スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コシアブラ、コアジサイ、イロハモミジの黄葉・紅葉が美しい!

  12日は、巴川沿いの開成地区を散歩しました。このところずっと秋の風情を楽しんでいるのですが、まだまだたくさんご紹介したい自然があります。
  下は、黄色いイロハモモジの黄葉です。モミジといえば真っ赤な葉になる紅葉を連想しますが、黄色い黄葉もあるのですね。それもまた、きれいです。


イロハモミジの黄葉は

  沿道で見たコシアブラの黄葉が、下の写真です。新芽をつまんで食べると最高においしいと言われる山菜が有名ですが、秋の黄葉は淡い黄色なのですね。これもまた、きれいです。

コシアブラの黄葉は

  下は、コアジサイの黄葉です。こんなに鮮やかな黄色に色づくことを忘れていました。

コアジサイの黄葉は

  ところで、下の写真のような小鳥を見ました。かろうじてシルエットになった小鳥の姿を捉えましたが、名前は分かりません。見にくいですが、ヒヨドリのようにも見えますが、腹が白地に黒の斑点があるのでヒヨドリではありません。結局分からないのです。

この小鳥は?

  下は、カケスを写した写真のつもりなのですが、飛んでいる時の瞬間を写したので、きちんと姿が映っていません。カケスはしばしば出会うのですが、警戒心が強くて近くに止まってくれませんし、飛ぶのが早いのでうまく写せないのです。動きの速い動物は、三脚を構えてよほど待機していないと写真撮影は難しいのですね。

カケスを捉えた

  今、雑木の山は紅葉・黄葉でとてもきれいです。下の写真は、巴川の対岸の山が日の光を受けてとてもきれいだったので、写しました。

巴川対岸の山

  下は、ツルウメモドキを写した写真ですが、去年ある農場のサクラの大木に絡みついていたものです。今年はどうなったか知りたくて出向きました。黄色い実がたわわに生っていましたが、まだ黄色い実が大部分で、赤い種がほとんど見えませんでした。もう少し時が経たないと赤い種が見えないのですね。

ツルウメモドキの実がいっぱい

  日の光が当たって、見事に紅葉したイロハモミジに出会いました。グラデーションが、なんとも言えずに美しいですね。

色のグレイディング

  ヤマウルシの紅葉はきれいなのですが、単独の葉を写したことはありませんでした。下がそれです。13枚の奇数羽状複葉で、先端ほど小葉が大きくなっています。小葉には葉の先端半分位に明瞭な鋸歯があるのです。面白い形をしていますね。

紅葉したヤマウルシの葉

  下は、ネジキの紅葉を写しました。赤い葉と黄色い葉が混じっていますね。下に向かって葉が垂れ下がっているのも面白いです。

ネジキの紅葉が

  その枝先の部分を見ると、赤い冬芽が出来ています。アップで写せませんでしたが、もう少し時が経つと冬芽が真っ赤で、とてもきれいになるのです。

ネジキの紅葉と冬芽

   3,4日、上京して家族や親族に会ってきますので、その間、ブログをかけません。お許し下さい。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。