スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄ノ沢湿地の生き物たち、ハルリンドウの咲き始め、きれいです!ズミの花も!

   5月15日、久しぶりに庄ノ沢湿地に行きました。湿地の草花が咲いているかもしれないと思っていたからです。やはり、咲いていました。ハルリンドウです。下の写真で、かなりたくさんの花が咲いているのが分かりますね。紫色がその目印です。

庄ノ沢湿地のハルリンドウ群生

  その一部をアップしたのが、下の写真です。ラッパ状に開いた薄紫色の花弁が美しいですね。何度見ても、その清楚な姿に感動します。

ハルリンドウの花が美しい

  そういえば、ここに咲くフジは色がとても鮮やかだったことを思い出しました。木道を渡る正面に大きなフジがかかっているのですが、やはり感動します。

色鮮やかなフジの花

  すぐ近くにズミの木があり、それに花が咲いていました。つぼみがピンクで、開くと白い花がとてもきれいです。まだつぼみの方が多いので、全面的な開花はまだのようです。巴山コースでズミの花を見たのは大分前です。同じズミでも、こんなに開花時期が違うのは個体差でしょうか?

づみの花が1

ズミの花が2

  湿地の大ミズゴケのなかに、トノサマガエルのかなり大きなやつがすっぽりとはまっていました。眠っているのでしょうか。

ミズゴケにトノサマガエルが

  フユノハナワラビが葉を展開していました。このシダ植物はかなりの大きさになるのですね。

フユノハナワラビに葉が展開

  ちょっとびっくりさせるような写真で申し訳ありません。シマヘビが小さな木の枝に登って昼寝でもしているのでしょう。ヘビは木に登ると言いますが、ボクは何度も見ています。蛇を嫌いな方が多いようですが、正直に言ってボクもあまり好きではありません。しかし、写真に撮ってみるととても美しい模様をしているのです。ボクはそれが好きです。

シマヘビが樹上で昼寝





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。