スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴山コースの散歩道で、ズミの花が満開、そしてクロモジも!

    先週の木曜日は、巴山ー古戦場跡のコースを散歩しました。降圧剤の薬を半減してめまいが起こることがほとんどなくなったので、山歩きがしたいと思い、軽度の山歩きコースを選んだわけです。もうひとつの目的は、去年見事に咲いていたズミの開花を見たいと思ったからです。
  まさに、ズミが咲いていました。真っ白の花は見事でした。ズミはほとんど見かけることが少ない樹種で、作手で見たのは三箇所しかありません。リンゴ属の樹木なのですね。どうりでリンゴの花に似ていると思いました。でも、リンゴの花はピンク色が混じっていますね。これはただ真っ白です。このコースで見たズミのほかに、もう一箇所孤立して咲いていたズミを発見しました。下の写真がそれです。


ズミ真っ白の花が

  両方の花の特徴がよく表れている写真を下に載せました。葉と一緒に花が咲きますので、白っぽい花のヤマザクラと見間違えますね。

ズミの花が

  花をアップで写したのが、下の写真です。白い花弁がドンブリのように真ん中の赤い雄しべを包み込んでいます。花の柄が長いですね。。

ズミの花アップ

  下は、そのつぼみを写したものです。まん丸のつぼみが可愛らしいです。秋にはビー玉くらいの大きさの黄色の実がなります。そのてんもリンゴとは違いますね。

ズミの花のつぼみ

  もう一つ感激したのは、クロモジの花に出会ったことです。どういうわけか、この巴山コースにはクロモジがたくさん生えているのです。作手でも他の地域ではほとんど見かけません。クロモジの花は、今いたるところに咲いているシロモジにとてもよく似ていて、なかなか区別がしにくいです。同じ黄色でたくさんの小さな花の集合体です。でも、クロモジの方が花が大きいですね。

クロモジ満開で

  少しずつアップすると下の写真のようになります。葉と花が同時に展開することはシロモジと同じですが、葉の形が違います。

クロモジ黄色の花が

  小さな花の集合体であることが、下の写真を見るとよくわかりますね。

クロモジの花をアップ

  去年ここで見て感激したゴンズイの新芽がきれいだったので写しました。赤っぽい色とその形が美しいですね。

ゴンズイの新芽が

  この巴山コースは、標高700mくらいの尾根道で、ところどころにヤマザクラが咲いていてきれいでした。山桜は作手では花はほぼ終わりかけていますが、ここは標高が高いので、今が最盛期といったとことでしょうか。道端に生えていたヤマザクラが美しいので写したのが下の写真です。「輝いている」と表現したほうがぴったりきますね。。

ヤマザクラの輝きは

  赤っぽい葉のヤマザクラの花を写しました(下の写真)。なんという美しさでしょうか。

ヤマザクラの花が美しい





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。