スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クワの実、センダンの実、ニワウルシ・ハリエンジュ・ヤマモモの実がきれい!

   下は、家のすぐ隣の畑のクワの実です。ヤマグワかもしれません。楕円形の実が真っ赤ですが、次第に黒く熟すのだそうです。赤い実がきれいですね。熟すと美味しいといいます。

ヤマグワに赤い実が 

 
 下は、ヒョウモンエダシャクというエダシャクガの一種で、今各地で飛んでいる小さいガです。

ヒョウモンエダシャクがいた 

  クチナシの白い花を見ました。きれいです。

クチナシの白い花が

  岡崎のわが家のすぐそばの植え込みに立っているセンダンの実が見事についています。春に淡い紫色の花がきれいでした。こんな黄色い実が付くのですね。まるで花のようです。


 センダンの実がいっぱい

  ニワウルシに実が付き始めました。赤っぽい鞘に一粒の種が入っており、それが無数に垂れ下がっているのです。鞘は、始めは緑色なのですが、次第に茶色から赤に変わっていきます。赤くなった鞘は美しいのですね。

ニワウルシの鞘に種が 

    下は、ハリエンジュ(別名ニセアカシア)の実が垂れているところを写しました。実は鞘になっていて、赤っぽいのです。それがきれいですね。こんな実が生るなんて知りませんでした。


ハリエンジュの鞘が 

  下は、ヤマハゼだろうと思います。羽状複葉の葉で、総状花序に黄色い花をつけています。


ヤマハゼに実が付いた 

   下は、県営グランドのトラックの周りに植えられたキョウチクトウです。今が花盛りできれいです。アップすると、下の写真のように花がきれいです。八重の花もあるのですね。


キョウチクトウの並木 


キョウチクトウの八重の花 

  ヤマモモに実が付き始めました。赤い実がきれいです。食べてみましたが、まだ熟していないため甘みがありませんでした。熟すと甘くておいしいのですよ。


ヤマモモに実が付いた 








スポンサーサイト

庭のアケビ、オニグルミに実が!ヤマボウシ、ササユリ、ハコネウツギの花が美しい!

  庭に作った棚にアケビを這わせているのですが、実が付き始めました。下の写真のように、実はまだ小さいですが、これからどんどん大きくなっていきます。それが楽しみです。

庭のアケビに実が 

  オニクルミの実も大ききなりました。いろも緑から少し茶色っぽくなってきました。秋には熟してクルミを食べることができるということです。食べるのを楽しみにしています。

庭のオニグルミの実が大きくなった 

  22日(月)には、三河湖の南の「三河湖生活環境保全林」の上の道を歩きました。いきなりヤマボウシの花が目に入りました。真っ白の4枚の花弁がきれいです。赤いゴルフボールのような実が付きますね。それもまたきれいです。

ヤマボウシの花が 

  山の斜面に、ササユリの花が咲いていました。ピンク色の美しい花でした。何度見ても、姿も色も美しいですね。

ササユリの花が美しい 

  下は、ハコネウツギの花です。この種は、花の色がピンク色と白が混じりあっているのが特徴ですね。美しいので、植え込みなどに植えられているのを見かけますね。

ハコネウツギの花が美しい 

  道を歩いていると、森の樹木の間から三河湖が見えるのです。とても景色がよいのです。一部でもよいので、森を切り払って景色を楽しむ場所を作ってくれると嬉しいのですが、・・・。

三河湖が見える 

  更に行くと、斜面に白い花が咲いていました。ツルアジサイのようにも見えたのですが、よく見ると装飾花が一枚の花弁なのです。イワガラミという種でした。ツル植物です。ツルアジサイは装飾花の花弁は4枚です。わずかそれだけの違いなのに、属が違うのですね。
イワガラミの花が 

  そのイワガラミが、下の写真のように、何とコンクリートで固めた斜面に這い登っていたのです。ツル植物ですので、当然と言えば当然なのですが、ツルが捕まる樹木がないと這い登りにくいと思うのですが、自然は不思議なことが多いですね。名前の由来も、岩を登るという意味があるのでしょうか。。

