スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩き方を変えるだけで、足の踝の痛みが引いた! 腰痛の痛みも!


歩き方を変えて、足首の痛みがやわらいだ!

 ボクは、20年以上前から長時間歩いたり長時間立っていたりすると、右足のくるぶし付近が痛む持病があります。2時間以上歩くと痛みが激しくなり、立っていることが辛くなります。歩かなくても2時間以上立って作業をしても、同じように痛くなるのです。ですから、長時間の山歩きをした後や野外での立ち仕事などは、翌日立てなくなるほど痛みがきついのです。作手に家を構えてからは、草刈や薪割りの作業がいっぱいあるのですが、その時は2、3時間は立ちっぱなしになります。山歩きなども2、3時間はざらに歩きます。すると足が痛くなるのです。それはつらいものです。

 なぜ踝(くるぶし)の付近なのかも分かりません。何度か整形外科の病院に行って診てもらいましたが、レントゲンで骨の状態を調べても、なんら異常は認められないというのです。足首の骨の軟骨も異常は認められないというのです。このような症状がいつ、どのような原因で起こったのかも、だいぶ前のことではっきりとは覚えていませんが、山で転倒して足を強く打ったことがあるので、それが原因ではないかと思っているのです。しかし、その時のことはほとんど覚えていません。医者は、痛み止めの湿布薬をくれるだけで、本格的な治療はしてくれませんでした。

 そこで、ボクの健康維持の師匠(足裏マッサージをしてくださる人)であるSさんに尋ねたら、「おそらく、足首の捻挫を起こしたことをきっかけに、それをかばうような歩き方をしてきたことが原因ではないかと思う。捻挫をすると痛いので無意識に足首を動かさないで足首をかばう歩き方になってしまうのです。いわゆる「熊歩き」、あるいは「ペンギン歩き」と言いますが、そうした足首を動かさない歩き方では、関節の軟骨が育たないのです。おそらく捻挫の痛みをかばうためにペンギン歩きに近い歩き方を続けてきたために軟骨が形成されず、骨と骨が擦れ合って炎症を起こし、痛みを感じるようになったのではないかと思う。」というのです。

 軟骨というのは、ネットで調べると、「人の軟骨は約70%が水分、その他型コラーゲン、プロテオグリカン(アグリカン)、ヒアルロン酸などで構成されていると言われています。軟骨の構成成分 であるプロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸と一緒に存在し、水分をスポンジのように吸収して衝撃をやわらげる緩衝材としての役割を果たしています。そして、軟骨は関節を動かすことによって形成されるので、関節の動きがなくなると軟骨が作られないのです。それも、老化とともに減っていきます。それを変形性関節症と言います。おもに、膝関節に症状が現れます。 

 ネットの情報によれば、

************************************************************************************

変形性関節症は、老化が主な要因だけに、加齢とともにだれにでも起こりえます。ただし、次のような人にはとくに起こりやすいので、注意しましょう肥満になるとひざにかかる負担も大きくなります。運動不足の人は、肩やひじ、ひざなどの関節が固くなり、筋肉も衰えて関節への負担が増えます。

 膝関節の変形性関節症の予防のポイントは、次の2つですが、足関節もほぼ同じです。
1.関節に負担をかけない生活をする
2.運動で関節を柔軟にし、さらに周辺の筋肉を強化する

関節に負担をかけない生活とは

· 肥満気味の人は体重を減らす

· 肩や腰、ひじ、ひざなどを冷やさない

· 同じ姿勢を続けない(ときどきからだを動かし、リラックスさせる)

· 外出時にはクッション性のよい靴をはく

· 正しい歩き方(ひざを伸ばしかかとから着地し、つま先で後ろへ蹴る)をする

· O脚の人は、靴のインソールなどで補正する

· 足元に不安がある場合は、ステッキを使う

******************************************************************************

 ボクの場合は、肥満は解消していますし、これらの条件をほぼクリアーしています。しかし、「正しい歩き方」をしていなかったのです。ボクの歩き方は、ペンギン歩きのように足首を使わない歩き方に慣れてしまって、関節を柔軟にしてこなかったのです。つま先で後ろに蹴る時に足首を返すように動かす歩き方をしてこなかったのです。

 このことをSさんに教えてもらってそのような歩き方を心がけてきたら、次第に足のくるぶしの痛みがなくなってきたのです。前に報告したように、最近では、4時間を超える長時間の山歩きでも、前のように翌日にまで痛みが残るようなことがなくなってきました。それが嬉しいのです。歩き方一つで、くるぶしの痛みが解消されるなんて、思ってもみなかったことです。

歩き方をかえるだけで、慢性の腰痛も治ります!

