スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメシャラの木に花が! スイレンがきれい!テングチョウに初めて出会いました、感激!

  数日前、塞の神城址への山歩きをしました。登り始めの場所にヒメシャラの木が何本か確認しているのですが、その木に花が咲きました。下は、ヒメシャラの木の幹を写したものですが、写真のように木肌が明るい茶色、あるいはオレンジ色と言って良いかもしれません。サルスベリのようでもあり、リョウブの木肌とも似ていますが、色は違います。その色がとてもきれいなのです。

ヒメシャラの木肌が

  花は、下の写真のようです。花は、小さくて白く目立ちませんが、葉と枝の下につき、下を向いて咲きます。

ヒメシャラの花は

  塞の神城址への道は、ほとんどが人工林の中なので、見るべき植物などありませんでした。その帰り道、国道を走っていたら、真っ白い花をたくさんつけた大きな樹がありました。近くに車を止めて見たのが下の写真です。

沿道に白い花が1

  近寄って見たのが下の写真ですが、常緑で光沢のある細長い葉をもち、中から円錐花序が出てたくさんの白い花を付けています。残念ながら、なんという名の樹木なのか、分かりません。分からないというのは、なんとも心もとないものですね。他の樹木にはよく庭に植えられる種と思われる木もありましたので、かつては住宅の植木だったのかもしれません。とすると、栽培種である可能性もあります。

沿道に白い花が2

  その花に、ホソバセセリというチョウが蜜を吸いに来てとまりました。きれいです。こんなにたくさんのの小さな花の集合なのですね。

沿道に白い花が3

  これも数日前、岡崎の自然体験の森に行ったときでした。目の前にきれいなチョウが舞ってきまして、道端に止まったのです。ボクはこれまでに見たことがないチョウです。アカタテハというチョウかとも思ったのですが、ちょっと羽の模様が違います。図鑑で調べたところ、テングチョウと分かりました。鼻の先が長く伸びるものがあるので、天狗という名がついたとのこと。その色と模様の美しさに圧倒されるほどきれいでした。始めての出会いはうれしいですね。

テングチョウに出会えて感激

  田んぼを改良した池には、スイレンの花が一輪だけきれいに咲いていました。スイレンは、花の色がピンクと思っていたのですが、これは黄色でした。とてもきれいで、思わず歓声を上げました。

黄色のスイレンの花

  そのすぐ隣に、バイカモの花が咲いていました。このスイレンの池でははじめて見ます。和名は梅花藻といいますので、花は梅の花のようです。色は黄色ですが。藻と言うように、この写真の背後の池の中に藻のような緑色の水草が写っていますが、それが藻です。清流にしか生息しない珍しい種と言われます。岡崎では、南の方の自然観察の森で見たことを前に報告したことがありますね。このように書いたのですが、よく調べてみると間違いであることが分かりました。バイカモは花が白です。でも該当する植物が図鑑にはありません。さらに検討を加えなければなりません。

バイカモの花が

  その同じ池に、下の写真のようなオタマジャクシがたくさん泳いでいました。それも、とても大きいのです。すでに足が生えていますので、カエルの姿になるのは間もないことでしょう。大きさから判断して、ウシガエルのオタマジャクシだと思います。これも外来種で、日本中の池に繁殖し、他の水中の生き物を駆逐しているようです。大きな体をして、大きな声でグーグーと鳴くあの鳴き声の主です。

ウシガエルのオタマジャクシ
  
   さて、植物ですが、ヒメコウゾが赤い実を付けていました。葉や枝の下に付きますが、真っ赤なのでよく目立ちます。真っ赤に熟すと甘くて美味しいのです。熟すころになると、ヒヨドリが集まってきてにぎやかになります。わが家の庭にも生えていますので、よく分かるのです。

ヒメコウゾに紅い実が

  この続きは、次回にしましょう。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。