スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モミジイチゴに黄色い実が! ネジキの白い花が美しい!

   31日の土曜日は、久しぶりに愛郷林道を歩いて見ました。そろそろ、モミジイチゴに実が付く頃かなあ、と思ったからです。やはり実が付いていました。そこは、モミジイチゴの木が群生していて、たくさん採れるのです。去年、連れ合いと二人でその実を大量に摘み取り、ジャムを作ったことがありました。とても美味しかったのです。今年もジャムを作りたいと思っているのですが、モミジイチゴはまだ少ししか実がなっていません。もう一週間ほどしたら最盛期になるかなあ、と思っています。

モミジイチゴに黄色い実が

  道端に、奇妙な格好をしたスゲ類がありました。下の写真の植物です。図鑑で確認したところ、カサスゲと分かりました。面白い姿ですね。上のほうに伸びる穂が雄花ですが、うっかり雄花を入れすに撮ってしまいました。雌花がその下の三つの穂です。茎や葉を蓑や笠を作るのに使ったのでその名が付いたそうです。

カサスゲがあった

  ここにもヤブウツギが咲いていました。ほぼ花は終わりかけているのですが、ひときわ色鮮やかに花を写真に収めました。

ここにもヤブウツギが

  この沿道には、下の写真のカナクギノキがたくさん生えているのです。あまり見かけない低木ですので、写真に収めました。細長い葉で、先端もとがり、根元は鋭い楔形です。そして互生なのですが、先端に葉が集まっていて束生のように見えます。葉の形がきれいですね。

カナクギノキの葉は

  ここにもサルナシがありました。葉柄が赤くてきれいです。実が美味しいそうで、実がなるのを楽しみにしています。

サルナシの葉柄が赤い

  ヤマウルシが大きな房状の黄色い花序を出していました(下の写真)。葉の根元から下に垂れるように出るのですね。羽状複葉の葉とともに、印象的です。

ヤマウルシの花序が

   日曜日の早朝、岡崎の健康の森の「太陽の丘」コースを歩きました。かなりアップダウンのある丘陵で、足指の怪我から歩けるかどうか心配でしたが、なんとか歩けました。かなり疲れましたが、・・・・。
  そこで感動したのが、下の写真のネジキの花を見たことです。沿道にたくさん生えていて、皆花をつけていたのです。そにうちもっともたくさん花をつけた木と花の写真をとりました。ネジキの花は枝の下に釣鐘型の白い花をつけます。しかも、びっしりと垂れ下がるのです。すの美しさに感動させられます。


ネジキの花が1

ネジキの花2

  森の中を歩いていたら、ソヨゴの木に小さな白い花を見つけました(下の写真)。常緑の低木で、どこにも見られる樹木ですが、こんなに小さな白い花をつけるなんて、知りませんでした。葉が波打っているのが特徴です。秋には、小さな真っ赤な実をつけますね。

ソヨゴに小さな花が

  下の写真の植物がよく分からないのです。実際に写したときの写真が、図鑑の写真にはない姿であることが多いのです。そういう場合は葉の形ばかりでなく、実の付き方などから推定するのですが、これはナツハゼではないかと推定しました。確かではありません。、

ナツハゼではないか





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。