イワガラミが崖に上る 

  この沿道には、ケヤマハンノキがたくさん生えていました。ハンノキ属の落葉広葉樹です。かなり大きな木(高木)になります。写真のように、葉のふちが波打つような鋸歯となっているので区別はしやすいですね。ハンノキ属の特徴である、垂れ下がる雄花や楕円形の雌花が残っていることが多いです。

ケヤマハンノキがたくさん 

  下は、トチノキの葉を写しました。掌状複葉で小葉は7枚、先端の小葉が一番大きく、後に行くほど小葉が小さくなります。ホオノキと葉は似ていますが、その葉は複葉ではありません。高木になる種で、ここでも巨木でした。花も美しいですし、実もトチノミとして食べられるのですね。

トチノキがあった 




 ナツグミの実がいっぱい!ササユリがきれい!ノハナショウブが美しい!

    下は、イワガラミです。花がはっきりと見えないと分かりにくいですが。花の装飾花が一枚ののです。ツタアジサイと似ているのですが、装飾花の花弁が一枚しかないのです。この写真では分かりにくいですが、・・・。

イワガラシでは


  下は、菅森小学校への散歩道に群生しているミヤコワスレの原種です。一般にミヤコワスレは紫色が多いですが、ほとんどは栽培種で、このように白い花は珍しいのです。静岡大学の植物学の先生が判定したということです。

ミヤコワスレ群生し

  次の日は、城山公園への道を歩きました。農協のすぐそばで、ナツグミの実がいっぱい生っているところを見ました。下の写真です。すごい数の実が生っています。見事ですね。

ナツグミの実がいっぱい 

  それをアップしたのが、下の写真です。真っ赤な実が美しいですね。こんな美しい実を見ると、感激しますね。

ナツグミの真っ赤な実 

  下は、ツルウメモドキだと思います。葉の形と実の付き方から破断しました。

ツルウメモドキの実が付いて 

  城山公園では、毎年楽しんでいるのですが、山の斜面にササユリが咲くのです。今年も、たくさん咲いていました。下は、ピンク色の花と白い花が同居しています。ピンク色の花が美しいですね。

ササユリが咲いていた 

  下の写真のように、白いササユリが大輪の花をつけていました・

白いササユリが 

  近くにホタルブクロが咲いていました。それも群生するほどででした。もっと赤い花が普通なのですが、これはピンク色です。その多様性が美しいですね。

ピンクのホタルブクロ 

  城山公園に着くと、大きな樹木のミズキが実をつけていました。ものすごい数の実です。葉の上にたくさん付く実は美しいですね。

ミズキに実が 

  この公園の湿地に、ノハナショウブが咲いていました。数は少ないですが、花は美しいですね。
ノハナショウブが美しい 





スモークツリーがきれい!ノスリの飛翔!ハナズオウの赤い実が!珍しいモッコクが!

  相寺を歩いた時の続きです。
  下は、スモークツリーです。まるで綿毛が丸くなったような花ですね。去年、友人の教えていただき、初めて知りました。変わった花ですので、時々植え込みに植えられているのを見たことがあります。自然の中では見たことがありません。

スモークツリーがきれい 

  下は、ノスリです。見上げると白い翼の先端が黒いのが特徴ですね。トビはピー・ヒョロヒョロと鳴きますが、これはヒョロヒョロの鳴き声がなく、ピー、ピーしかありません。あまり見かけませんので、出会えて嬉しいです。

ノスリが舞っていた 

  ヤマグワに色とりどりの実が付いていました(下)。実は、熟すと赤、白、黒の色になるのですが、まだ付いたばかりで熟した状態ではありません。熟すと美味しいのだそうです。ボクは食べたことがありません。葉に特徴があり、変形した葉が多くみられるのが特徴ですね。

ヤマグワに実が 

  下の写真のように、サワフタギに実が付き始めました。秋にはブルーの実に熟しますが、それが美しいのです。感激して見たことを思い出します。熟すのを楽しみにしましょう。

サワフタギに実が付き始めた 

  ハナズオウを植えているお宅がありました。その鞘状の実が赤くてきれいなのです。花もきれいですが、実がこんなに美しいなんて知りませんでした。

ハナズオウの赤い実 

  下はツリバナですが、垂れ下がっているのは花なのか、実が付き始めたのか、もっとアップしてみないと分かりませんね。秋になるとオレンジ色に熟し、とてもきれいなのです。それを見るのも楽しみです。

