スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松源院の境内は美しい! サクラとシャガの花が!

     先回、宝円寺のシダレザクラをお見せしましたが、そのサクラのしたが花園だったのです。いろいろの花が咲き乱れていました。名前が分からない花が多かったですが、気に入った花だけを写しました。下の黄色い花は何というのでしょうか。
お花畑1
  下はチューリップですが、今が盛りののでしょう、各地に美しい色を奏でています。色が多種多様ですね。
お花畑2
  下の真っ赤な花弁の花も美しいですね。名前は分かりません。
お花畑3
  道路を隔てた対岸に松源院があります。その境内のサクラが美しく咲いていました。
松源院のソメイヨシノ

サクラの花をアップ
  その花の下が花壇になっていて、シャガがいっぱい咲いていました。シャガは、アヤメ科アヤメ属の草本で、かなり古い時代に中国から渡来したと考えられています。アヤメの仲間らしく、花弁の模様がきれいですね。
松源院のシャガ
 松源院のたたずまいを写したのが下の写真です。
松源院の風景
 そこに観音菩薩の像が立っていました。銅像なのでしょうか、姿と共に銅の緑色が美しいですね。
松源院の観音様
 松源院の境内です。お寺らしい静かな風景です。
松源院





スポンサーサイト

本宮山の山麓、宝円寺のシダレザクラを見物!タブノキを始めて見ました。

     4月13日に久しぶりに山歩きをしようと思って、本宮山を目指しました。ずっと山を歩いていないのに、いきなりというのは体に無理がかかるといけないと思い、ふれあい交流館におられた近所の方にお聞きしたところ、30分ほど歩けば桜のきれいなお寺があるとっ聞いて、そこに行くことにして歩きました。下の案内図によると、宝円寺と松源院です。
松源院地図
  途中で、美しい景色に出会いました。下の写真のように、田んぼの中に、見事なピンクの花を付けた樹木と、桜のはなが咲いていて、背後に本宮山(右手奥の高い山が本宮山です)が見えるのです。見にくいですが、手前の田んぼに黄色い花が一面に咲いていました。タンポポです。あまりの美しさに感嘆の声を上げました。
本宮山と花
  すぐ近くに、クサイチゴが群生していて、白い花を付けた居ました。
クサイチゴの花
  途中に常緑のおおきな樹冠をもつ木(高さが10mくらい)がありました。下の写真は、黄色い花のようなものがいっぱい付いていたのです。残念ながら見たことがない樹木で、種名は分かりませんでした。しかし、つい最近行ったところで、同じ木を見ました。そこにはネームプレートがかけてあり、タブノキと分かりました。ウィキペディアによると「花期は4 - 6月。黄緑色であまり目立たない花を咲かせる。8 - 9月ごろ球形で黒い果実が熟す。果実は直径1センチメートルほどで、同じクスノキ科のアボカドに近い味がする。日本では東北地方から九州・沖縄の森林に分布し、とくに海岸近くに多い。照葉樹林の代表的樹種のひとつで、各地の神社の「鎮守の森」によく大木として育っている。」名前は聞いていましたが、間近に見るのは初めてです。こんな花を付けるのですね。同定出来てうれしいです。
この木は何の木?

左の花をアップ
  下は、アケビの花ですが、すぐ近くの径沿いにたくさん花を付けていました。白い丸い花弁とそな中の赤紫のものが可愛いですね。
アケビの花が
  一面、菜の花畑がありました。真正面に本宮山のどっしりとした山容が見えて、いい景色でした。山の斜面にぽちぽちと白いものが見えますが、それはヤマザクラです。
菜の花と本宮山
  近くの農作業しているご婦人に道を聞いたりこの地域のことを話をしていたのですが、そこが梅林の一角で、下の写真のように、もう梅の実がなり始めていました。
小さな梅の実
 下が方広寺のシダレザクラです。見事な枝ぶりの桜の花が青空に映えて美しいです。天然記念物だそうで、ボクらの他に何人かの人が見物に来ていました。
お寺のシダレザクラ




庭の紅梅が満開! 裏庭にカケスが!アップで写せて感激!

