スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本宮山を歩く! 外科医が見下ろせる景色抜群! 電波塔群が!

  数日前になりますが、本宮山スカイラインから入って本宮山に登りました。下から登るのは大変ですので、山頂近くの駐車場から登ったのです。スカイラインの途中に広く下界を見渡せる場所があって、そこから下界を眺めました。あいにく靄のようなものがかかって遠くまでは見通せませんでしたが、下の写真では三河湾がかすかに見えます。

本宮山スカイラインからの風景1

  下は、豊橋方面を見たものですが、やはりあまり良く見えませんね。

豊橋方面を

  三河湾がよく見えるのが下の写真です。手前の山は蒲郡の背後の山でしょうか。

三河湾方面を望む

  その場所に、大きなクロモジがたくさんの花をつけていて満開でした。ボクはクロモジというのは落葉低木だと思っていたのですが、下の写真のように幹の太さが直径30cmにも達する巨木だったのです。高さも10m以上はあると思います。こんな大きな木に成長するなんて驚きでした。花は同じなのに、若い小さなクロモジの木肌とは全く違いますね。

クロモジの巨木が

  山頂の駐車場から見える本宮山周辺の電波塔群です。周辺の山々から見ると、この電波塔群がよく目立つので、そこに本宮山があることがひと目で分かります。

駐車場から電波塔群が

  山頂に向かう最後の急坂がしんどかったですが、そこを登りきると本宮山の山頂ですが、そのすぐそばにも下のような大きな電波塔がありました。なぜこんなにたくさんの電波塔が林立するのでしょうか。ボクの考えでは、本宮山はこの地方で一番高い山で、しかも豊橋市、豊川市、新城市など人口周密な地域に隣接して聳える山であり、この地域に電波を届ける重要な地点だからだと思います。

本宮山山頂の電波塔

  降りてゆく道に、花が終わったヤマザクラがありましたが、その萼の部分が赤い花のようできれいでしたので、下の写真を写しました。自然の造形は素晴らしいですね。

ヤマザクラの花が終わったあと

  下の写真の植物があったのですが、種名は分からないのです。初めはヤマザクラだとばかり思っていたのですが、葉の葉柄が長く、幹の木肌もヤマザクラとは全く違います。わからない植物が多いのです。どなたか教えてください。

ヤマザクラではない

ヤマザクラではない2

ヤマザクラではない3






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。