ツリバナの花か 

  翌日は、近所の小学校までの道を散歩しました。お隣のお宅に、大きな松の木のモッコクの花が見事に咲いていました。セッコクとも言いますね。ラン科の草本で、樹木や岩に着生して成長する珍しい生態をもつ植物です。普通は花の色が白なのですが、ここでは赤紫色の花もあります。これも珍しいですね。

モッコクの花がきれい 

  下の写真のように、花の色が真っ白ではなく、わずかにピンクがかっていてきれいですね。

モッコクの白い花 

  ユキノシタがきれいに咲いていました。花の形が独特ですね。もっと花をアップしてみないと分かりませんが、ハの字型の白い花弁の上に、赤っぽいものがついていますが、上についた三枚の花弁の真ん中に赤い模様があるのです。美しい花ですね。今、各地に咲いています。

ユキノシタの花がきれい 

  下は、ナワシロイチゴだと思います。あまり見かけない主で、ボクは初めて見る植物です。ピンク色の花がきれいですね。実が熟すと、真っ赤になります。葉の形が独特ですね。

ナワシロイチゴだろう 





三河湖の北の山を歩いて、モリアオガエルの卵塊発見!根池の含嗽的風景が!

    かつて行ったことがある三河湖の北の根山というところの、林道を歩きました。後で触れますが、そこにナツツバキが咲いていたのでそれを見たかったのです。
 奥の方に歩いていくと、下の写真のようなモリアオガエルの卵塊が見られたのです。何度も見ていますのではっきりと卵塊と分かりました。こんな山の中で大きな池もないのに、と驚いていたのですが、その理由が分かりました。

小さな池のモリアオガエルの卵塊 

 その理由は、下の写真のように、卵塊のすぐ下に小さな池があったのです。直径数mの小さな池です。こんな小さな池でも、池があればモリアオガエルは産卵して卵塊をつ作るのですね。その生命力の強さにただ脱帽です。

こんな小さな池に 

  すぐ近くに、トリアシショウマが群生していました。下はその葉ですが、形から明らかにトリアシショウマです。

トリアシショウマの葉 

  その証拠に、去年咲いた花が枯れて残っていました。下の写真です。

トリアシショウマの枯れ花 

  下は、根池の風景です。前に来た時も霧がかかっていて幻想的な風景でしたが、偶然今回も霧がかかっていました。奥深い森の中にひっそりと静まっている池の光景は、とても幻想的で素敵です。

根池の幻想的風景 

  その水面には、下のように、ジュンサイがびっしりと埋めていました。浅い沼や湿地に生える水生植物ですね。楕円形の葉が見事ですね。

根池のジュンサイ 

  池の近くに、下のようにササユリのつぼみが生えていました。これからこの地方にもササユリが咲くのですね。開花が待たれます。

ササユリのつぼみが 

  お目当てのナツツバキですが、まだつぼみの段階でした。下の写真のように、ものすごい数のつぼみがついていました。これから次々と咲きだすのでしょう。それも楽しみです。

ナツツバキのつぼみが  

  次の日は、相寺周辺を一周する散歩をしました。下は、植え込みに植えられていたハコネウツギの花です。赤と白の花が同居しているのですぐにわかります。同じ樹木なのに花の色が複数あるなんて、珍しいですね。

ハコネウツギの花は    

  下は、道端に群生していたシラゲガヤを写しました。この季節、各地に咲いている草本です。白い穂が美しいですね。

シラゲガヤの穂が 

  下はナツグミです。実はまだ赤くなっていませんが、これから真っ赤になります。

ナツグミに実が生った 





庄ノ沢湿地のトキソウ、サワランがきれい!コアジサイが満開で美しい!