 もう一つは、ずいぶん前から、ボクは慢性の腰痛なのです。慢性というのは、いつ始まったかも分かりませんし、痛みの度合いも激しいものではありません。でも腰がズーンと痛むのです。それが気分が悪いのです。そのことをSさんに相談したところ、

 「一般に日本人は農耕民族であるためでしょうか、前かがみになり腰に負担がかかる姿勢を取り続けているために、慢性の腰痛になりやすいのです。ところが、牧畜民族のアフリカの人は違います。遠くを見ながら歩く生活が普段の活動ですので、人間の基本である背骨のSがきれいに出来ていて、腰の裏側(骨盤と脊椎の接合する部分)が凹むのです。だから、あなたもそのように腰の付近のS字を意識して、腰を引いてお腹を前に出して威張ったような姿勢で、前かがみにならないように遠くを見て歩くようにしたらいいですよ。」と言われました。

 Sさんがアフリカの牧畜民の人々を調べると、うつ伏せになった人の腰と背骨の付け根を見ると、異常なくらいに凹んでいるのです。欧米人も日本人も、同様にあまり凹んでいないのです。いずれも農耕民族だからでないかと考えたそうです。つまり、土地を耕す作業は、前かがみになってする作業が大多数ですので、どうしても腰に負担がかかる姿勢を取り続けることなるためではないか、というのです。アフリカの人は大部分が牧畜民ですので、牛や羊を追い回して歩き、外敵の野獣から牛や羊を守るために遠くを見通す姿勢をすることが基本になっているのですね。なるほど、納得です。ボクも、外での作業をしたときは、畑を耕すことも草刈も薪割りも腰に負担がかかります。その時に、腰が痛くなることを何度も経験しています。

 その事と関係しているのでしょうか、日本の芸能では、能楽にしても歌舞伎にしても、日本舞踊にしても、あるいは相撲にしても、歩くときは「すり足」が基本です。そういう歩き方では、腰を上下して歩くことはありませんし、足首を使うような歩き方ではなく、基本的に前かがみの姿勢です。それが日本人の動作の基本になっていますので、アフリカ人のような歩き方をしてこなかったのです。

 では、うつ伏せになった時、どうしてアフリカ人の腰と背骨の継ぎ目は、凹んでいるのでしょうか。それは、「背骨のS字カーブ」に原因があります。下はネットから拝借した四足歩行の動物と人間の脊椎の構造を比較して示しています。以下のような説明がありました。

人間の脊髄はS字構造

S字構造が人間の背骨に大きな負担を…

S字構造は、脊椎にかかる荷重や歩行時の衝撃を緩和する効果があります。四足歩行の動物は地面と平行だったのですが、脊椎を90度回転して起こし、さらにS字構造をとること で、巨大な脳を持つことも、二足歩行も可能になりました。しかし同時に、人間の背骨にはこれまでにないほど大きな荷重がかかることになり、その土台である 腰椎にはとりわけ大きな負担がかかることになってしまいました。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  人間の脳は重いのです。人間が猿から進化するとき二立歩行を選びましたが、重い脳を脊椎の上に乗せると歩くときや走るときの脳や体への衝撃が激しくなります。それを避けるために背骨がS字のカーブを描くようにして衝撃を和らげるように進化したのです。このS字カーブが衝撃のクッションの役割を果たしてきたのです。ですから、正常な状態では、上の絵のように人は腰の上の脊椎が凹んでいます。その上の背中の脊椎は反対側に曲がっています。それでS字というのですね。日本人は、そのS字の発達が弱いということなので、腰痛の人が多いのです。ボクもその一人です。

  そこで、Sさんに言われたように、お尻を引き、お腹を前につき出すような姿勢で歩くこと、つまりS字を意識して歩くことにしました。今は、歩く時ばかりでなく、立っている時も座っている時も、S字を意識しています。ボクはパソコンの前に座ることが多いのですが、その際、足を組む癖があります。それは、腰のS字を崩してしまい腰痛の原因になるそうです。日頃の姿勢や歩き方が重要なのですね。その結果、少しずつボクの腰痛が改善してきたのです。でも、トライしてからあまり時間が経っていませんので、腰痛が完治したとは言えません。

