スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネジバナ、コマツナギ、ネムノキの花が美しい! ヤマモモに真っ赤な実が! エゴノネコアシがあった!

  自然の美しさを記録するこのブログにふさわしくないと思い、政治の話はほとんどしてこなかったのですが、一言つぶやきます。参議院選挙が始まりました。ボクは国会議員の投票で意中の人が当選した試しがないのです。投票前は、いつも行く気がしないのですが、死に票であることが分かっていても、それも意思表示の一つと思って投票に行きます。おそらく今回も同じでしょう。
 でも、アベノミクスで多少景気回復したとしても、それでどうしてそんなに期待されるのでしょうか。その副作用がたくさん現れているのに、・・・と思います。それよりももっと怖いのは、96
条の三分の二の改憲を許すことです。権力の暴走の歯止めがなくなることを意味するからです。それに加えて、景気回復と引換に原発推進がまかり通りそうです。言いたいことは山ほどある選挙ですが、また憂鬱な季節となりました。

  さて、岡崎の自然体験の森で出会った植物たちの続きです。

  下は、リョウブの花序です。その形と色がきれいなのですね。そのうちに、真っ白の花が咲きます。その前の細長い花序がきれいなのです。

リョウブに花序が出た

  草むらにネジバナがきれいに咲いていました。ネジバナは、この季節の草原にたくさん咲いているのですが、下の写真のように見事に捻れて咲いているのは珍しいです。

ネジバナがよく巻いている

  どういうわけか、この森ではアカメガシワの雌花が多いのです。雄花はどこでも見れるのですが、雌花はなかなか見れません。どうしてこの森はこんなにお花が多いのでしょうか。全く分かりません。

アカメガシワの雌花は

  コマツナギがピンクの花をつけていました。この花は、下から上へと花が咲いていきます。下の写真は、まだ咲いたばかりなのでしょう。

コマツナギの花がきれい

  今、岡崎付近ではネムノキの花が真っ盛りです。きれいな花で、ボクは大好きな花です。下の写真には、花とともにアゲハチョウが止まっているのが見えます。アゲハの種類までは分かりません。アゲハか、キアゲハでしょう。

ネムノキの花にチョウが

  森の中ですから、いろいろのキノコが生えています。これからがキノコの季節ですね。下の写真のキノコはものすごく大きいのです。直径が30cmくらいあるでしょう。おそらく、イグチ科のキノコだろうと思いますが、アカヤマドリのようにも見えるのですが、種名は分かりません。

大きなキノコが

  帰る頃、管理棟の近くで下の写真の植物を見ました。ヤマモモの赤い実でした。ヤマモモの実が生っているのを見たのは初めてです。すごくきれいな赤い実が成るのですね。熟した実は美味しいと聞いているのですが、まだ食べたことはありません。

ヤマモモの真っ赤な実

  下は、コバノガマズミだろうと思います。実が付いていました。ガマズミの仲間は、その違いがわかりにくく判定が難しいです。

コバノガマズミに実が

  同じく管理棟の前の、ゴンズイの木に実が付き始めた樹木を見ました。意外と身近なところにゴンズイが生えていることに驚きました。

ゴンズイに実が

  エゴノキは、今は無数のの丸い実が垂れ下がっています。下は、それを写した写真ですが、その中にエゴノネコアシがあることに気づきましたでしょうか。エゴノネコアシは、アブラムシの類がエゴノキに寄生して、独特の形のコブを作るのです。

エゴノキの実とネコアシ

  エゴノネコアシの部分をアップしたのが、下の写真です。去年初めてそういう存在があることを発見して驚きました。エゴノキにしかつきません。その中には、アブラムシの仲間が入っているそうですが、ボクはまだ見たことはありません。猫の足のような形をするので、そのような名前が付いたのでしょうね。

エゴノネコアシがあった






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。