   庄ノ沢湿地の続きです。下は、普通のニガナではなく、湿地に生えるのはハイニガナと言います。

ハイニガナがあった 

  ノアザミの花が色鮮やかでした。今、各地でノアザミが咲いていますが、こんなに色が鮮やかなのはあまりありません。

ノアザミがきれい 

  キンモンガが葉に止まりました。羽の模様が斬新ですね。とてもきれいです。

キンモンガがきれい 

  今回の見学会の一つの目玉は、トキソウです。サギソウと並んでラン科の代表的な草本です。群生するほどたくさん咲いていました。その花は、下の写真のように清楚で美しいので、多くの人の心を引きつけるのですね。

トキソウがきれい 

  湿地にサワランが咲いていました。幻の花と言われるくらい、めったに見られない種です。この湿地に咲いているのは初めて見ました。遠くに咲いていたために、望遠でも下がやっとです。もっとアップして写したかったのですが、・・・。

幻の花サワラン 

  ノハナショウブが咲き始めました。まだ2,3株ほどしか見られませんでしたが、これから次々と咲くでしょう。美しい湿地の花です。

ノハナショウブが咲いた 

 下の写真の白いものは、ネジキの花です。枝下に、びっしりと並んで白い花がついているのです。まるで人の白い歯のようですね。

サワフタギに実が付いた 

  コアジサイが満開の季節となりました。この湿地の奥の山には、斜面全体がコアジサイで占められている場所があり、その一厘を写したのが下の写真です。淡い紫色の花が美しいです。バックが黒いので、ひときわ目立ちますね。

コアジサイに美しさ 

  下は、クロミノニシゴリの花です。サワフタギとよく似ていて区別ができないほどなのですが、花の色が白ではなく黄色であること、花の季節がサワフタギよりも少し遅れることが違いです。サワフタギは花は終わって実が付き始めました。もう一つは、サワフタギの実はブルーですが、これは黒く熟します。クロミノというのはそこから名づけられたのでしょう。

クロミノニシゴリに花が 




















クマイチゴ、マタタビ、コゴメウツギ、トチノキ、ケヤマハンノキ、イイギリをみました! 

  獅子が森の林道で、クマイチゴに出会いました。棘だらけの大きなイチゴですが、三裂ないし五裂し、鋸歯が目立つ葉が特徴です。実が付き始めました。7~8月に赤く熟し、食べられるそうですが、ボクは食べたことがありません。

クゥマイチゴに実が 

  下は、マタタビの葉が半夏生しているところを写しました。マタタビはツル植物で、作手には至る所に生えています。山の中で葉が白くなっている植物はほとんどこのマタタビです。どうして葉の一部が白くなるのかは分かりませんが、おもしろい性質ですね。

マタタビに実がついた 

  下は、コゴメウツギに花が咲いているところを写しました。深裂し特徴的な葉の形がおもしろいですね。花もきれいです。秋には見事に黄葉します。それを見るのが楽しみです。

コゴメウツギが珍しい 

  翌日歩いたのは、三河湖の南の山を走る羽布下り沢林道です。トチノキの巨木を見ました。大きな葉が特徴的ですが、ホオノキのように輪生することはありません。掌状複葉で3~5対の小葉を持ち、中央の葉が最も大きく、30cm以上にもなります。どこにでも見られる種ではなく、作手ではほとんど見られません。

トチノキの大きな葉 

 ケヤマハンノキが見られました。波打つような葉の鋸歯が特徴ですね。下の写真には、黒くなった雄花(垂れ下がっているもの)と雌花(楕円形のもの)が見られます。ハンノキ属の特徴ですね。

ケヤマハンノキの雄花と雌花 

 去年の冬に、林道の谷間に大きなイイギリの木が生えていて。真っ赤な実をたくさんつけていたことを思い起こします。下は、夏に茂った葉です。大きな葉で、葉柄が長いのが特徴です。写真では葉柄が赤いのですが、赤くないものもあるようです。秋には赤い実の房が垂れ下がるのですが、冬には葉がほとんど落ちてしまうので、赤い実だけがよく目立つのですね。

イイギリの葉は 

  下は、ハコネイチモンジというタテハチョウの仲間です。イチモンジチョウとの違いは、一列に並んだ白い帯の下の羽の根元に白い斑点があることです。昆虫に詳しいNさんに教えていただきました。知りませんでしたし、ボクは初めて見るチョウです。

アサマイチモンジを初めて 

  ツリバナに花が付きました。花がついているところを見たのは初めてだと思います。黄色い下向きの花はきれいですね。下に垂れるのでその名がついたのでしょう。

ツリバナに実が 

  次の日は、庄ノ沢湿地の見学会があり、それに参加しました。下は、ナツハゼです。赤いのは花です。かわいいつぼ型の花です。こんな花が咲くなんて知りませんでした。秋には紅葉が美しく、黒い実に熟すのですね。

ナツハゼに花が 

  道端にタツナミソウが咲いていました。紫色の花が美しいですね。

タツナミソウの花が 




モミジイチゴ、ニガイチゴに実が!ノコギリソウ、ヤマオダマキ。カシワバアジサイ、イタチハギのj花が!