  この冬はとくに寒くて、1月と2月には作手から岡崎に住いの拠点を移していました。大分暖かくなった4月に入ってから作手に戻りました。
 庭に着いた途端、目に入ったのがコウバイでした。赤い花が目に染みるようでした。

庭の紅梅満開

庭の紅梅をアップ
  もう一つ、出迎えてくれたのが、ロウバイです。別の場所で見たロウバイの花の美しさと甘い香りが忘れられず、友達に話したら苗を下さって庭に植えておいたのです。もう6年ほど経っているのですが、なかなか花が咲かなかったのです。今年ようやく、花がいくつか咲いたのです。嬉しかったです。美しいですね。
庭のロウバイが咲いた
  ちょっと驚きでした。裏庭のアオキの木にカケスが止まっていたのです。警戒心が強い鳥で、なかなか写させてくれませんでした。飛ぶスピードも速く、姿をみても撮影が難しく、今までほとんど写したことがなかったのです。それが目の前に止まっていたのですから、驚いたというわけです。家の中から窓越しに写したので、逃げられることがなかったのでしょう。こんな近くで姿を見るのは初めてです。感激!! 羽の色がきれいですね。飛ぶ瞬間は、羽の色がもっときれいなのです。頭の模様も面白いです。
裏庭にカケスが

カケスがきれい
  裏山のシロモジが花を付けていました。すべての枝先に黄色い花を付けますので、夜空の星のようです。
シロモジ開花が
  ジンチョウゲも満開でした。数年前、友達が下さった苗が育って、いっぱい花を付けるようになりました。ボクは鼻がよく効かないので、その香りを十分に楽しむことができません。甘い香りがするようなのですが、僕には・・・・。
ジンチョウゲ満開
  今、野山のアセビに花が咲いていて、とてもきれいです。白い壷型の清楚な花です。常緑低木で、雑木林のどこにでも生えている木でありふれたものすが、この季節は美しいですね。
アセビの花がきれい


春たけなわ! 梅、ヒサカキ、レンギョウ、ユキヤナギの花、カナメモチの赤い新芽がきれい!

  まさに、春たけなわです。春の草花が賑わいを見せています。

    高さが10m近くある大きな梅の木がありました。こんな大きな梅の木は見たことがありません。淡いピンク色の花が満開でした。
梅の巨木が
  ヒサカキにびっしりと白い小さな花が咲いていました。至る所に生えている常緑低木です。秋には真っ黒の小さな実が枝下にびっしりと付きますね。
ヒサカキの花は
  下の写真のように、カナメモチの赤い新芽がきれいでした。新芽がきれいなのでよく家の垣根などに植えられていますね。
カナメモチの赤い新芽
  レンギョウの黄色い花が咲き始めました。ブッシュのように枝が錯綜して、その枝にいっぱい花を付けるので、黄色い壁のようになります。
レンギョウ満開
  下は、ハナニラの花です。一面に咲くときれいなのです。
ハナニラがきれい
  前のブログで、道端に植えられたユキヤナギをご紹介しましたが、花が咲き始めました。白一色になりました。でも、まだたくさんつぼみがありますので、満開とはいえません。
ユキヤナギ開花

ユキヤナギの花を
  下は、ヒメオドリコソウの花です。花はホトケノザとよく似ていますが、これは塔のように立っていて、葉が下に向いています。それが踊り子のスカートのようなのでその名が付いたと聞いています。春の野原に咲く雑草ですね。
ヒメオドリコソウがいっぱい








春の花がきれいです! ミモザ、カワズザクラ、カンアオイ、コブシ、マンサク!

    春たけなわとなってきました。春の花がきれいです! 下は、あるマンションの前に一本だけ植えられていたカワズザクラの花です。ソメイヨシノはちらほら咲く程度ですが、これは満開です。美しいですね。
カワズザクラの花がきれい  
  ボクのかかりつけの内科の医院の庭に、見事なミモザの花が咲いていました。せいぜい数mの高さの低木だと思っていたのです。しかし、電柱の高さからお分かりになると思いますが、こんなに大きな木になるなんて知りませんでした。そして枝中に黄色い花がびっしりと付くのです。その美しさに圧倒されました。
ミモザ満開
  それをアップしたのが下の写真です。小さい花がいっぱいで、背後の葉が見えないくらいですね。
ミモザの花をアップ
  カンアオイが道端に咲いていました。何と美しい優美な花なのでしょうか。淡い紫色の花弁の色と中央付近の模様が美しいですね。
カンアオイの優雅な花
  民家の庭にコブシの花が咲き始めました。先回のブログでは、まだつぼみでしたが。白い大きなはながきれいです。奥三河の山をドライブしていた時、山の斜面にとことどころに生えていたコブシの花を印象的に覚えています。
コブシの白い花が
  ハクモクレンと非常によく似ていますが、その違いは、花弁が開くのがコブシでハクモクレンは花弁が開かないのだそうです。
コブシの花をアップして
  下も、植え込みに植えられていたマンサクの花です。まだ咲いていました。遅咲きの花なのかもしれません。これも美しい花ですね。
マンサクの黄色い花は
  クリスマスローズの花がきれいでした。白や淡いピンクの色の花弁がきれいですね。
クリスマスローズがきれい
  下は、シダレヤナギが新芽を出したところでしょう。白秋だったか、「やなぎ青める」という詩がありましたね。まさに、「青める」のです。
シダレヤナギが青める
  シキミの花が咲いていました。こんなに早く咲くのに驚いています。
シキミの花が



coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。