冬に花が咲くサザンカ!サンショウの実は黒い真珠!

    いつもの散歩道、開成地区への道を歩いていたら、下の写真のマユミに出会いました。実が割れて中から真っ赤な種が見えます。きれいですね。
マユミの実がきれいで
  川の向こうの丘陵の尾根は、雑木林であることが分かりますね。その下の斜面は、スギやヒノキの人工林です。作手に限らず、多くの地域で、尾根付近は雑木林になっていることが多いのです。1950年代から始まった拡大造林の時代に、農林省の莫大な補助金予算で植林が奨励されました。日本の人工林はその時代以降に大規模に造林されました。作手もその例外ではありません。それまでも、雑木林(自然林)を伐採してスギ・ヒノキを植えていった(寒い地方ではカラマツ)のですが、山の性質を知っている農家の人は、尾根付近は山崩れが起こりやすいので、雑木林を残してスギ・ヒノキを植えなかったのです。
 というのは、スギ・ヒノキは根が深く張らないのに対して、雑木林のコナラなどの広葉樹は根が深く張るので山崩れが起こりにくいのです。そういう山の性質をよく知っている農民は、植林するのに尾根付近の雑木林を残したのです。下の写真の景色は、そのことをよく物語っていますね。
 また、スギは水分の多い土壌を好みますので、沢沿いあるいは斜面の下の方に植え、ヒノキは斜面の上の方に植えました。必ずしもすべてのやまでそのような植え方をしているとは限りませんが、大方そのようになっています。こんなことも、知っていると森の景色を見る参考になりますね。

山の尾根は雑木林

  今年は、我が家の植え込みに植えたサザンカの花がとくに多く咲きました。今は、数10個の花が咲いています。つぼみもたくさんついています。どうしてなのでしょうか。実も生り年とそうでない年があるように、花も同じなのかもしれません。でも、サザンカは晩秋から花が咲きだし、冬中咲いています。普通の樹木は、春や夏に花が咲き、秋に実が生るのが一般的ですね。冬に花を付けている植物は極めて希です。サザンカは反対なのです。これはなぜなのでしょうか。
サザンカの花がいっぱいで
  下も、庭に植えたサザンカですが、花の色はピンクです。これもきれいです。この木も花がいっぱい付いています。
ピンクのサザンカが
  林道を歩いていたら、ホオジロの群れがやってきました。最近小鳥に出会うことがなかったので、嬉しかったです。
ホオジロに出会った
  今の季節、どこにでもノコンギクが咲いています。菊の仲間はたくさんの種類があって区別しにくいのですね。ノコンギクの花と同時に、葉の特徴を捉えるように写真を写しました。葉の鋸歯が大きいのですね。
ノコンギクは葉が特徴
  下は、サンショウの実です。真っ黒で光沢があり、美しいです。まるで黒い真珠のようです。よく見ると、外側の殻が割れて黒い実が出ているのですね。黒いのは種かもしれません。
サンショウの黒い実
  お隣の家の庭に、きれいなピンク色の花を付けた植物がありました。細かな鋸歯のある大木は葉が目立ちます。久しく名前が分からなかったのですが、このブログの読者に教えていただきました。ヒマラヤユキノシタと言うのです。息子さんが沖縄に行った時のお土産に植えていった、と言います。珍しい種ですね。
ヒマラヤユキノシタの花が
  シロモジはこの地方で最も個体数が多い樹種ですが、ふつうは黄色い黄葉になるのですが、この個体はオレンジ色の紅葉なのです。黄葉と言ったらよいのか、黄葉が正しいのか分かりませんね。美しい紅葉です。
赤っぽい葉のシロモジ
  下は、タカノツメの黄葉を写しました。淡い黄色の葉が美しいです。
タカノツメの紅葉が美しい


スポンサーサイト

紅葉の色比べ!カツラ、コシアブラ、カラマツ、シロモジ、ウリカエデ、イロハモミジなど!

