スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭のコウバイ、ミズナラ、アカシデ、オニグルミ、カラマツの冬芽は?

  ボクらの散歩は、平地を歩くことから丘陵地のアップダウンを楽しむ歩き方の変わりつつあります。近隣の山歩きも始めました。作手はもともと丘陵地で高い山はありません。丘陵地でも良いのですが、そういう場所で道が整備されているところはわずかしかないのです。ボクらが住んでいる部落で、丘陵地の散歩道を探しているのですが、なかなか見つかりません。昨日の散歩の時に、一度山歩きをしてみたいと思っている山の写真を写しました(下の写真)。
  この部落の一番高い山です。正月に息子や孫と一緒に、半田の野外活動センターに散歩したのですが、面白そうなフィールドアスレチックがたくさん作られており、子どもを遊ばせるにはとても良い場所です。写真はその背後の山です。少し歩いては見たのですが、道が整備されていないのであきらめて帰ってきました。しかし、ほとんどがスギやヒノキの人工林なので、それを植えたときや間伐したときの山道があるはずです。杉は今は花粉の胞子をたくさんつけて茶色っぽくなっています。杉の植林地があるのですから、その道は村の人に聞いてみれば分かるかもしれませんね。いつか探して、散歩してみたいと思っています。


村の一番高い山

  下は、この部落で一番太い杉の巨木を写しました。周りの杉は赤茶けていて、花粉を出す胞子がいっぱいついているのですね。

村のスギ巨木

  さて、家に帰ってみたら、庭の梅の木の冬芽がとてもきれいでした。開花は大体3月はじめですが、開花が待たれますね。

紅梅の冬芽が

  地境に植えたサザンカが、たくさんつぼみをつけていました。

生垣のサザンカが

  ムクゲに、枯れて残った実がたくさん付いていました。花の萼が残っているのですね。

ムクゲの残った実

  下は、ミズナラの冬芽を写しました、あまり写りはよくありませんが。

ミズナラの冬芽は

 前から気になっていたのですが、そのミズナラの根元に白い粉のようなものが貯まっているのです。カミキリムシのような昆虫に幹を食べられて、その粉が落ちているのではないかと心配しているのです。でも、それらしき穴が幹に見つからないものですから、殺虫剤を注入することもできないのです。もう少し様子を見ないといけませんね。、

ミズナラの根元に白い粉

  冬芽といえば、アカシデもきれいなのです。下の写真がそれです。写真はアップして写していますが、実際は冬芽の長さは1cmにも満たない大きさです。

アカシデの冬芽はきれい

  オニグルミの冬芽は大きですよ。枝先が太いですので、長さは3cmくらいあります。タラノキににて、形がグロテスクですね。

オニグルミの冬芽は

  カラマツの冬芽はとても小さいのです。そして、枝にたくさんつきます。春の開花の時期にはそれに小さな花がつき、きいれいなのですね。

カラマツの冬芽は

  真冬のナンテン(下の写真)は、赤い実がつくのと同時に葉が紅葉し、とてもきれいなのです。

ナンテンの赤い実は






スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

掘りエモンww

1T6v46qo
掘り出し物のキャワワな女の子wwww
みーっけwww
http://4469v55z.hori-emon.info/4469v55z/
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。