スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに矢作川の川原を散歩しました! 珍しい花に出会いました!

  岡崎の健康の森、太陽の丘コースの散歩の続きです。
  下の植物の写真は見にくいですが、イネ科のコウボウではないかと思います。花だけをアップしたのが下の写真です。乾燥するとよい香りがするので、和名で香茅というのだそうです。しばしば見かける雑草ですが、初めて名前を特定できました。

コウボウでは1

コウボウでは2

  この散歩道では、しばしば大きなヤマモモの木に出会います。それに花序がついていました。大きな葉が束生するようについているのが特徴ですね。秋には真っ赤並みが葉の根元につきます。

ヤマモモに花序が

  リョウブに白い花序がついていました。真っ白の花がもうじき咲くでしょう。

リョウブの白い花序

   さて、日曜日の早朝、久しぶりに矢作川の川原を散歩しました。下の写真は、堤防の上から日名橋を見た景色です。かなり大きな中洲があって、それが植物に覆われていました。

矢作川日名橋

  最初に出会ったのが、下の写真のきれいな花でした。しかし、こんな花は見たこともありません。赤い色と白とが見事に調和していますね。可憐で美しい花です。感動します。しかし、名前はわかりません。園芸種かもしれません。

赤い小さな花が1

赤い小さな花が2

  ここの河川敷には、下の写真のヘラオオバコが群生していました。ものすごい数です。その姿が面白いですね。オオバコの仲間とは思えないような姿ですが、オオバコなのです。茎の先に淡い茶色の穂が立つのですが、下から順番に花が咲いていきます。白い花の上の緑色の部分にこれから花が咲いていくのです。

ヘラオオバコの姿は

ヘラオオバコの姿は2

  こんな花にも出会いました。赤と黄色のとても派手な色の花で、驚かされますね。これも名前はわかりません。園芸種かもしれません。

こんな花は?


  この続きは、次回に回します。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。