 それにしても、ネットを調べてみると、腰痛にはいろいろと原因があるようですね。激痛を伴う椎間板ヘルニアは、脊椎の骨と骨の間にクッションとしてある椎間板が脊椎にかかる力で変形を起こし、はみ出して脊椎の中を通る神経を圧迫して激しい痛みを生じるのだそうです。場合のよっては手術をしなければ治らないこともあるそうです。

 昔、ボクの左手にしびれが起こったため整形外科の医院に駆け込んだことがあります。レントゲンで脊椎を調べたところ、脊椎短縮症と診断されました。つまり、加齢のより脊椎の間が短縮して、神経を圧迫してしびれを起こしたのです。ボクはヴァイオリンを趣味にしていますので、それができなくなるのではないかと心配していたのですが、軽度だったので多少の理学療法で治りました。

 脊椎は、その中を脳からの命令を伝える全神経が通っていますので、脊椎に過重な負担がかかると重篤な病気になる可能性があるのですね。


                                

スポンサーサイト

雪が降る日が多いですね!駐車場のツララ!マンサクの花に雪がきれい!

    このところ、寒波到来で、作手ではが降る日が多いですね。今はほとんでは消えていますが、2、3日前は、最大5cmくらいの積がありました。駐車場の屋根にもが積もるのですが、それに朝日があたってが溶け、ツララとなって垂れているのです。長さは30cm以上にもなります。きれいなのですね。

駐車場のツララ

  ところが、朝日が当たりにくい反対側の縁には、ツララはできないのです。下の写真のように。ほんのわずかの日あたりの違いで、このような差が生じるのに興味をもちました。

駐車場ツララがない

  庭のマンサクの木に花が咲きました。毎年2月の最も寒い時に花が咲くのです。今年はが降ったため、黄色い花が雪をかぶって、とてもきれいなのです。

雪が積もったマンサクの花1

雪が積もったマンサクの花2

  ついでに、サザンカの花に雪が積もっている様子も写しました。これもきれいです。

雪が積もった花






炭焼き体験の森で、ハンノキの雄花が面白い!ナワシログミがこんな季節に実が!

  1月31日は、岡崎の自然体験の森を歩きました。何度も歩いているのですが、この季節はブログにアップするほどめぼしいものはなかったのです。今回は、草むらにたくさんのメジロが舞っていました。数十羽ほど群れをなしていたので、片っ端から写真を撮ったのですが、みなピンボケであったり、うまく写っているものがなかったのです。かろうじて見られる写真が下です。素早く動く動物の写真を撮るのは難しいですね。

メジロが草むらに

  ここは昔水田だったところを公園風に改変した場所ですので、谷間はもともと湿地なのです。そこに水っぽいところに生息するハンノキがたくさん生えているのです。そのハンノキに異変が起こりました。これまで見られなかった雄花が枝先に無数に垂れていたのです。下の写真のように、長さ7~8cmの雄花が数本、枝先についています。春先に一斉に雄花が展開するのがこの季節です。花粉を出すのはもっと先のことと聞いています。

ハンノキの雄花が

  遠くから見ると、下の写真のように見えます。ちょっと驚いたのは、雄花の色が微妙に違うのです。下は黒っぽく見える濃い茶色ですね。

ハンノキ雄花の色が1

  ところが下は、黄色に近い淡い茶色です。

ハンノキ雄花の色が2

  これに至っては、赤っぽい茶色です。同じハンノキですのに、こんなに雄花の色が違うなんて、驚きですね。個体差が大きいのでしょうか。

ハンノキ雄花の色が3

  もう1つ驚いたのは、沿道に植えられたナワシログミにたくさんの実が生っていたことです。大部分の植物は、夏あるいは秋に実を付けます。こんな真冬に実を付ける植物はあまり見かけないですね。オレンジ色の楕円形の実の先に白っぽいものが付いていますが、それは花の名残だと思います。

ナワシログミの実が

  わが庭には毎日のようにジョウビタキが飛んで来るのですが、なかなかシャッターチャンスがつかめませんでした。すぐ近くまで来るのですが、カメラを用意している間に別の場所に移動してしまうのです。今回は、かろうじて望遠レンズで写せる範囲の、庭の真ん中のカツラの木に止まりました。でも動きが激しく、ピントが合いにくくて困りました。可愛いきれいな小鳥です。写せて感激です。

庭にジョウビタキが






鳳来寺山東照宮、鷹打場展望台、天狗岩展望台と歩いて帰ってきました!抜群の景色の展望を満喫!

