スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキノシタ群生! アカタテハ(タテハチョウの仲間)の美しさに感動!

  長ノ山湿原の帰り道、農家の側溝の近くにユキノシタが群生していましたその美しさに思わず足を止めました。白いハの字型の花が、雪をちらしたようできれいだったのです。アップして写すと、美しい花であることが分かりますね。

道端にユキノシタ群生

ユキノシタの花は美しい

  長ノ山湿原の奥の池の方にも足を伸ばしました。沿道に、下の写真のようなシラゲガヤが白い穂を出していました。イネ科の草本です。今、各地に白い穂をなびかせていますね。

シラゲガヤに白い穂が

  シキミを栽培していると思われる場所があるのですが、そこでは下の写真のようにシキミに実が付いていました。こんな実がつくなんて知りませんでした。

シキミに実が付いた

  下は、ご存知のとおりヘビイチゴです。群生すると緑の中に真っ赤な実が散点して、とてもきれいなのです。

ヘビイチゴが群生し

  奥の池につきました。水生植物であるヒルムシロが池の全面にわたって覆い尽くしているのが、下の写真で分かりますね。2週間ほど前に来た時は池の面積の三分の一くらい占めていただけでした。すごい繁殖力ですね。しかし、もう花の時期は過ぎていました。

池はヒルムシロでいっぱい

  ところが、不思議なことに気づきました。下の写真のように、池の岸近くにはヒルムシロが生えていないのです。何故なのでしょうか。理由がわかりません。

岸近くにはヒルムシロはない

  さらに奥の一番大きないけには、岸辺に生えていて池上に枝を広げているイロハモミジの枝に、モリアオガエルの卵塊が一つ付いていました。もうモリアオガエルが卵を産む季節になったのですね。一つだけなのかと思って探していたら、真ん中の池に二つの卵塊を見つけました。モリアオガエルは絶滅危惧種なのですね。貴重ですので大事に育てたいものです。

モリアオガエルの卵塊一つ

  この散歩での最大の収穫は、アカタテハを見たことです。農家の道沿いの花壇にピンク色の花が咲いていて、その蜜を求めてこのチョウが止まっていたのです。あまりのチョウの羽の美しさに感動しました。ピンクの花の中に止まっているので、余計に美しさを引き立てているのでしょう。自然の造形美にただただ感激です。

花壇にヒメアカタテハが

花壇にヒメアカタテハが






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。