   下は、庭の黄葉です。きれいになりました。真ん中の黄色がカツラの黄葉です。右手奥がシロモジです。左端の針葉樹はカラマツです。我が家は、黄色ばっかりです。近所を散歩しながら、いろいろの樹木の紅葉を撮影してきました。
11月庭の黄葉
  カツラの黄葉も、詳しく見ると、葉の色が黄色一色ではなく、淡いピンク、緑色、葉脈が浮き出ているものもあります。面白いですね。
カツラの黄葉が
  下は、コシアブラの黄葉です。5枚の丸い葉が特徴ですね。葉の色はほとんど白ですね。やや黄色が入っているでしょうか。白い黄葉なんて見たことがありません。
コシアブラの黄葉は
  下は、タカノツメの黄葉です。3枚セット(3出複葉)の葉が特徴です。黄色が濃くてきれいですね。タカノツメは作手にもありますが、岡崎では個体数がすごく多いです。作手ではシロモジの個体数が多いのですが、その違いはおそらく気候的な要因でしょう。
シロモジの黄葉が
  下は、オオモミジの黄葉です。オオモミジは、イロハモミジのように葉が小さくはなく(約5cm以下)、かなり大きいのです。こんなきれいな黄葉になるとは思いませんでした。
オオモミジの黄葉が
  シロモジの黄葉は、一般に黄色ですが、下は、かなり茶色っぽいのです。同じ樹種でも黄葉の色はかなり違うのですね。枝先についているのは花芽だろうと思います。
シロモジのオレンジ色の黄葉
  下は、イロハモミジの紅葉です。きれいです。赤と黄色のコラボレーションがきれいなのですね。
イロハモミジの黄葉はきれい
  別の木ですが、赤と黄色の配色が美しいです。枝の先端付近が赤くなっています。だから、下の方の枝の葉が黄色なのですね。何という美しさでしょうか。
イロハモミジのグレイディング
  下は、ウリカエデの紅葉です。これも、赤い葉と黄色い葉が共存しています。これもきれいですね。
ウリカエデのグレイディング
  下は、ヤマウルシの紅葉です。これは、すべての葉が赤ですね。でも、黄色の葉も入っています。赤と言っても、紫がかった赤と言ったらよいのでしょうか。植物の色を言葉で表現するのはとても難しいです。
ヤマウルシの紅葉がきれい







面の木園地は紅葉を見に行きましたが、紅葉は盛りを過ぎていました!

   11月17日、先週の木曜日に、面の木園地に行きました。紅葉を見るためです。三人の友達を誘って楽しく行ってきました。ところが、紅葉の盛りは過ぎ、葉を落としている樹木が多く、紅葉を楽しむほどではなかったことが悔やまれます。それでも、目立っている樹木の紅葉を撮影してきました。
 下の写真のように、ガマズミが実だけになって(大分葉を落として)いる光景は見事でした。
ガマズミの赤い実だけが

  赤いガマズミの実が
  ウメモドキも同じでした。下の写真のように、葉はほとんどなく、赤い実だけが輝いていました。美しいですね。
ウメモドキの赤い実だけが

赤い実だけのウメモドキ
  黄葉が美しかったのは、下の写真のダンコウバイです。これは赤い葉ではなく、黄色い葉で黄葉です。濃い黄色の色が美しいです。実のようなものが付いていますが、花芽だと思います。
ダンコウバイの黄葉が
  下の写真の赤と黄色の紅葉は、ドウダンツツジです。紅葉と黄葉が共存しているのですね。
ドウダンツツジの黄葉がきれい
  下のメギも紅葉がきれいでした。鋭い刺があり、真っ赤な実を付けていました。葉と実の赤が同じなので、見分けがつきませんね。でも、実は光沢があるので分かります。
真っ赤なメギの紅葉
  下は、サワダツだろうと思います。同じように葉は紅葉していますが、一粒だけ赤い実が付いていました。
サワダツの紅葉がきれい

  我が家に帰ってきたら、田んぼを隔てた対岸の川沿いに、イロハモミジが見事な紅葉を迎えていました。作手は、この時期が紅葉の最盛期なのです。今は、それから10日近く経っていますので、作手の紅葉は盛りを過ぎてきて、葉の色の鮮やかさがなくなってきています。
我が家の前のイロハモミジの紅葉





シャリンバイに実がなっていた!アラカシにドングリがいっぱい!

  岡崎の健康の森のうち、久しぶりに太陽の丘に登りました。頂上に、下の写真の常緑の樹木がいっぱい実を付けていました。ネームプレートがあり、シャリンバイという種でした。ボクは、街路樹で見たことがあるくらいです。花が咲いているところは見たことがありましたが、こんな実が生るなんて知りませんでした。
シャリンバイに実が  
  下は、その葉を写した写真です。卵形の葉が輪生するようについていますが、枝先に葉が集まる互生なのです。
シャリンバイの輪生する葉
  下は、ユズリハです。これも常緑の樹木で、東北のブナ林の下ばえとしてたくさん生えていました。山形の月山を歩いた時に始めて見た種です。岡崎ではここでしか見たことがありません。珍しい種なのですね。ちょうど、葉の下にたくさんの実を付けていました。
ユズリハに実がついて  
  下は、ハナツクバネウツギの花です。きれいでした。これは、公園など各地に植えられている植木ですね。花はほぼ終わり、ガクが赤っぽくてきれいなのですね。
ハナツクバネウツギがきれいで
  下は、アラカシにいっぱいドングリが付いているところを写した写真です。アラカシは、常緑で300m以下の低地林の代表的な樹木で、ツブラジイと並んで暖帯林を代表する種ですね。大きな高木になります。他のカシ類と違って、アラカシの葉は先端付近だけに鋸歯があるという特徴があって、容易に見分けられます。そのドングリは、コナラのドングリとよく似ています。常緑と落葉の違いはあれ、コナラ亜属という同じ仲間なのですね。
アラカシにたくさんのドングリが
  下は、植えられていたアジサイの成れの果てです。花も終わり、実が付いていますが、その周りの装飾花がピンク色に色づいてきれいでした。
アジサイの花の終わりが

