スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老川沿いの散歩道、コバノガマズミ、スノキ、ヤブデマリの花が!カナメモチの新芽がきれい!

   海老川沿いの散歩道の続きです。
  下は、コバノガマズミではないかと思います。きれいです。


コバノガマズミが咲いて

  下は、ハナミズキでしょうか。ハナミズキといえば、街路樹として植えられることが多いので、雑木林に花が咲いていると奇異に感じますね。本当は植えられたものかもしれません。ピンクのものは花弁のように見えますが、総苞片で花は真ん中の緑色の部分なのだそうです。

ハナミズキではないか

  スノキに花が咲いているのが見えました。花の時期が限られるのか、なかなか見ることができません。小さくて釣鐘型の花がきれいです。

スノキではないか

  こちらでは、もうヤブデマリに花が咲いていました。作手ではこれからです。白いのは装飾花で、花は真ん中の部分の粒状のものです。

ヤブデマリですね

  道端にフユノハナワラビがたくさん生えていました。珍しいシダ植物ですね。

フユノハナワラビが出ていた

  民家の植え込みに真っ赤な新芽が美しい植物に出会いました。ボクはこれまで、この木をアカメガシと思い込んでいましたが、カナメモチという常緑樹であることを知りました。昔、造園業者からアカメガシと教えてもらったので、ずっとそう思い込んでいました。しかし、図鑑を調べてもその名が出てこないのです。偶然図鑑を見ていたら、カナメモチであることが分かったのです。思い込みはいけませんね。ネットで確認したところ、生垣などに植えられているのはベニカナメモチとしう種で、別名レッドロビン。おそらく下の写真はそれだと思います。散房花序が出てこれから白い花が咲くところなのでしょう。真っ赤な新芽が美しいですね。葉柄まで赤いのです。

カナメモチだろう

  前に紹介した仏坂峠にゆく山道で初めて出会った、カンスゲがここにもありました。二度目に出会ったところです、やはり珍しい植物に出会うのは嬉しいですね。

カンスゲが生えて

  丸い葉で丸い鋸歯があるカキドオシがたくさん咲いていました。葉の形が独特なのでわかりやすいですね。。

カキドウオシが咲いて

  下の写真のように、サルトリイバラに実が付いていました。まだ緑色です。夏になると真っ赤な実になり、とてもきれいなのですね。

サルトリイバラに実が

  下は、イガアザミと思っているのですが、確かではありません。もうアザミの季節を迎えたなんて早いと思いますね。

アザミが咲いていた






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。