    前回の続きで、ようやく行者越から東照宮に戻ってきました。東照宮の本殿は、したの写真です。徳川家康が日光の東照宮になぞらえて作らせた神社と言われています。豪華絢爛たる社殿ですね。東海自然歩道は、そのすぐ脇から入ります。

東照宮の社殿

  行者越の道と同じように、岩場の多いアップダウンの山道が続きました。植物は行者越の沿道とほぼ同じでした。行き着いた先が、下の写真の鷹打場展望台です。写真のように、見事な展望です。周囲の山々が360度とは言いませんが、素晴らしい景色です。鷹打場という名前なのですが、見晴らしが良いので、昔、武士たちが空を飛んでいる猛禽類のタカを鉄砲や弓で射止める場所だったのではないかと推測しているのですが、・・・・。
  ここで食べた昼のお弁当、お握らずが美味しかったのです。お握らずってご存知でしたか、握らないおにぎりのことです。NHKテレビで紹介されたとのこと。


鷹打場展望台

  道々、驚いたことに、沿道にホソバシャクナゲが至るところに生えていたのです(下の写真)。ホソバシャクナゲは、静岡県西部と愛知県東部にしか生息しない地域固有種で、とても珍しい植物なのです。人が植えたとは思えないほど山の中にたくさん生えているのです。まさに自生しているのですね。ボクが今まで見たところによれば、自生しているのは作手では2箇所くらいです。美しい花なので庭園などに植えられているのはたくさん見ているのですが、自生は滅多に見られないのです。それが驚きだったのです。

ホソバシャクナゲがいっぱい

  そして、同じような岩場の山道をたどって、下の写真の天狗岩展望台に着きました。建物は古びて崩壊の危険性があるためか、ロープが張られて入れませんでしたが、絶景でした。そのころからボクの持病の右足のくるぶし付近が痛み始めてしまったので、そこから引き返すことにしました。鳳来寺山の山頂まで、あと500mくらいというのに、残念でした。これは行者越の道で1時間のロスをしたためですので、次に来るときはロスをなくして登ることにすればもっと楽に山頂まで来れたと思います。

天狗岩展望台

  下の写真は、沿道で見た樹木の木肌です。とても特徴的な木肌ですが、樹種は分かりません。ボクは見たことがありません。どなたか教えてください。

この木肌の木は?

  下の写真は、この地方の岩石の松脂岩の映像です。岩場が多いと言いましたが、大部分は流紋岩で白っぽい岩でもろい性質があります。その中に、このような黒っぽい岩が所々に出ています。それが松脂岩です。岩石学的には難しい表現になるのですが、ウィキペディアによれば「松脂岩は、多少脱ガラス化したガラス質の緻密な火成岩で,ピッチ状または樹脂状の光沢を示している。普通は岩脈または岩床として産出するが,噴出したという記録がある。あるものは斑状で,石英,長石、角閃石またはオージャイトの斑晶を含んでいる。」としています。上述の流紋岩も、この松脂岩も、中新世の時代の海底火山の噴火に伴う火山岩です。青黒い岩石など、あまり見たことがありませんね。

松脂岩があった

  今回は、回り道をしたこともあり、歩き始めてから4時間50分の山歩きでした。これは、ボクのこれまでの山歩きの最高の時間でした。持病の足のくるぶしの痛みがなければ山頂まで行けたのですが、足が痛くなり天狗岩までで登頂は断念しました。でも、翌日まで痛みが残ることもなかったことは幸いでした。長時間歩くことができるようになってきたことを嬉しく思っています。楽しい登山でした。
   山登りで1つ気がついたことは、ゴツゴツとした岩山を登るのはとても大変だと痛感しました。急傾斜の岩場を登るのは、ひょっとしてバランスを崩すと転倒してしまいます。今回も何回かその危機がありましたが、スティックを持っていたために転倒せずに済みました。転倒したら大怪我です。岩場ですので。そのために足の踏み場を確かめるために、全神経を使います。浮き石など踏まないように用心するのですね。ですからとても疲れるのです。でも、そういうことは、それだけ脳神経を使うということです。ですから、脳の活性化にも良いのですね。そのことがよく分かりました。山登りは体の健康にとても良いことの意味が、少し分かってきたように思います。今後も続けたいです。




鳳来寺さんへの登山を! 間違えて行者越の道に!杉巨木の根が!ユズリハがいっぱいだった!

