スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コナラの雄花、ハハコグサ、オニノゲシ、ツボスミレ、カザグルマのつぼみ、ナラメリンゴフシを紹介!

  いつもの散歩道(開成地区へ)の続きです。
  今の季節は、コナラが芽吹き、同時に花をつけています。下が、その雄花が垂れ下がっている様子です。どこにもありふれた樹木なのですが、その花にまで目を向ける人はほとんどいませんね。

コナラの雄花が垂れて

 道端にハハコグサが群生している場所がありました。黄色い花がきれいなのです。独特の姿ですね。

ハハコグサ群生して

ハハコグサ花がきれい
 
  オニノゲシがグロテスクに成長していました。下の写真では、葉の奇怪さは分かりませんね。茎は太くていくつにも葉が裂け、先端が鋭く尖っていて触ると痛いほどです。まだ花が咲いていませんが、つぼみをアップしてみました。黄色い花がもうじき咲くでしょう。

オニノゲシが茂って

オニノゲシの頭花が

  ようやくヤブデマリの 花が咲き始めました。この季節になると、各地に白い花が咲きとてもきれいなのです。下の写真のように花が付きますが、白いのは装飾花といって本物の花では ないのです。アジサイも装飾花が周りにつきますが、それと同じです。真ん中のつぶつぬが花のつぼみです。同じように白い花が咲きますので、全体に真っ白の 大輪の花に見えるのですね。

ヤブデマリの装飾花とつぼみ

  下の写真の植物は、種が分かりません。茎が太くて黒茶色をし、黄色い小さな花を枝先に付けます。特徴的な姿をしていますので、図鑑をゆっくりと調べているうちに分かるだろうと思っていますが、教えていただければ幸いです。

この花は?なに

  今、ヤマツツジがとてもきれいです。咲きはじめといったところでしょうか。ことに下の写真のヤマツツジは色鮮やかでしたので撮りました。

ヤマツツジが美しいね

  下は、湿った側溝の近くに群生していたツボスミレの花です。ボクは、別名ニョイスミレの方が馴染みです。図鑑によれば、正式名称はツボスミレだそうです。湿地にしばしば群生しますので覚えていたのです。
ツボスミレがいっぱい

  開成地区の散歩道を選んだのは、そろそろカザグルマが咲く頃ではないかと思ったからです。でも、残念なことにまだ花は咲いていませんでした。そのつぼみをたくさん見つけましたが、その一つをアップしました。三角錐のような形をしていて、毛が密に覆っています。でもつぼみがこんなに膨らんでいますので、開花は間近です。白い大輪の花をつけますが、開花が待ち遠しいですね。

カザグルマのつぼみは

  下は、コナラの木の幹から飛び出した枝先にビー玉ほどの丸い玉が出ていたのです。ネットをしてべているうちに、ナラメリンゴフシという名の寄生虫がつくったものなのだそうです。宿の主はタマバチだそうですが、ボクは全く知りません。図鑑では、玉の一部が赤くなっているので、リンゴの名が付いたのだろうと思います。メリンゴ、つまり小さなリンゴのようなフシというわけでしょう。これまでもしばしば見てはいたのですが、なかなか正体がわからなかったので、嬉しいです。ヌルデにつくヌルデノフシムシ、エゴノキにつくエゴノネコアシのような寄生虫だったのですね。コナラにもこんな寄生虫がつくなんて知りませんでした。

ナラメリンゴフシがあった



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。