スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマグワに実が! 初めてヒメウツギを見ました! コガクアジサイも初めて!

  6月5日(水)は、守義林道を歩きました。林道の入口付近は、いろいろの種類の植物が季節ごとに咲くので、行くのが楽しみなところです。入り口付近で、イボタノキの花芽を見ました。すべての枝の先端に花芽が付いていますので、木全体が白っぽく見えます。開花はまだのようです。真っ白い花が咲きます.。丸い感じの葉が特徴です。秋が深まると紫黒色に熟します。

イボタノキの花芽がついた

  下は、スイカズラを写したものですが、ピンク色のつぼみが見えました。つぼみがピンク色をしていることは知りませんでしたので、珍しかったのです。

スイカズラにピンクのつぼみ

  ヤマグワの木がたくさん生えていることに気づきました。それにみな赤い実をつけていたのです。ヤマグワは、多くは三裂する葉が特徴ですが、それを見ると異常な感じがしますね。普通は、葉は丸いかハート型あるいは細長いタイプが多いのですが、これはまるっきり違います。でも、実に美しい葉の形だと思います。自然の造形は素晴らしいですね。デザインの宝庫ではないかと思います。

ヤマグワに実がついて

ヤマグワの葉が面白い

  枝の下に実がついています。下の写真のように、まだ白いものもありますが、大部分は赤っぽいですね。この実も、秋には黒く熟します。そうすると食べられるのだそうです。とても美味しいそうですが、ボクはまだ食べたことはありません。場所を覚えましたので、実が黒くなった頃を見計らってもう一度来て食べてみたいと思います。

ヤマグワに実がいっぱい

  ボクはここで初めてヒメウツギというウツギの仲間に出会いました。花がウツギよりも大きく、下を向かないで横を向きます。葉もウツギよりは大きいのが特徴です。新しく種を同定できて嬉しいです。

ヒメウツギは初めて

ヒメウツギの花は

  下の写真の植物は、ボクにはどうしても種類が分かりません。ウリカエデの葉に似ているのですが、葉の上に小さな黄色っぽい花が付いています。

この植物は分からない

  道端にカサスゲが群生しているところがありました。独特の姿ですね。

カサスゲがいっぱい

  下の植物も初めて見ます。ヒノキに這い上がっているように見えたので、初めはツルアジサイかなあと思ったのですが、葉の形が細長く先端が突出しているので明らかに違います。装飾花が真っ白の三枚セットになっていることから、コガクウツギと判断しました。花が咲いたらきれいでしょうね。

コガクウツギだろう

  ここにもマツカゼソウが丸い葉を見せていました。夏には小さな白い花をつけます。

マツカゼソウがここにも

  この続きは、次回にしましょう。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。