スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロモジ・・キブシ・ヤマグワに実が! ムラサキシキブ、ヤブムラサキに花芽が!

     守義林道の続きです。
  下は、ヤブムラサキに花芽が付いているところを写しました。ヤブムラサキは、ムラサキシキブの近縁種で、花が葉の下につき、ムラサキシキブは上につきます。下の写真でそれが分かるでしょうか。葉の形はほとんど同じですが、葉の表面に蜜に毛が生えていて、
触るとふわふわとした感じになります。


ヤブムラサキに花芽が

  下は、クロモジに実が付いたところを写しました。束生したような葉の上に数本の実が上に向かって付くのが面白いですね。秋には実が真っ黒になります。

クロモジに実がついて

  下は、モミジガサの葉を写したものです。葉の形がモミジの葉を大きくしたようです。夏に白い花が咲くのです。葉柄が長く、まるでモミジの傘のように見えるところから付けられた名前だそうです。

モミジガサの葉が面白い

  珍しい植物を見ました。下は、おそらくヤマグワの実だろうと思います。ヤマグワは、その葉が三裂する奇妙な形の葉が大部分なのですが、この写真の葉は大部分が正常な卵型です。しかし、実は、ヤマグワのそれと同じです。夏に黒く熟すと食べられるといいます。それが、とても美味しいそうです。場所を覚えたので、実が付いたら食べたいと思っています。

ウアマグワの実では

  下は、ヒメコウゾに実がついてところを下から見上げたものです。実には毛がついていて、可愛いですね。

ヒメコウゾに実がつき

  フタリシズカがたくさんの花をつけているところを写しました。図鑑を見て気がついたのですが、フタリシズカは二本の白い花、ヒトリシズカは花が一本だと思っていたのです。それは間違いで、ヒトリシズカは一本の花に横にたくさんの花弁がつくのです。ボクはまだ実物を見たことがありません。ぜひ見たいです。

フタリシズカにたくさんの花が

  先ほど説明したヤブムラサキは花が葉の下につくのに対して、下の写真のムラサキシキブは、花が上につくのです。その花芽がついているところを写しました。秋には、紫色の小さな実が付くのです。それがとても美しいのです。葉の先端が長く伸びていますね。それも特徴です。

ムラサキシキブに花芽

  少々遠くのヒノキの木に、ツルアジサイが巻きついていました。アジサイの仲間では、ツル植物はこれだけです。それに花序が出ています。もうじき白い花が咲きます。

ツルアジサイに花序が

  キブシの実がたくさんついた樹木がありました。キブシの実は、秋には黄褐色に熟します。まだ見たことがないので、ぜひ見たいと思います。

キブシに実が垂れ下がった

  下は、ミヤマシキミの実を写しました。葉の形と実の形が美しいですね。秋には、真っ赤な実になります。それがきれいなのですね。

ミヤマシキミの実が緑
 
  この季節は、花が終わって実がつく季節なのですね。実がなった話ばかりになりました。でも、実がつくとその植物に親しみが湧きますね。秋ばかりでなく、この季節の実もまた美しいです。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。