  今は、紅葉の真っ盛りです。作手の我が家から見える菅沼川沿いのイロハモミジが真っ赤に色づきました。寒くなって、一気に紅葉が見ごろを迎えましたね。野山を歩くのが楽しくなりました。
家の前の川沿いのイロハモミジ



イヌザンショウの果序がきれい!シュウブンソウが咲いていた!

   杉平周辺の続きです。下は、イタドリの白い穂です。イタドリのライフサイクルはかなり大きく変化します。でも最後は、下の写真のように白い穂になります。その中に種を抱えているのですね。それがきれいです。
イタドリの白い穂が
  イヌザンショウの赤い果序がきれいでいた。下の写真です。こんな真っ赤な果序になることが驚きです。黒い実は落ちてしまっていますね。
イヌザンショウの赤い果序
  ノブドウの実が色鮮やかでした。美しいです。色とりどりの実が付くなんて、素的です。何色くらいあるのでしょうか。
ノブドウの実が美しい
  びっくりしたことは、ここにもマルバノホロシが生えていたことです。下の写真のように、緑色の実がたくさん付いていました。作手では3か所目の発見です。
マルバノホロシがここにも
  下は、シュウブンソウです。あまり背が高くならず、茎の途中から四方に枝が伸びて広がります。そして葉の付け根から黄色い花を付けます。秋分の日の頃に咲くので祖ナナが付いたと聞いています。かなり時間が経っていますね。
シュウブンソウが咲いていた
  我が家の庭に植えてあったヤブランに黒い実が付きました。しばらく前は緑色の実がきれいだったのですが、黒い実も光沢があって美しいですね。
庭のヤブラン黒い実

  岡崎の健康の森の太陽の丘への道を歩きました。歩き出した途端、道端にモチツツジと思われる花が咲いていました。普通は春に花が咲きますが、まさに季節外れの会かですね。異常気象のためなのでしょうか。
季節外れのモチツツジの花
  コウヤボウキの花が咲いていました。細長い花弁の先端がカールしていて、美しい花ですね。例年は、もっとたくさん咲いているのですが、今年は非常に少ないです。これも異常気象のためでしょうか。
コウヤボウキの花がきれい
  道にドングリが無数に落ちていました。上を見上げるとコナラの巨木がありましたので、これはコナラのドングリでしょう。大きな木には、どのくらいの数のドングリが生るのでしょうか。仮に1万個だとして、それが全部大きな成木となったら、森はたちまちコナラだけの森になるはずですね。そうならないのは、大部分は小鳥や動物に食べられ、あるいは石地に落ちて実生にならなかったのでしょう。結局は、1万個のドングリのうち、せいぜい一本が成木となる程度なのでしょうね。何という効率の悪さでしょうか。でも、ものすごい数のドングリが他の動物の生存を支えているのであれば、それはそれで結構なことなのですね。生態系のありがた味というものでしょう。
ドングリの散布
  地面に這うように常緑の葉を持ち赤い実を付けた植物がありました。下の写真です。ヤブコウジです。木本なのですが、大きくはならず、地表を這うように広がります。赤い実がきれいです。
ヤブコウジの赤い実が




ここにもマルバノホロシが!イイギリの赤い実が美しい!

