痛風がまだ治りません。したがって野山を歩けません。マンサクがきれいです!紅梅もきれいです!

    何人かの読者から、森楽さんはどうしていまったのだろう、毎日のようにブログをアップしてきたのにこの頃はほとんどアップしなくなってしまった、と言って問い合わせがありました。ご心配をおかけして申し訳ありません。じつは、下に記したような事情で、ブログをアップできないでいるのです。

 その理由は、痛風による足指の痛みがまだ取れないからです。発症したのが12月31日でしたので、もうひと月と24日にもなります。医者に診てもらっても、医者も首をかしげるばかりです。理由が分からないのは困ったものですね。気長に尿酸値を抑える薬、血液をアルカリ性にする薬などを飲み続ける以外にはないのでしょう。毎日5錠もの薬を飲んでいます。薬に頼って病気を治すことは良くないと思うので、極力薬を飲まないようにしているのですが、痛みがひどくては何とか早く痛みがなくなってほしいので飲み続けています。
 というわけで、野山を歩くことができないので、この地方の自然をご紹介することができません。歩く運動をしていませんので、明らかに運動不足です。毎日ストレッチ体操をやっていますが、それに加えて脚力を使うスクワットも取り入れました。最近、運動不足にも関わらず、体重が減ってきているのです。運動しなければ摂取したエネルギーが消費されないので、体重は増えるはずです。おそらく減ってしまう原因は、筋力が低下したためだと考えています。筋肉は脂肪などよりも重いので、筋力が減少すると体重も減るという理屈です。二月も歩くなどの基本的な運動しないと、体のいろいろのところに支障が出てくるのでしょう。

 また、最近、人間ドックの検査をしました。生まれて初めての経験です。脳梗塞をやったり、いろいろの病気を経験してみると、たまにはきちんと自分の身体の健康診断をしないといけないと思って、ちょうどひと月ほど前に市の検査機関に申し込んだのです。あらゆる検査をしてもらった結果が出て、かかりつけの医師にデータを見ていただいたら、脳のMRIデータ以外の身体機能は、驚くほど良い状態であることにびっくりした、と言ってくださいました。
 それはうれしかったのですが、しかし、脳ドックでは、心臓から頸動脈を通って上がってくる内頸動脈が閉塞を起こしていることが分かりました。内頚動脈というのは、脳の外側から脳内に血液が送られてくる血管で、二股に分かれて血液が送られてくるのですが、ボクの場合は、一方の血管が閉塞してしまっているのですが、もう一方の血管が太くなって他方の代役を果たしているので、目立った障害が現れていないのだそうです。こんな梗塞を起こしているのに、ボク自身は何の自覚症状も現れませんでしたので、梗塞を起こした時期も分かりませんでした。自覚症状もなくこういう梗塞が進行することがあるそうで、定期的に観察することが必要だと言われています。怖いですね。大事にならないように、半年に一度くらいは脳ドックの検査を受けないといけませんね。歳は取りたくないものです。

 さて、庭に春のはなが咲きはじめました。毎年2月になると、マンサクが咲きます。もうだいぶ前に咲き出しました。そして、梅が満開です。前回は正月明けから紅梅が咲いたことをお話ししましたが、その後もずっと咲き続け、今が満開です。例年ですと、梅はマンサクが咲いた後で、2月の中頃に咲くのですが、今年は異常に早く咲きました。暖冬なのですね。下にマンサクの花とコウバイの写真を示します。
マンサクの黄色い花が 

コウバイがきれいだ1 


コウバイをアップして
 
  下は、ジンチョウゲです。まだつぼみですが、赤く膨らんできました。きれいですね。歩けるようになったら、またこの地方の自然をご紹介しますね。
ジンチョウゲが咲き始め 








 






スポンサーサイト

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード