スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロヒカゲモドキが居間のガラス戸に! サラサウツギの花がきれい!

  わが家の居間のガラス戸を開けていたら、下の写真のようなチョウが舞い込み、ガラス戸に止まったのです。早速カメラを取り出して写したのが下の写真です。クロヒカゲモドキという名のチョウです。生き物の姿は、どれを見ても美しいですね。ジャノメが素敵です。

クロヒカゲモドキがガラス戸に

    さて、6月8日(土)に久しぶりに足裏マッサージをやってもらうために、岡崎市藤川の蕎麦 屋はるみののSさんのところに行きました。まだ左足親指の痛みが完全に取れたわけではありませんが、そこを除いてマッサージしてもらえば体の調子も戻るの ではないかと考えたわけです。このところチェンソーで丸太を切る作業を続けたので、体中が筋肉痛で体が硬くなって困っていたからです。Sさんのマッサージは悲鳴が出るほど痛いのですが、やってもらった後は不思議と気持ちが良いのです。
  その前に、周辺の山綱 川沿いの散歩道を歩きました。川のある風景は、いろいろの鳥たちが集まってきますので面白いのです。その時も、カワウが川の魚を漁っていました。真っ黒い体ですので可愛さはないのですが、やはり生き物は美しいです。


山綱川にカワウが

  そこにカルガモのつがいがやってきました。くちばしの先が黄色で根元は濃いブルー、足はオレンジ色と、色とりどりです。美しい姿ですね。

山綱川にカルガモが二羽

  アオサギもいたのですが、かなり遠くの方にいたのですが、こちらがカメラを狙うとすぐに飛び去ってしまうのです。敏感な動物は、カメラなどの円筒状のもので狙われると、打たれると思い込んで逃げるのだそうです。そういう場合は、鳴き声のような音を出すと仲間が来たと思って逃げないのだそうです。そういうことを、Sさんが教えてくれました。本当かなあ、と思うので、実際に試してみようと思います。下は、飛び去ったアオサギを追いかけて写したものです。

アオサギが飛び去った

  土手に生えていた植物の中で、下の写真の常緑樹が目につきました。葉が束生するような感じで、その真ん中につぼみのような丸いものがついています。昔、伊豆半島に旅した時に出会った植物を思い出して図鑑を調べたところ、トベラと分かりました。これから花が咲き、実は黄色で、秋に熟すと三つに割れ、中から真っ赤な種がこぼれるようになるとのことです。この地方ではあまり見かけない植物ですね。。

トベラにつぼみが

   驚いたのは、下の写真の植物です。ピンク色の花がとてもきれいなのです。見る限り、つぼみはピンク色、咲くと白になるようです。花の形がウツギに似ているので、図鑑でウツギ属を調べたら、サラサウツギであることが分かりました。その美しさに感動しました。ボクはこれは初めて同定できた種です。

サラサウツギの花がきれい

  下の写真の植物は、名前がどうしても分からないのです。細長い葉の常緑樹で、たくさんの実が生っています。どなたか教えてください。。

この樹木は?

  下の写真の植物は、ニワウルシだろうと思います。ウルシの仲間で、高木になります。この木も高さが10m以上にもなる立派な樹木でした。羽状複葉の葉で、たくさんの実がついています。葉の形から判断しました。。

ニワウルシに花序が






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。