緑針葉樹のシラビソと山小屋と黄葉、さらに中央アルプスの遠景が美しいですね。その下は、シラビソと月を写しました。

夕立神パノラマ公園より

 

シラビソの木に月

  上がってみると、カエデが真っ赤に紅葉していました。まさに「紅葉」ですね。ここが標高1500mくらい。このくらいの高さになると、紅葉は最盛期なのでしょうか。山の斜面が全山紅葉、という感じです。 

ナナカマドとカエデ

 

山の紅葉

  下のカエデの紅葉は見事です。抜けるような青空に、真紅に染まったカエデはスゴイですね。

カエデの紅葉

  下は、展望台の上から見た中央アルプスの全景です。

木曽山脈の遠景

 

木曽山脈の景観

 

  望遠で、木曽駒付近を写したのが下の写真です。遠景は、やはりモヤガかかってしまい、鮮明には写りませんでした。

木曽駒アップ

  この後、しらびそ高原に行く予定でしたが、先の豪雨で通行止めになっていて、春まで通れないということです。南回りで行くことはできるのですが、時間がかかりすぎるので止めました。山ではしばしばこういうことが起こるのです。残念ですが、仕方がありませんね。

  この公園の紅葉を楽しんだ後、さらに奥のキャンプ場まで足を延ばしました。その記録は、次回にご紹介します。

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード