スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イロハモミジの赤い花、ハナノキの葉と実、シャガ、フッキソウ コバノガマズミの白い花!

  一昨日の散歩は、鬼久保広場の湿原です。何か、湿原の植物は咲いていないか見たかったからです。湿原の入口の駐車場に咲いていたイロハモミジの花が、下の写真のように赤くてきれいでした。湿地の花はまだでした。でも、ミズバショウはありましたが、大きな葉が出ているだけで花は見ることができませんでした。

イロハモミジの花が

  この公園の野球場にふじ棚があるのですが、ここのフジは白い花なのです。白いフジの花は珍しいですね。

白いフジの花

  ホオジロが美しいさえずりを聞かせてくれました。比較的近くで写真を撮ることができました。

枝にホオジロが

  この公園にはフウの木がたくさん植えられているのですが、その新芽は下の写真のように赤いのです。とてもきれいです。秋の紅葉のシーズンもとてもきれいになりますね。。

フウの新芽は

  さて、土曜日は岡崎に行きましたが、総合公園の南にある健康の森を散歩しました。健康の森はアップダウンが結構あって、体力が持つか心配でしたが、めまいも起こさずに大丈夫でした。自信がつきました。ところで、恩賜池の駐車場に車を置いて出かけましたが、そこを選んだのは、その土手にハナノキが何本か植えられていて、季節ごとに美しい姿を見せてくれるからです。芽吹きの頃のハナノキを見たかったからです。しかし、もうすでに芽吹きは終わっていて、若葉がたくさん出ていました。下の写真のように、カエデ族の植物の葉は特徴がありますね。

ハナノキの葉は

  今はもう、実をつけている段階でした。下の写真のピンク色をしたものがハナノキの実です。その色合いがとても美しいですね。ブーメランのようにハの字型でピンク色に染まっています。これもカエデ族の特徴ですね。

ハナノキの実がきれい

  暗い森の中の道端に、シャガがたくさん咲いていました。その内の一つをアップして写しました。優美の美しい花ですね。

シャガの花は美しい

  また、フッキソウもたくさん生えていました。常緑の草本で、葉の形が独特ですね。一昨年ここで初めて花が咲く時期に見て、感動したことを覚えています。これから花が咲くようで、つぼみが見えています。

フッキソウがあった

  下は、モチツツジの花です。コバノミツバツツジと色が同じなので見分けにくいですが、モチツツジは萼の部分を触るとネバネバとくっつきますので区別ができます。ですから餅ツツジというのですね。

モチツツジの花は

  下は、コバノガマズミの花が咲いたところを写しました。真っ白の花がきれいです。花から突出しているのは雄しべだそうです。それがたくさん出るのがこの花の特徴だそうです。うっかり花をアップで写すのを忘れました。アップで写したら、もっときれいに見えたかもしれません。葉もガマズミよりも小さいので、コバノというのですね。

コバノガマズミの白い花

  この続きは次回に回しましょう。驚きの発見がありましたので、お楽しみに!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。