  岡崎の農遊館付近の散歩道を紹介していますが、ここにもマルバノホロシが生えていました。花も咲いていました。これまでマルバノホロシは作手など限られた場所しか確認できなかったのですが、こんな岡崎にも発見できたことは驚きでした。
ここにもマルバノホロシが
  川沿いを歩いていたら、桜の花が咲いていました。まえから桜並木であることは知っていたのですが、シキザクラとは知りませんでした。花の色が濃くて、とてもきれいでした。
シキザクラがきれいに咲いていた
  あるところに置いてあった水槽には、下の写真のウキクサがびっしりと覆っていました。これも水田雑草の一種ですが、繁殖力が強く、爆発的に繁殖して水面を覆ってしまうようです。
水槽にウキクサが
   下は、アキノノゲシです。花が終わり、白い穂が出始めました。風の吹かれて種を散布するのですね。
アキノノゲシが穂を
  下は、なかなか種が分からなかったのですが、ようやく見つかりました。マサキです。常緑低木で、写真のように葉に細かな鋸歯があります。実はまだ割れていませんが、秋が深まって熟すと割れて中からオレンジ色のタネが見えるのです。それがきれいなのですね。
この木の実は何だろう

  去年、この季節に杉平周辺を歩いたことがあり、そのときにイイギリの実がいっぱいついていてきれいだったことを思い出したので、そこに行ってみました。一番下流の方に、完全に葉を落として赤い実だけが目立つイイギリに出会いました。下の写真です。その実の多さに圧倒されますね。美しいです。
イイギリの赤い実がいっぱいの巨木
  イイギリは、幹の同じ場所から放射状に枝を張ります(下の写真、バンザイした形)ので、樹形を見るだけで分かります。この何本かのイイギリの木には全くと言ってよいほど赤い実が付いていません。雌雄異株だからで、下のイイギリはオスだったのですね。

イイギリの樹形
  上のイイギリは谷の対岸の遠くでしたが、別の木で近寄って見ると下の写真のようになります。この木は、葉がまだたくさん残っていますが、秋が深まるとほとんどが落ちますので、垂れ下がる赤い実が良く目立つのですね。
近寄って見ると
  もっと近寄ると、下の写真のようになります。イイギリの赤い実が房のように垂れ下がる様子がよく分かりますね。赤い実がきれいです。ピントが悪くてすみません。
もっと近寄ると

農地にヤマナシが!クロガネモチの赤い実がきれい!こんな季節にホトケノザが花!

    岡崎の家で近所を散歩した時の写真を報告します。
 オシロイバナのピンクの花と黒い実と白いガク、それにつぼみが同時に見られるのは珍しいと思い写しました。

オシロイバナのガク、花、ガク
  家の周りは住宅地なので、その植え込みの植物が美しいのです。下は、クロガネモチの巨木です。常緑の植物で、街路樹などに使われていることもあります。今の季節、赤い実がいっぱい付いて美しいのです。このお宅では、良く枝が選定され、枝ぶりが見事です。毎年、植木屋さんが入っているのでしょうね。
クロガネモチの実がいっぱい
  下は、驚いたことにホトケノザの花が咲いていました。春先かなり早く咲くことは知っていましたが、冬の前のこんな季節の花を付けるなんて驚きです。今年は、異常気象ですので、こんなこともあるのでしょう。
ホトケノザがきれいです
  ある農場の近くを通りかかったら、ヤマナシがたくさん実を付けていました。近くの市の安城ではナシの栽培が広く行われているので、ナシについてはよく知っているのですが、ヤマナシを栽培しているところは今までに見たことがありませんでした。マーケットでも売られているのを見たことがありません。ちょっと驚いています。
ヤマナシがいっぱいだ
  カラスウリの赤い実がたくさん垂れ下がっているところ、畑がありました。栽培しているわけではないのに、たくさんの実が生っていたのです。これも驚きです。
カラスウリの実がいっぱい
  キウイフルーツがいっぱい生っている畑がありました。美味しいフルーツですね。でも高価なので、時たましか食べたことがありません。
キウイフルーツが見事
  下は、大きくなったアキノノゲシが横に倒れている光景です。頭花はわずかに生って、実が大きくなっています。その形はヒョウタンのようで面白いですね。
横になったアキノノゲシ
  下は、タカサゴユリの花と、赤い花は種類は分かりませんが、色の対照がきれいですね。
タカサゴユリと赤い花
  河原に、セグロセキレイが水浴びに来ていました。山に住む小鳥も、水場が絶対に必要で、小さな川でも小鳥にとっては大事です。飲み水と水浴びのためです。だから、川には小鳥が絶えずやってくるのですね。可愛いです。
セグロセキレイ二羽
  土手に、ヤブガラシが群生していました。俗名、ビンボウカズラ。ものすごい繁殖力で他の植物を駆逐してしまいますので、手入れの届かない貧乏人の家に生える雑草という意味で名づけられたそうです。下の写真のように、今は花が咲いています。葉の形も独特で、覚えやすいですね。
ヤブガラシの花が



マルバノホロシの赤い実がきれい!ヤブコウジの赤い実も!

