スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイケイソウは美しい!久しぶりに田之尻湿原へ、ノハナショウブ満開、カキラン、カワサツキを見た!

    Hさんから「うちの湿地にバイケイソウが咲きました、見に来ませんか」とお誘いを受けたので、早速行ってみました。一輪だけですが立派な花が咲いていました。下の方に大きな葉(根生葉)がでて、そこからまっすぐ上に1.2mほどの茎が出て、それに白い花がつくのです。下の写真のように、その花は全体が緑色っぽいトーンで花弁だけが白いのです。それが実に美しいのです。湿地にしか咲かない種ですね。同じ属にコバイケイソウやミカワバイケイソウなどがありますが、これは花が膨らんでいなくて清楚な感じです。

バイケイソウがきれい

バイケイソウが咲いた

  Hさんの庭には、下の写真のようなホオズキが植えられており、実が生っていました。実はまだ赤くなっていませんが、赤くなったらきれいでしょうね。葉の下に小さな白い花を見ました。こんな花をつけるなんて、知りませんでした。

ホオズキが実をつけて

ホオズキの花が

  久しぶりに神越渓谷の上流にある、田之尻湿原に行ってみました。去年その渓谷で見たトサミズキの花を見たかったからです。田之尻湿原では、ノハナショウブがたくさん咲いていました。かなり高密度に咲いているのに驚かされました。これも湿地にしか咲かない花です。各地に菖蒲園があってたくさんの種類の改良されたショウブの花が見られますが、それらはみなこれから交配して作られたものです。つまり花ショウブの原種がこれということです。

田之尻湿原のノハナショウブ

ノハナショウブの紫の花

  道端にウツボグサが群生していました。どこにもある雑草なのですが、きれいな花です。

ウツボグサが群生

ウツボグサの花は美しい

  湿原の中に遠くでしたが黄色い花が咲いていました。望遠レンズで拡大して写してみて、それがカキランであることが分かりました。もっと近寄って拡大して写したかったのですが、これが限度でした。これも湿地にしか生えない草本で、貴重のものです。

遠くにカキランが

  その足で、神越川の渓谷に下っていきましたが、そこにミズキにとてもよく似た花が咲いていました。ボクの常識では、ミズキは5月に花が咲くものと思っていましたので、ミズキではないと思って、図鑑を探したところ、クマノミズキと分かりました。花期がミズキよりもひと月ほど遅れるそうで、ほかの特徴はミズキと同じだそうです。花期が多少違うだけで、別の種なのですね。驚きました。ボクは初めて見る種です。

クマノミズキではないか

  神越川渓谷は、足助の香嵐渓と並んで、この地方の美しい渓谷で、マスの掴み取りや渓流の娯楽施設があるところです。美しい渓流の一部を写したのが下の写真です。

神越川の渓流

  渓流を見ていたら、川岸に赤い花が咲いていました。カワサツキです。渓流の川岸にしか生えない植物で、しかもこの地方にしか生息しない種なのです。現在たくさんの種類のサツキが植えられていますが、これがその原種ということです。貴重な植物なのですね。

カワサツキがきれい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。