スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モミジイチゴが熟れて美味しくなり、ジャムを作りました! 玄関前のウノハナにイチモンジチョウが!

    庄ノ沢湿地の奥の林道の続きです。
  山の斜面に、下の写真のようなササユリのつぼみがありました。もうじきササユリが咲く季節に入ったのですね。


ササユリのつぼみが

   ここにもイタチハギが生えていました。猛烈な繁殖力で他の植物を圧倒してしまうので、各地で問題視されています。作手でも、ボクが知る限り数箇所でこれを確認しています。これ以上広がらないようにと祈るばかりです。

ここにもイタチハギが

  下は、熟したモミジイチゴの実を写した写真です。美味しそうですね。つまんで食べてみましたが、美味しかったです。

モミジイチゴが熟した

  それが下の写真のように、木の枝枝にいっぱいついているのです。この場所ではありませんが、愛郷林道の入口付近にモミジイチゴが群生しているところがあって、連れ合いと一緒に採取に行きました。それは、このモミジイチゴでイチゴジャムを作るためです。大量の実を採ってきてジャムを作りました。早速パンにつけて食べてみたのですが、美味しいのです。自然の恵みですね。

モミジイチゴが熟した2

  シロモジは作手では特に個体数が多い落葉低木ですが、この季節になると、枝先の葉が紅葉するのです。それがきれいなので、下の写真を写しました。

シロモジの枝先の葉が紅葉

  下は、ムシカリ(別名オオカメノキ)に実がついているところを写した写真です。丸い大きな葉が特徴ですね。春には白い花が咲いてきれいだったのです。

ムシカリに実が

  キリの幼樹が1本、道端に生えていました。下の写真です。こんなに大きな葉を持つ樹木は少ないこと、葉の形からキリであることが分かります。葉柄が長いのですね。春には紫色の花が咲くのですが、それがきれいです。この幼樹も、あと何年かしたら花を咲かせるのでしょう。
キリの幼樹が

キリの大きは葉

  以下は、6月12日(水)に写した写真です。わが家の玄関前にウツギの花(ウノハナ)が満開なのですが、その花の蜜を求めて昆虫がたくさん寄ってきます。その中の一つが、イチモンジチョウです。わが家の周辺にひらひらと飛んできますが、とてもきれいです。

ウノハナにイチモンジチョウ

  裏山のボタノキの花が咲いて大分経ちます。忘れないうちにと思って、写したのが下の写真です。すべての枝先に白い花が付きます。

裏山のイボタノキに花

  下は、ヤブムラサキに花が咲いたところを写した写真です。葉の下に赤紫色の小さな花をつけるのです。ムラサキシキブは葉の上につきます。地味ですが、美しいですね。

ヤブムラサキに花が

  隣りの畑に、ガガイモの葉が成長してきました。花はまだですが、面白い形の葉ですね。

ガガイモの葉が







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。