スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻神社でノウサギに出会った! 石灰岩地植物群落なんて! 初めてヤマアイを見ました!

  石巻山の山登りで感動したのは、ノウサギに出会ったことです。めったにお目にかからない小動物ですね。去年、面の木園地で撮影したのが初めてです。もちろんこのブログに書きましたが、覚えておられるでしょうか。真冬だからでしょうか、ふっくらとした毛皮をまとい、とても可愛らしいのです。

ノウサギに出会った

  石巻山自然科学資料館で、石灰岩地植物群落のことを知りました。石巻山の突出した山頂部分は石灰岩で出来ていますが、石灰岩は石灰分を多く含む特殊な岩石で、それを母材にした土壌はアルカリ性ですので、それを好む植物が生育するのだそうです。下のパネルの説明のように、ほとんど見たことも聞いたこともない植物の名が挙がっています。今度、石巻山に登ろうと思っていますが、それらの植物を確認してみたいです。

石灰岩地植物群

   下りの沿道ので見た植物たちをご紹介しますね。下は、アメリカイヌホウズキだと思います。大分前に長命湿地で見たのですが、忘れかけていた、始めは分からなかったです。そのうちに思い出して、図鑑を調べたところ、まず間違いないと思います。今頃、白い花が咲くのですね。ワルナスビの花のようです。

アメリカイヌホウズキが生えて

  下は、今回資料館の説明で初めて知ったのですが、ヤマアイという植物です。藍染という言葉をご存知と思いますが、その藍で染色に使われた植物の一つだそうです。葉の形が独特ですね。先端が尖り、細かな鋸歯があり、支脈がまるいのが特徴ですね。今ごろ、冬に花が咲くのです。これまでボクは見たこともありませんでした。覚えておきましょう。

ヤマアイが群生し

ヤマアイをはじめて見た

   下は、クロガネモチです。赤い実をたくさんつけていました。神社近くの沿道ですので、植えられたものだと思います。よく街路樹や公園に植えられる常緑の低木ですね。鈴なりに赤い実をつけるのがきれいです。

クロガネモチに赤い実が

クロガネモチの葉と赤い実

  カラスウリの実が、ヒノキの枝から垂れ下がっていました。どこにもあるようですが、作手ではこれまでほとんど見たことがありません。オレンジ色の楕円形の実がきれいですね。

カラスウリの赤い実が

  下は、クサギの実を写しました。5枚の花弁のように見える赤いものは萼で、黒い実を抱くように付けます。その赤と黒の色合いが美しいですね。クサギの花は、季節とともに変化するのが面白いですね。

クサギの古びた実

  野生のビワが花をつけていました。真冬の季節の今頃、花をつけるなんて知りませんでした。

ビワに花が

  続きは次回に回します。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。