スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キツネを見ました! オカタツナミソウがきれい!ヤマボウシの鮮やかな紅葉!

  11月4日の日曜日、岡崎の県営グランドを散歩しましたが、その時、キツネを見たのです。雑木林の中の遠くでしたのでいまいちピントが悪かったのですが、下の写真がそのキツネです。ネコのように見えますが、確かにキツネなのです。どうしてキツネと判断したのかですが、しっぽが長くて先が白いこと、何よりも走り方がネコとは全く違うのです。ジャンプ力がすごくて、飛び上がったと思うとフワーっと着地します。着地がスムーズなのです。スムーズに流れるような走りだったのです。キツネの画像をネットで見ると、色は淡い茶色、白、黒だったりいろいろですが、上の特徴は変わりません。もう6,7年前に、わが家の裏山で見かけてことがありますが、それ以来の出会いです。野生のキツネを見るなんて、めったにないことで、感激しました。

キツネに出会った1

キツネに出会った2

   さて、わが庭のプランターに、野外で採ってきた植物の種を蒔いてあるのですが、なかなか本物の植物の芽が出てきません。そこに雑草が生えてくるので刈っていたのですが、一つのプランターに小さなきれいな花が咲いていたのです。あまりの美しさに、写真に収めました。下の写真がそれです。きれいでしょ!! 見たことがないので図鑑で調べたところ、オカタツナミソウではないかと思います。 ピンクの花の姿が美しいですね。と書いたのですが、ホトケノザの間違いでした。訂正します(11/21)。

オカタツナミソウでは

  下の写真は、県営グランドで見たヌルデの冬芽です。来年の新緑の芽吹きのために、冬のうちに準備するのですね。その形が面白いのです。

ヌルデの冬芽が

   同じ場所で見た植物なのですが、下の写真の植物は名前も分かりません。赤っぽいものは、花なのでしょうか。

赤い花?

  下は、上と同じ植物なのですが、姿はかなり変わります。葉は対生で小さく、全縁です。葉の形と花の形から種がわかるかもしれません。まだ探し当てていません。

赤い花?2

  下は、日曜日に岡崎の家の近くで写したタラノキです。今の季節は、葉が黄葉し、実をつけています。大きな放散状の花序に白い花が咲くのですが、花序がピンク色でとてもきれいです。それについた実は、黒いのです。ピンクと黒と、葉の黄色がとてもきれいなので写しました。

タラノキのみがいっぱい1

  それをアップして見たのが、下の写真です。面白いのは、小さな黒い実が乱雑につくのではなく、丸い形を作っているのです。面白いですね。

タラノキの黒い実は

  下の写真は、作手の鬼久保広場で見たヤマボウシの紅葉です。こんなに鮮やかに赤く染まる樹木は、見たことがありません。驚きですね!

ヤマボウシの紅葉鮮やか

  真っ赤な紅葉といえば、イロハモミジですが、下も鬼久保広場にあるモミジの紅葉です。色ばかりでなく形の美しさに見とれてしまいますね。

イロハモミジ紅葉が鮮やか

  紅葉は、赤ばかりではありません。黄色に色づく樹木の方が多いですね。下は、タカノツメの黄葉です。三枚セットの葉(3出複葉)が特徴ですね。これは、単なる黄色ではなく、淡い黄色がきれいなのです。ボクの大好きな木です。 

タカノツメの黄葉が



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。