スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎の総合公園で、ハナズオウ、モッコク、タイザンボクに初めて出会った!

  先週の日曜日28日は、岡崎の総合公園を歩きました。車で走っている時に公園内にゴンズイがあるのを見たので、写真を撮りたかったからです。そこでいろいろな植物に出会いました。それらのいくつかを紹介します。
  下は、ネジバナですが、とても良く捻れているので写した写真です。きれいですね。


良く捻れたネジバナ

  花が咲き始めたマルバハギヤマトシジミが止まっていましたので、写しました。きれいですね。

マルバハギにヤマトシジミ

  公園ですので、樹木の一部にネームプレートが付けられています。ボクが全く知らなかった樹木がありました。下のハナズオウというマメ科の樹木です。早速図鑑を調べたところ、4月に葉の展開前に紅紫色の花が全ての枝に束生すると言います。図鑑の写真を見てもとてもきれいです。一度、花を見てみたいです。下の写真では、さやに入った実が垂れ下がっていました。

ハナズオウに実が

  その近くに、トベラに似た葉をもつ低い木がありました。これも図鑑で調べたところ、モッコクと分かりました。説明にも、トベラに似ていると記載されていました。トベラは葉の先端が完全に丸い特徴があり、モッコクはやや尖っています。6~7月ころに白い花が咲き、10~11月に真っ赤に見が熟すそうです。ボクは初めて見る樹木です。そのライフスタイルを見てみたいです。。

モッコクは初めて

  岡崎では、ニワウルシが各地に見られます。そのニワウルシの実はサヤになってその中に種が入っています。そのサヤが赤っぽい色をしているので、遠くからでもニワウルシと分かります。下は、サヤがついてから大分時間が立っているので、茶色に変色しています。

ニワウルシの茶色のサヤ

  もうクサギに花が咲き始めていました。もう少し日が経つと、もっときれいな花になるのです。それを早く見たいです。

クサギに花が

  目的のゴンズイのところに来ました。この日は高校野球の試合があり、たくさんの車が道を走っていて、対岸のゴンズイに近づくことが出来ませんでした。でも望遠で写真を撮ったのが下です。赤い実がたくさん付いているのが分かりますね。

道の向こうのゴンズイ

  反対側の山の奥にもゴンズイが赤い実を付けていました。下の写真がそれです。

奥の方にゴンズイが

  それをアップで写したのが下の写真です。赤い実がたくさんついていますが、まだ実が裂けて中の黒い種が見えません。その黒い種が見えると、とてもきれいなのですが、その時期が待たれます。

赤くなったゴンズイの実

  下も、僕は初めて同定できた樹木です。タイザンボクです。北アメリカ原産の常緑高木です。面白い実がついていました。6月ころにホオノキの花に似た白い大きな花を付け、楕円形の実がついて秋には熟すそうです。また、葉が裏側に反る特徴があります。公園などの樹木として見たことがありますね。

タイザンボクに実が

  高校野球で西三河のこの総合公園の野球場が会場のひとつです。、開会前でしたので、たくさんの人が見に集まっていました。地元の高校を応援する人々でしょう。

野球場に人






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。