スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎自然体験の森で! クヌギの雄花、ハンノキの雄花、ヤマモモの新芽がきれいでした!

   日曜日は、早朝に岡崎自然体験の森に散歩に出かけました。春の岡崎地方の森を見たかったからです。
  最初に出会ったのが、ヤマモモの新芽でした。下の写真のように、赤い花のようなものが新芽の根元にあって、その上に緑の新芽が出ています。とてもきれいですね。ヤマモモは葉柄が赤くてきれいですね。


ヤマモモの新芽がきれい

  森にはヤマザクラがたくさん咲いているのですが、今はどんどん花びらがちっています。下の写真は、緑の葉のヤマザクラで白い花がきれいでした。赤い葉のヤマザクラが多いのですが、これは珍しいです。

ヤマザクラ緑の葉

  道端にシャガがたくさん咲いていました。林内に群生することが多い、常緑の多年草です。とてもきれいな花ですね。花弁に紫色の斑点があるのが素敵ですね。この花は、朝開いて夕方にはしぼむ性質があるそうです。

シャガーの花は

  上を見上げると、クヌギの雄花が細長く垂れていました。10cmにもなるといいます。新芽と一緒の雄花が咲きますので、とてもきれいです。

クヌギの雄花が垂れ下がって

  また、道端にトキワハゼがたくさん群生していました。雑草ではありますが、これもきれいな花ですね。

トキワハゼがきれい

  今、山はコバノミツバツツジがいたるところに咲いています。ピンク色の花がよく目立ちます。この地方のツツジ類は、コバノミツバツツジが最初に咲き、つぎにモチツツジ、最後にヤマツツジが咲くという順番だと聞いているのですが、ヤマツツジが咲いているところもあるのです。

ミツバツツジがきれいで

  昔の田んぼを利用して湿地を作っているのですが、そこに真っ黒になるくらいオタマジャクシが孵っていました(下の写真)。おそらくアマガエルのオタマジャクシだろうと思いますが、その数の多さに圧倒されますね。

なんと全部オタマジャクシ

  その湿地にたくさんのハンノキが生えていて森を作っています。そのハンノキに雄花が咲いていました(下の写真)。黄色い穂を出しています。これもきれいです。ハンノキは、水っぽいところに好んで生息するのが特徴で、湿地でも根が腐らないのですね。

ハンノキの雄花が

  そこに飛んできたのは、ルリタテハでした。羽にブルーの帯があって、とてもきれいです。下の写真のルリタテハは羽が破れていて痛々しいですね。生まれたてのチョウではなくて、越冬したチョウではないかと思います。

道にルリタテハが

  下は、リョウブの新芽を写したものです。枝先に数枚に葉が集中して出るので、全体の形が独特で、すぐにリョウブと分かります。

リョウブの新芽は

  この続きは、次回に回しましょう。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。