スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クチナシの花が! ツバキの実は! アカメガシワの雄花と雌花が!

   先回は岡崎藤川の愛知産業大学の池への散歩道の植物たちをご紹介しましたが、その続きを書きます。下は、しばしば公園などでおめ目にかかるハナツクバネウツギを写したものです。5枚の萼片が赤くて、花とともによく目立ちます。沿道にたくさん植えられていました。

ハナツクバネウツギがキャンパスに

ハナツクバネウツギがキャンパスに2

  もうネジバナが咲いているのにびっくりしました。この季節では初めて見ました。それも、下の写真のそれはとても良くよじれているのです。きれいですね。

もうネジバナが

  キャンパスの山の斜面に、下の写真のような低木を見ました。白っぽい小さな花がたくさん付いています。見たこともない種です。これも、名前が分かりません。

見たこともない樹木1

見たこともない樹木2

  その近くに、下の写真のクチナシが白い花をつけていました。とおくて香りまではかげませんでしたが、甘いいい香りがします。6枚の真っ白の花弁の形が面白いですね。

クチナシの白い花1

クチナシの白い花2

  下の写真のように、ツバキに実がなっていました。種から椿油を採るのですね。

ツバキの実が

  池の前の広い空き地に一面に小さな黄色い花が咲いていました。見たことがありません。これも種名は分かりません。どなたか教えてください。

小さな黄色い花1

小さな黄色い花2

  アカメガシワがたくさん生えていて黄色っぽい花を付けていました。これは、雌雄異種で、下は雄花です。その下の写真が雌花です。雄花は細長く花序が出て花を付けますが、雌花は太くてずんぐりしています。ボクが知る限り、雌花はなかなか見つかりません。どこかにあるのでしょうが、偶然見ていないのかもしれません。

アカメガシワの細長い雄花

アカメガシワの太い雌花






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。