スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヌザンショウ、サワオトギリに花が!ノカンゾウの花がきれい!面の木園地でバイカツツジ、トチノミが!

     甘泉寺の奥の林道を歩いていた時、イヌザンショウの花が咲いているのを見ました。下の写真のように、羽状複葉の小さな小葉の上に黄色っぽい花がついています。それがきれいです。

イヌザンショウに花が1

イヌザンショウに花が2

  道端に下の写真のマツカゼソウが生えていました。丸い葉の模様がきれいですね。

松風層の

  下の写真の植物はなかなか名前がわからなかったのですが、対生の葉が丸い形をしていることから、オトギリソウの仲間ではないかと調べたところ、これまでに知っていたサワオトギリと分かりました。オトギリソウともミズオトギリとも違って、葉が完全に丸い形なのです。その姿が可愛いですね。

サワオトギリは始めて

  帰り道に白鳥神社の前を通ったら、サカキの木がたくさん植えられていました。常緑の低木ですね。神社ですので、神事に使うのでしょう。昔、植物の葉のことを教えてもらった時、サカキには托葉があると教えてもらいました。下の写真は、その托葉を写したものです。葉の付け根に尖ったものが見えますね。それが托葉です。托葉とは葉の付け根に生える小さな葉のことで、この托葉以外にいろいろの形があります。

サカキの托葉は

  帰り道を車で農道を通っている時、あぜにたくさんのオレンジ色の花が咲いていました。初めはヤブカンゾウかなと思って見たのですが、違っていました。同じ仲間のノカンゾウでした。ヤブカンゾウは八重の花弁なのですが、これは一重の花弁で、色は全く同じです。鮮やかのオレンジ色がどぎついくらいですが、きれいです。

ノカンゾウの花が群生

ノカンゾウの紅い花

   先週の木曜日は、友達が来てくれたので、久しぶりに面ノ木園地に行ってきました。面ノ木湿地にいろいろの花が咲いているだろうと想像して行ったのですが、残念ながら花はあまり咲いていませんでした。それでもいくつかの植物の花を見ましたので、ご紹介します。
  下は、イワガラミの花です。ツル植物でツルアジサイに非常によく似ていますが、装飾花が一枚しかないのです(ツルアジサイは4枚)。アカマツの木に這い上ってたくさんの花を付けていました。 


イワガラミが巻きついて

  面白い形をした小さな白い花がありました。下の写真です。図鑑で調べたところ、バイカツツジと分かりました。ツツジの仲間なのですが、花がウメに似ているので付けられた名前のようです。花弁が外側に反り返っていて雄しべ雌しべが飛び出しているなんて、花の形が面白いですね。

バイカツツジが咲いていた

  下は、トチノキの実です。トチノキは束生する5枚の大きな葉が下に垂れているのが特徴ですが、その枝先に茶色のピンポン球くらいの大きさの実が付きます。この実を使った煎餅(トチノミ煎餅)とか知られていますが、食べられるのですね。

トチノキに茶色の実が

  これまでムラサキシキブの花を紹介してきましたが、大部分がつぼみの段階でした。ここで見た花はとくにきれいです。ピンクの花の上に黄色いものが覆っています。それは雄しべなのでしょうね。それがきれいです。

ムラサキシキブの花がきれい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。