   下は、マルバノホロシという珍しいナス科の草本の実です。4年ほど前、初めてこの場所で見て、その実の美しさに感動したことを覚えています。ホロシというのは、皮膚病の一種で、できものが治った時にその部分が白く盛り上がるものを指す言葉だそうです。この実が熟して朽ちること白くなることからその名が付いたといわれます。その実は、赤い真珠のようですね。
マルバノホロシの赤い実が

マルバノホロシ赤い実
  下は、ヤブコウジの赤い実です。地を這うように広がる草本ですが、赤い実が美しいですね。
ツルリンドウの赤い実が
  下は、バイカツツジの紅葉したところを写したものです。梅のような花を咲かせるツツジという意味の名前です。花はとてもきれいなのですね。春から葉が紅葉するのですが、下の写真をよく見ると実のようなものが付いているようです。
バイカツツジの紅葉が
  下は、アカソが穂を出したところです。茎が赤くてよく目立つのでその名が付いたと思います。丸い葉のギザギザが大きくて鋭いのが特徴です。
アカソでは
  下は、アカソの仲間で、ヤブマオではないかと思います。葉は大きな鋸歯がありますが、茎は赤くはなく、穂も緑色で長いです。写真では下に垂れ下がっています。
ヤブマオではないか?
  チドメグサが土手に一面に覆っていました。昔の人々は、植物の性質をよく知っていたのですね。これを傷口にあてがうと血が止まる、なんてどうして知ったのでしょうか。
チドメグサが一面に
  岡崎の家の近所を歩いていたら、ツワブキを見ました。下は、花が終わり、実が付いているとことです。春に黄色いきれいな花を付けるのですね。大きな葉が印象的です。
ツワブキの実が
  民家のわずかなコンクリートの隙間から、下の写真のような花が咲いていました。昔覚えたのですが、忘れていました。ようやく思い出した名前は、ヒメツルソバで、ツル性の草本です。玉のような花で、ピンクや白の色がきれいです。繁殖力が強く、どこにでも広がっていきますので、群生するときれいです。
ヒメツルソバが満開で
  下は、カンナだと思います。黄色い花や赤い花は見たことはあるのですが、両方の色が混在しているのは初めて見ました。面白いですね。
カンナの黄色と赤の花



面の木園地で、ガマズミとウメモドキの赤い実がきれい!鳴沢にエゴマが!

   10月20日、友人たちと一緒に面の木園地に行ってきました。山の秋の植物たちを見たかったからです。快晴に恵まれ、素晴らしい自然に出会うことができました。
 入り口のビジターセンター前で目に飛び込んできたのは、その植え込みに植えられていたガマズミに見事な赤い実が生っていた光景でした。下の写真です。赤い実がまさにたわわに生っていたのです。その美しさに感動しました。

ガマズミの赤い実が
  すぐ隣りには、ウメモドキが大量の赤い実を付けていました。秋は、植物の実が美しい季節ですね。
ウメモドキの赤い実がいっぱい

  下は、面の木湿地に咲いていたウメバチソウの花です。清楚な白い花が美しいのですが、中心のメシベとオシベが写真のように飛び出しているのですね。それもきれいです。
ウメバチソウをアップし
  リンドウの花が咲いていました。青紫の目立たない色なので、よく目を凝らさないとその存在を見落としてしまいます。でも、美しい花ですね。
リンドウの花がきれい
  湿地の下の方に、トチノキの巨木があるのですが、それが見事に黄葉していました。下から黄葉を見上げると日の光に映えて美しかったです。
トチノキの黄葉がきれい
  メギに真っ赤な実が生っていました。メギというのは、目薬になる木という意味があるそうです。ウィキペディアによれば、「ベルベリンを含むため各地で薬として使われてきた。メギ(目木)という名も枝葉の煎汁を眼病の治療に用いたことによる。」と書かれていました。杓子の形をした小さな葉と鋭い刺が特徴ですね。そのため、コトリトマラズとかヘビノボラズなどの別名があります。赤い実がきれいです。
メギの赤い実が
  帰り道に鳴沢の滝に立ち寄りました。滝の風景はこれまでに何度も紹介していますので省略します。そこに植えられていて咲いていた花がきれいでしたので、下の写真を写しました。シュウメイギクだそうです。ボクは知りませんでしたが、友達に教えてもらいました。これは八重だそうです。色も白やピンクなどいろいろあるとのことです。
シュウメイギクの花は
  同じところに映えていたのは、下の写真のエゴマです。その姿は、いかにもシソ科の植物ですね。健康食品として最近有名になりましたね。栽培されているようで、そこの畑では群生していました。
ここにもエゴマが



coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード