スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅沼川沿いのイロハモミジの紅葉が最盛期です! 善福寺の黄葉も見事です!

  しばらくブログはお留守にしていましたが、姪の結婚式や孫の七五三のお祝いで上京していました。家族のお祝いごとで皆が集まるのは楽しいものですね。

  さて、わが家からいつも見ている景色ですが、田んぼの向こうの菅沼川沿いの土手に植えられたイロハモミジが、紅葉の真っ盛りになりました。その景色をお見せします。


川沿いのイロハモミジ1
川沿いのイロハモミジ2

  やはり、モミジは樹木全体の色合いも美しいのですが、個々の葉の形が分かる映像も美しいですね。

川沿いのイロハモミジ4
  川沿いのイロハモモジ3    

  東京から帰ってきてから、最初の散歩は善福寺から文珠山のコースを選びました。しばらく行っていないことと、山頂のモミジやブナの紅葉を見たいと思ったからです。
  善福寺のすぐ隣にあるイロハモミジが見事でした(下の写真)。こんなに立派なモミジがあるなんて、今まで気が付きませんでした。


善福寺とモミジ

  その近くにあるイチョウも巨木は、上の方だけ黄色い葉が残っていて、下の方は大部分散ってしまっていました。こんな風景もあまり見ませんね。

善福寺のイチョウウ

  お寺の入口付近に、下の写真のようなリンドウが美しい花を咲かせていました。

善福寺のリンドウ

  境内の石畳を上ると本堂があるのですが、沿道の杉の巨木と石畳が美しいです。

善福寺の参道石畳

  20分ほど上ると文珠山の頂上ですが、そこにはイロハモミジの巨木とブナの巨木が出迎えてくれました。どちらの紅葉も、黄葉も見事でした。

山頂のモミジとブナ

  市の記念物となっているブナの巨木は、いつ見ても素晴らしいです。樹齢300年というその威容に、圧倒されてしまいます。それが黄色く紅葉しているさまは、見事というほかありません。

モミの黄葉    





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。