  このところ、岡崎への行き来が多くて忙しく、なかなかブログをアップする時間が取れません。その間も、毎日カメラを担いで散歩に出ていますので、次々と写真が溜まってしまいます。そこで、少々端折って自然の写真をご紹介します。
  下は、愛郷林道で、モミジイチゴに黄色い実が付いたところを写しました。とてもきれいですし、食べると甘くて美味しいのですね。今年はまだ作っていませんが、ジャムにして食べていました。 


モミジイチゴに黄色い実が 

  下は、ノコギリソウです。白い花をつけていました。作手ではあまり見かけない草本です。葉がノコギリの葉のようにギザギザしているところからつけられた名前です。

ノコギリソウに白い花が 

  今は、どこに行ってもエゴノキが白い花をつけています。樹木が白く見えるほどたくさんの花を枝の下につけます。もう実が生り始めています。枝下に鈴なりに垂れ下がる様子は壮観ですね。

ヤマオダマキの花は 

 Hさん宅の雑木林に行きました。ヤマオダマキがきれいに咲いていました。姿といい、色合いといい、優美な美しい花ですね。

ヤマオダマキの花がきれい 

  下の写真のように、ツチアケビが大きくくなっていました。花はまだのようで、今はまだつぼみです。緑の色がありませんが、これは腐生植物と言って、光合成によってエネルギーを得て成長するのではなく、土の中の菌類からエネルギーをもらって生きている植物なのです。ですから、体に葉緑素を持たないので、緑色にはならないのです。

ツチアケビのつぼみが 

  下は、庭先などによく見かけるカシワバアジサイです。大きな葉がカシワの葉に似ているのでつけられた名前ですね。花はアジサイですが、集散花序となっています。

カシワバアジサイがきれい 

  羽布下り沢林道を歩いていたら、イタチハギが群生しているとことがありました。数年前に初めて見て、その花の姿に驚かされたことを思い出します。環境省から、強烈な繁殖力で他の植物を圧倒してしまう侵略的外来種に指定されています。

イタチハギの赤紫の花が 

  ニガイチゴが今、真っ赤な実をつける季節になりました。下の写真のように、紅葉する葉と真っ赤な実がきれいです。

ニガイチゴに赤い実が 




ゴマダラチョウを初めて見た!感激!コアジサイの花がきれい!ミスジチョウが!

  本宮の湯の東の谷を歩いた最後の方で、下の美しいチョウを見ました。初めての出会いです。名前が分からなかったのですが、図鑑を見ているうちに分かりました。タテハチョウの仲間、ゴマダラチョウです。黒地に白い斑点模様がきれいですね。出会えて、感激です!

ゴマダラチョウ 

ゴマダラチョウがきれい 


  10日ほど前、浦山林道を歩いていた時に、下の樹木を見ました。常緑で若い葉が赤みを帯びているのです。初めは分からなかったのですが、カナモモチを思い出して図鑑を調べたらそうでした。よく生垣に植えられるのを見ますね。若葉が赤いので見た目に美しいから垣根に採用されるのでしょう。真っ赤な若葉を持つものは、レッドロビンとか呼ばれて珍重されます。木肌は下の写真です。少し茶色が買ったグレイで、皮目がたくさんあります。

カナメモチの若葉が 


カナメモチの木肌 

  下は、道に飛んできて止まったホオジロです。おそらく幼鳥で、体も小さく、僕らが近寄っても逃げ去らなかったからです。羽の色がきれいですね。

ホオジロの幼鳥 

  今、作手ではコアジサイの季節を迎えています。いたるところに咲いています。淡い紫色の花が実に美しいのです。場所によっては、山の斜面全体がコアジサイが群生していることもあります。

コアジサイの花が 

  ガマズミも今が盛りで、下の様な花をつけます。葉の上に平べったく白い花をつけるのですね。これもきれいです。

ガマズミの花は 

  テングチョウを見つけて写真を撮りました。比較的小さなチョウで、開帳した羽の幅は3~4cmです。これも模様が美しいチョウですね。

テングチョウがいた 

  下は、ミスジチョウです。黒褐色の地に白い帯が三つついているので、その名がついたのでしょう。似たチョウにコミスジがありますが、それは羽の幅が4cm程度の小さいチョウです。

ミスジチョウがきれい 




ハラビロトンボのメス、ヤマウルシ、イボタノキ、イタチハギ、ツクバネウツギの花が!

  庄ノ沢湿地で、下の写真のハラビロトンボのメスを見ました。腹が太いのでその名がついたのですね。湿地や沼地にしか生息しません。オスは黒っぽい色です。

ハラビロトンボのメスがきれい 

  ヤマウルシの花が咲いていました。葉柄が赤い羽状複葉の葉の根元から房状の黄色い花が垂れ下がります。きれいです。

ヤマウルシの花が 

   今、イボタノキの花が満開で、各地に咲いています。数年前は名前すら知らなかったのです。白い花は、小さなラッパ状の花の集合なのです。もっとアップしないとそれは分かりませんね。葉が丸っこいのも特徴です。

これは何? 

  ヒメウラナミジャノメが草に止まっていました。ジャノメチョウの仲間ですが、羽のジャノメ模様がきれいなのと、波打つような模様がきれいです。

ヒメウラナミジャノメがきれい 

  イタチハギが群生しているとことがありました。昔、砂防用にアメリカから導入された種で、繁殖力が強く、群生して他の植物を圧倒してしまうそうで、環境省により侵略的外来種と指定されたいます。花は毒々しいほどの美しさです。

イタチハギが群生して 

  ツクバネウツギがきれいに咲いていました。ピンク色のラッパ状の小さな花で、とてもきれいなのです。花の後ろに5枚の顎がありますが、それが羽子板遊びのツクバネに似ていることから名づけられたと言います。今、各地に咲いていますが、花が小さいのでよく見ないと見逃してしまいます。

ツクバネウツギがきれい 

  下は、ニシキギに花が咲いているところを写しました。秋の紅葉が美しいので、庭の植え込みなどに植えられていることが多いですね。枝に翼がつくのも大きな特徴です。

ニシキギに花が 

  一週間ほど前、本宮の湯の東の谷を歩きました。途中に花壇があり、そこに植えられていた植物が下の写真です。独特の姿といい、鮮やかのオレンジ色の花といい、とてもよく目立ちます。しかし、名前は分かりません。園芸種なのでしょう。何度か花壇に植えられているのを見たことがあります。どなたか、教えてください。と書きましたが、読者からトリトマと教えていただきました。「南アフリカが原産です。わが国へは明治時代の中頃に渡来しました。高さは60~90センチになり、線形の長い葉が束生します。縁には細鋸歯があります。6月から10月ごろ、花茎を伸ばして総状花序をつけ、筒状の花を咲かせます。」とウェッブサイトにありました。ご教示を感謝します。

このオレンジ色の花は? 

  その花壇に、モンキアゲハが飛んできて、赤い花に止まりました。黒い羽根の中央に白い斑点があるのが特徴で、後羽の赤い模様も含めて、実に美しいチョウですね。自然の造形美にかんどうです。

モンキアゲハが美しい 

  下は、ムラサキシキブに花芽がついたところを写しました。もうじき淡い紫色の花が咲きます。秋には、鮮やかな紫色の実がつきますが、それがとても美しいのです。僕の大好きな植物です。

ムラサキシキブに花が咲いた 




PCが壊れてしばらくアップできませんでした。この季節の作手の植物たちを紹介します!サワランを見た!

  パソコンが壊れてしまい、10日間、ブログをアップできませんでした。古いパソコンでしたので、買い換えました。というわけで、新しく買ってようやくパソコンが使えるようになりました。ところが、Windows8.1になり、これまでと違うOSですので戸惑うことが多く、困っています。しかも、ワードやエクセルもヴァージョンアップしていて、大分操作が複雑になっていて困っています。結局それらは慣れるしかないのでしょうね。
 その間も、毎日野山を散歩していて作手の自然写真を撮り続けていますので、カメラのSDカードに大量に溜まっています。ようやくパソコンが使えるようになったので、そのデータをパソコンに収め、ようやくこのブログをアップできるようになった、というわけです。でもあまりにも大量のデータですので、逐一紹介していたら時期を失してしまいますので、大部分を端折ってきれいな自然だけに限定してご紹介することになることをご了解ください。

 下は、開成地区への散歩道で見たサルナシの花です。美しい花で、ボクが大好きな植物です。あまり見かけることのないツル植物ですが、これまでに各地に生息することを確かめています。その実は、キウイフルーツよりも美味しいそうですが、まだ食べたことがありません。

サルナシの花が美しい 

 下は、ハリエンジュの花を写しました。岡崎ではたくさん咲いていましたが、この樹木は作手では珍しく、あまり多くはありません。別名ニセアカシア。蜂蜜の蜜源になる、蜜をたくさん持っている花の植物です。最近、近所のHさんが養蜂を始められ、彼から養蜂のこと、ミツバチのことなどお聞きしています。その中で、ニセアカシアが蜜源であることから、Hさんの雑木林にこの樹木を育てていました。鉢に苗木を植えていましたが、何年くらいしたら花を咲かせるのでしょうか。道路の切割りなど荒れた土地に最初に侵入してくるパイオニアプラントと言われます。成長が早いそうですので、すぐに大きくなるのでしょう。

ハリエンジュが作手にも 

  下は、ハナズオウに実がついたところを写しました。春に赤紫のきれいな花が咲いたことを思い出します。こんな鞘に種が入るような実がつくのですね。こんな植物は、2,3年前はまったく知りませんでした。

ハナズオウに実が 

 ウワミズザクラに実がつきました。小さな花が集合したブラシ状の花がつきます。その一つ一つの花に実がついて、ブラシの先端に玉(実)がつくのですね。秋には色とりどりの実に熟し、とてもきれいなのです。それを見たいですね。

ウワミズザクラに実が生った 

  カザグルマが咲きました。下水処理場の前に毎年咲きます。下の写真のように、大輪の白い花は見事です。色鮮やかなテッセンは、これを改良した園芸種ですね。

カザグルマがきれいで 

  わが庭のプランターに植えたサンジソウがきれいに咲きました。午後3時になると花が開くことからその名がついたといいますが、本当に3時になると花が開くのです。おもしろい性質ですね。

サンジソウがきれい 

 次の日は、庄の沢湿地の見学会があり、それに参加しました。ベテランの指導員がこの自然を詳しく解説していただきました。下は、クロミノニシゴリです。サワフタギとほとんど同じなので、区別はわからなかったのですが、指導員の説明でようやく分かりました。花期が少しずれるのです。サワフタギは少し早く、これはそれに遅れること半月、ということでした。そう言えば、サワフタギの花は大分前に終わっていたことを思い出しました。

クロミノニシゴリに花が 

 下は、ガマズミでしょうね。今、各地の白い花をつけています。鋸歯のある大きな葉が特徴ですが、コバノガマズミとかミヤマガマズミとかありまして、その区別はなかなか難しいのです。皆さん、分かりますか?

ガマズミに花が咲いた 

 下は、ハラビロトンボのメスだと思います。オスもメスも、普通のトンボよりも腹が広いですね。それでその名がついたのですが、オスは黒っぽい色、メスは下の写真のように黄色っぽい色をしています。湿地や沼地に生息するトンボです。この庄の沢湿地では、しばしば見かけるトンボです。初めて見た時には、その美しさに深く感動しました。

ハラビロトンボのメス 

  この観察会のメインの植物は、下の写真のトキソウでした。ラン科の湿地にしか生えない草本で、実に姿が美しいのです。これまでにこの季節に何度も紹介していますが、見れば見るほど姿といい、色といい、実に美しい花です。サギソウと並んで、作手の湿原を代表する草本です。

トキソウがきれい 

  下は、サワランと言います。幻の花と言われるほど、めったに見られない植物です。指導員の方は作手のあらゆるところの植物を調べている方ですが、この湿地でしか見たことがないと言います。それほど貴重な種なのです。出会えてうれしかったです。

サワランが生えていた 




coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。