サンシュユ、白梅、紅梅、サクラソウ、カワヅザクラの花がきれい!

  下は、ある民家の庭に植えられていたサンシュユの花です。葉が出る前に黄色い花が枝にいっぱい咲きますので、黄色一色になるのです。最初に開花を見た時、その美しさに感動したことを覚えています。美しい花ので、よく民家の庭に植えられていますね。
サンシュユがきれいです
 下は、もう少しアップして写した写真ですが、若い枝が赤い色をしているのもきれいですね。
サンシュユの黄色い花が
 さらに近づいてアップすると、下のような写真になります。小さな黄色い花の集合のようです。
サンシュユの花をアップ
  今、梅の花が各地に咲き、満開になっています。下は、その白梅ですが、真ん中の黄色いオシベ・メシベと白い花弁が見事に調和しています。
白梅の花が
  梅にはいろいろの種類があるようで、下は紅梅です。同じ種とは思えないほど、色が深紅なのですね。
色が濃い紅梅
  道端に、サクラソウの花が咲いていました。その色の美しさに感動しました。

サクラソウがきれい
  道端の草むらに、スズメの大群が餌をついばんでいました。スズメは群れを成して行動する習性がありますが、こんなに密集しているところを写せたのは初めてです
スズメの群れが
  今は、桜のシーズンに入ろうとしている季節ですが、桜にもたくさんの種類があって、ソメイヨシノよりも早く咲くカワズザクラが満開です。真冬にもさくシキザクラなど、花の季節感覚が狂ってしまいますね。
カワズザクラの花が満開
  近所を歩いていたら、下の写真のような、細い小枝がすべて真っ赤な色をしている樹木に出会いました。ボクは見たこともない植物に出会って、ちょっと驚きでした。残念ながら、この樹種は分かりません。葉がついたら分かるかもしれません。どなたかご教示ください。
この赤い木は何?

赤い木の正体は?






スポンサーサイト

春の気配がいっぱいです! 雑草の花がきれいです!

     下の樹木の木肌の写真を見て、何という種が分かりますか? 木肌にぼちぼちと突起がありますが、それは刺が退化して刺がなくなり、突起だけが残ったのです。この樹木の若い枝には鋭い刺があります。カラスザンショウです。サンショウの仲間の内では最も大きくなる樹木です。サンショウ、イヌザンショウがこの仲間ですが、サンショウのように利用価値はないと言う意味でイヌが用いられ、カラスは有用ではない大きな木という意味だそうです。名前の付け方も面白いですね。 

カラスザンショウの木肌
  下は、コマツナギの鞘です。春にピンクの美しい花を付けるマメ科の落葉低木ですが、マメ科らしく鞘の中にたくさんのタネを入れているのですね。馬(駒)をつないでも折れない、弾力性のある樹木であることから、その名が付いたそうです。

コマツナギの鞘
  田んぼが広がる農道を歩いていたら、道端に長距離にわたってユキヤナギが植えられていました。つぼみがいっぱい付いていましたが、ちらほらと花が付き始めていました。花が満開になると、一面白い花街道となります。まさに雪のようなので、その名が付けられたのでしょう。公園など各地に植えられていますね。満開になる日が楽しみです。
ユキヤナギの並木
  下は、ちらほら咲き始めた花を写したものです。
咲き始めたユキヤナギ
  ユキヤナギが植えられている足元に、びっしりと赤い葉の植物が覆っていました。下の写真がそれです。何という植物か、分かりません。
赤い草は何だろう
 そこに、太いツクシが一本だけ生えていました。春なのですね。
ツクシが出始めた
 今、各地にホトケノザがいっぱい生え、草地には一面に広がっています。その花をアップで写したのが下の写真です。雑草と言えども、花は美しいですね。
ホトケノザがきれいに
 下はナズナ、別名ぺんぺん草です。これも雑草ですが、白い花がきれいですね。茎の下の方についている三角形の者は種を入れている外皮ですが、手で降るとそれらがぶつかるときにぺんぺんと音を出すのでその名が付いたと言われます。
ナズナが群生し
  オオイヌノフグリの花がきれいでした。淡い紫色の花が一面に咲く光景は目を楽しませてくれますね。でも不名誉な名前を付けられて、可哀想ですね。
オオイヌノフグリが一面に
  民家の庭に、コブシがつぼみが膨らんでしました。今にも開花しそうです。美しい白い花の開花が待たれます。
コブシのつぼみが




ダイサギ、カワセミを写しました!キヅタ、ハンノキの雄花、マンサクの花、センダンの実を!

   農遊館周辺を散歩した時、青木川でダイサギを見ました。美しい姿ですね。ダイサギとチュウサギは区別するのがとても難しいのです。ダイサギはチュウサギよりも体が大きいというのですが、野外で単独に見ると大きさが比較できません。ネットで調べたところ、ようやくその違いが分かりました。くちばしから目の下に伸びている黒っぽい筋が目の後ろまで伸びているのがダイサギで、伸びていないのがチュウサギということです。下の写真ではそこまで細かく見れませんが、写真をアップしてみてそれが分かりました。
チュウサギか?
  同じところで、カワセミを見ました。なかなか出会うことが少ないので、ラッキーでした。小さい体ですので、普通では写真に点にしか写りません。望遠レンズで拡大してようやく姿が見えました。ブルーの羽が光をうけてきれいでした。
カワセミがきれい
  電線に泊まっていたのは、ムクドリでした。群れを成して飛ぶ習性があるのですね。
ムクドリが電線に
  岡崎の北の方にある「自然体験の森」を散歩しました。入り口付近に大きな木に巻き付いたキヅタにたくさんの実が付いている光景を見ました。常緑のツル植物で、10m以上も樹木に絡みついて伸びるとのこと。翌年の春には、実が黒く熟すのだそうです。
キヅタに実がたくさん

キヅタの実をアップ
  ハンノキが雄花をぶら下げていました。普通の樹木は湿地や池など水に浸かるような環境では根が腐ってしまい繁殖できないのですが、湿地でも繁殖できる数少ない種にハンノキがあるのですね。春先に雄花が花粉を出し、根元にある雌花に受粉するのだそうです。
ハンノキの雄花が
  下の写真のように、マンサクが美しい色の花を付けていました。マンサクというのは、「先ず咲く」という言葉が名前の由来だそうですが、今のような真冬に真っ先に反を付けるのですね。細長くて黄色い花弁が美しいです。下がアップした写真です。
マンサクの黄色い花が

マンサクの花をアップ
  センダンに実がいっぱい付いていました。春に薄紫色の花が咲きます。それが、上品で美しいのですね。羽状複葉の涼しげな葉とともに、ボクの大好きな花です。こんな白い実が付くなんて、知りませんでした。
センダンの実がいっぱい
  下は、ナワシログミの実を写したものです。常緑の低木で、公園などに植えられていて見かけます。春(4,5月)に実が赤く熟し美味しく食べられることから、苗代の季節に食べることができるのでその名が付いたといわれます。花は、白いラッパ状の形押しているのは、たのグミ属の植物と同じですね。葉は硬くて、裏が白いのがよく目立ちます。

ナワシログミに実が



coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード