スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hさんの雑木林でウマノスズクサ、タチシオデ、クリンソウがきれい! さらにカザグルマが!

  Hさんの雑木林を訪ねました。珍しい花が咲いたとの情報を得たからです。下は、ウマノスズクサという草本です。Hさんが教えてくれました。ほんとに珍しい植物です。ツル性の草本ですが、なんという姿の花でしょうか。ジイソブとかバアソブのような花の形ですが、それとも違います。なんとも不思議な姿ですね。

ウマノスズクサは初めて

  もうひとつHさんに教えていただいたのは、タチシオデです。ツル性の草本で、下の写真のような変わった姿の植物です。長細い葉と放射状に花序が出来てそれに花がつくのです。こんな植物は見たことがありません。

タチシオデに花が

  湿地の方には、クリンソウが咲いていました。真っ赤な花が本当に美しいのです。ボクハは、クリンソウが湿地の植物だとは思っていませんでしたが、後日城山公園の湿地にも咲いていたので、湿地植物と確認した次第です。美しい花ですね。

クリンソウがここにも

  数日前にこのブログで、Hさんの雑木林にシライトソウが咲いたことをお話しましたが、そのときは暑くて花が傾いていたのですが、この日はほぼ直立していました。これが本来の姿ですね。美しいです。Hさんには、いつも珍しい、めったに見れない植物の情報を下さり、写真を撮影させていただいて、感謝しています。


立ったシライトソウ

  それから長ノ山湿原に行ってみました。この前はそれほど広がっていなかったカキツバタがはるかに広く広がっていました。とてもきれいです。

広がったカキツバタ

  道路の近くに咲いていた一株のカキツバタを写したのが、下の写真です。美しいですね。

カキツバタの一輪

   また、開成地区のカザグルマを再び見たいとそこを訪れました。その場所のすぐそばに大きなウワミズザクラが咲いていたのですが、その木にもう実がついていました。花が終わったらすぐに実がつくのには驚きました。花の形と同じように実がつくのですね。

ウワミズザクラの実が

  数日前にも同じ場所のカザグルマをご紹介しましたが、そのときよりははるかに多くの数の花が咲いていて、きれいでした。湿地に咲くツル性の草本ですが、まとまって咲いている姿は本当に美しいものですね。めったに見られない植物なのです。

広がったカザグルマ

カザグルマ数輪

  開いたばかりの若い花は、とくに美しいと思います。下の写真がそれです。

若いカザグルマが

  そこから20mくらい離れた下の方の森の片隅に、同じようにカザグルマいっぱい咲いている場所を見つけました。下の写真です。少なくとも20以上の花の数です。それがまとまって咲いている光景は、感動的です。そこはやはり、山から地下水が湧き出しているとことでした。

別の場所にカザグルマが






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。