スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワラナデシコ、ノコギリソウ、ヌマトラノオ、チダケサシがきれい!昆虫ではセスジツユムシ、ミスジチョウがきれい!

   面の木園地の続きです。
  面の木園地のビジターセンターの近くには、下の写真に見るカワラナデシコがたくさん咲いているのです。真っ赤な花もあれば、真っ白の花もあります。赤い花の方が多いのですが、今回は白しかありませんでした。でも、きれいです。

白いカワラナデシコが

  下は、セスジツユムシではないかと思います。ツユムシの背に茶色い筋があるので、背筋という名が付いたのでしょう。きれいな昆虫ですね。

セスジツユムシだろう

  さて、面の木園地はお目当ての花があまりありませんでしたので、ちょっと足を伸ばして茶臼山高原に行ってみました。茶臼山高原道路を使って10分くらいで行けます。友達は初めて来たので、その景色に感動していました。ちょうど、リフトが動いていましたので、萩太郎山に行きました。曇りだったので景色はあまり見えませんでしたが、近くの山々の景色を楽しみました。ここでも、花はあまり咲いておらず、リフトの上からノリウツギの白い花を写しました。

ノリウツギの白い花が

  リフトを降りたところに、ノコギリソウがたくさん咲いていました。下の写真のように、ノコギリのようなギザギザの葉を持ち、真っ白のセリのような花を咲かせていました。

ノコギリソウの白い花

  次の日は、庄ノ沢湿地に行きました。ハッチョウトンボや湿地の花が咲いていないかを見たかったからです。残念なことにハッチョウトンボ見見えませんでしたし、湿地の花もほとんど見られませんでした。ただ、ヌマトラノオの白い花がたくさん咲いていました。下の写真のように、群生していました。その一つをアップしたのが、下の写真です。ヌマトラノオは、オカトラノオのように頭がなびくことはなく、ほぼ直立しています。

庄ノ沢のヌマトラノオ

ヌマトラノオの白い花が

  チダケサシが群生していました。ヌマトラノオもチダケサシも、湿地にしか生息しません。きれいですね。

チダケサシが群生し

  オニスゲも湿地にしか生えない植物ですが、群生しているところがありました。

おにすげの実が

  今年のこの時期は、あまり花に出会わないのです。植物にとって異常な年なのでしょうか。面の木園地でも庄ノ沢湿地でも、いつ行っても何かきれいな花に出会ったのですが、今年は少ないです。何か理由があるのでしょうね。
  さて、帰りの道で、ミスジチョウに出会いました。黒地に白い3本の帯がきれいですね。


ミスジチョウがきれい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。