先週の木曜日(1月28日)は、かねてから計画していた鳳来寺山への登山を行いました。初めて登ったのは、2012年10月5日(ほぼ2年半ほど前です)で、このブログにもそのことを書きました。その時は、鳳来寺の門前町の駐車場に車を止めて、1425段の石の階段を上って鳳来寺から東海自然歩道を通って山頂に登ったのですが、階段の上りがつらくて山頂にたどり着いたときはへとへとでした。それに懲りて、今回は上のパークウェイの駐車場から登ろうと考えたのです。下からの階段の分だけ楽になるからです。今回のルートは、下のマップに見るように、鳳来寺パークウェイの駐車場から東照宮へ、そこから東海自然歩道を通って鷹打場展望台、天狗岩展望台を経て鳳来寺山(瑠璃山)に至るコースを歩くつもりでした。ところが東照宮の手前にも東海自然歩道の看板が出ていたのでその道を登り始めたら、いつまでたったも鷹打場展望台に着かないのです。どうも道を間違えたようで、行者越の道に入ってしまったようです。そこで、歩いた道を引き返したのです。でも行者越の道はスギやモミの巨木が生い茂り、気持ちの良い山道でした。

鳳来寺山ハイクマップ

  駐車場から東照宮に行く道も景色が良く、楽しい道行でした。鳳来寺山の岩壁がそそり立つ下のような風景が見事ですね。100m以上に垂直の岩壁が至るところにそそり立つのです。このような岩壁は、この地方の山の特徴ですね。地質に由来するのでしょう。

岩山の絶壁


  山道の途中から、下界がよく見え、下の鳳来寺の門前町が見えました。

眼下に鳳来寺門前町

  道の山側は岩壁なのですが、そこには無数のツララが垂れ下がったいました。この日も寒かったので、山の地下水が垂れてそのまま凍りついたのでしょう。ツララの数は、数え切れないほどでした。

岸壁にツララが

  ツララというのは、上から垂れてきた水が凍ってできるのが普通ですね。しかしここには、下の岩から突き出しているものがありました。下の写真のように、丸いあたまの柱のようです。鍾乳洞によく見られる石筍のようなでき方か、と思って上を見上げても真上にツララがないのです。どうしてこのような氷の造形が出来るのか、分かりませんでした。

面白い形のツララが

  
  さて、間違えた道(行者越)に入ったら、お墓がありました。立派な墓石が並んでいましたが、おそらく鳳来寺の代々の住職のお墓ではないかと想像しました。


住職のお墓?

  行者越の道は、はじめはゴツゴツした岩山を登る急斜面でしたが、そのうちになだらかな尾根に出ました。スギやモミの巨木が生い茂り、気持ちの良い道になりました。岩だらけの道であることには変わりはありません。そこにスギの巨木の根ががっちりと岩を捉えている場面がありました。下の写真のように、数mも太い根が伸び、岩に絡まっています。土がほとんどない岩ばかりの尾根上に、大きく根を張って生き延びてきた巨木の生命力に感動しました。

杉の巨木の根がすごい

杉の巨木のすごい根

  珍しい植物を見ました。連れ合いはヤブコウジではないか、というので調べたところ、ツルコウジではないかと思うようになりました。両者の判定はなかなか難しいです。

ヤブコウジ?が群生

  もう1つ、驚いたのは、道沿いの至るところに、下の写真のようなユズリハが生えていたことです。赤い葉柄の大きな葉が垂れ下がっています。岡崎ではよく見かけていたのですが、作手ではほとんど見ていません。ここも標高は600m以上あります。どういう生態をしているのでしょうか。

ユズリハがいっぱい

  この続きは、次回に回しましょう。



 

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。