スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルナシに実が!ツリバナの実がきれい!庄ノ沢湿地でキセルアザミ、ミズギく、ウメバチソウを!

   浦山林道の続きです。
  下は、サルナシです。ツル植物で、葉は、単葉、互生、細鋸歯、卵形です。実は、今は緑色ですが、秋が深まると楕円形で茶色に熟します。浦山林道を歩いたのは、この実を見つけるためでした。サルナシはキウイフルーツの近縁種で、実もとても美味しいそうです。もう少し熟すのを待たなければなりませんね。


サルナシに実が付いて

  ツルウメモドキの実も、オレンジ色になってきました。もうじき外皮が裂けて中から赤い種が出てきます。それが美しいのです。これももう少し待たなければなりませんね。

ツルウメモドキの実が

  感激したのは、ツリバナに赤い実が垂れ下がっているのを見たことです。赤い実がきれいですね。

ツリバナの実がきれい

  ところが、実を拡大してみると、中の種はありませんでした。下の写真のように、空っぽです。ということは、もう種は落ちてしまったということになります。もう少し前に来ていれば、種も見れたのに、と悔やまれます。

ツリバナの実中の種がない

  昨日は、久しぶりに庄ノ沢湿地を訪ねました。秋の湿地の植物たちを見たくなったからです。湿地に入るといきなりキセルアザミに出会いました。今年はノアザミなどアザミの花が少ないと思っていました。ここでも、例年よりは下の写真のキセルアザミは少ないと感じました。何か異変が起こっているのでしょうか。本名はマアザミと言いますが、花の頭を下げるのが特徴で、それがキセルのようなので付いた名前です。可愛いですし、きれいですね。

庄ノ沢のキセルアザミ

  ミズギくがいっぱい咲いていました。下の写真のようにきれいなのですが、花が終わった残りがいたるところにあり、最盛期は終わったことが分かります。去年はその最盛期に来たので、ミズギくの花園を堪能したことを思い出します。

ミズギくがいっぱい

  ウメバチソウも咲いていました。こちらは、まだつぼみがたくさんあり、これからが最盛期を迎えるようです。真っ白の花が群生するのは圧巻ですね。

ウメバチソウの白い花

  湿地特有のカヤツリグサ科のコマツカサススキです。枝の先端の方に丸い形の穂が数個付きます。その茶色がきれいなのです。

コマツカサススキの穂が

  サワフタギの近縁種、クロミノニシゴリに黒い実が付きました。サワフタギの実は鮮やかなブルーになってきれいなのですが、これは光沢のある黒になるのです。両者はとてもよく似ていて実がつかないとどちらかが分からないのですね。

クロミノニシゴリに黒い実が

  下は、湿地に生息するサワヒヨドリです。これまだ何度かフジバカマを紹介してきましたが、花はフジバカマとそっくりなので花だけでは区別がつきません。フジバカマは湿地には生えないことと葉の形が違います。

サワヒヨドリの花は

  サワヒヨドリの葉は、下の写真のように対生の葉で、鋸歯はあるものの裂けることはありません。それに対してフジバカマの下の方の葉は、5裂します。

サワヒヨドリの対生の葉







スポンサーサイト

ミツバアケビの実がいっぱい! アオツブラフジの実がきれい!ノコンギクの二種類!

   昨日は、浦山林道を散歩しました。病気明けで初めての散歩です。 
  沿道は、ミツバアケビ
たくさん生えていて、それに意外なほどたくさんの実がついていました。今年は生り年なのでしょうか。ミツバアケビの実は淡紫色に色付きます。それがきれいなのです。まだ割れてはいませんので、中身が甘くなっているかは試していません。、

ミツバアケビの実がいっぱい

ミツバアケビの実がいっぱい2

  下は、アオツブラフジの実を写しました。光沢のある青藍色の実がとてもきれいです。まだ緑色の実もあるので、これから全部が青くなるともっときれいでしょうね。秋が深まってくると、植物の実がいろいろの姿と色を見せてくれるので、楽しみにしているのです。

アオツブラフジの実がきれい

  下は、フジバカマの花です。白い花がセリの花のようで、きれいですね。葉は対生で上の方の葉は裂けてはいません。

フジバカマの白い花

  ところが、下の方の葉は、下の写真のように5裂する大きな葉なのです。茎の下のほうにつく葉と上の方に付く葉と違いがある植物はかなりたくさんあります。葉のつき方一つとっても、植物は複雑ですね。

フジバカマの葉

  ウメモドキが真っ赤な実をつけていて、とてもきれいでした。まだ赤くなっていない身もありますが、この木は全部真っ赤でした。

ウメモドキの真っ赤な実が

  下は、ノコンギクです。ありふれた雑草ですが、白い花がきれいです。今回は葉に注目してみました。ノコンギクの葉には鋸歯が明瞭です。

ノコンギクの花と葉

  ところが、鋸歯のない葉をもつものもありました。ホソバノコンギクです。披針形の葉で、互生です。ノコンギクとは明らかに違います。こんな種もあったのですね。

ホソバノコンギクの花と葉

  ヤクシソウに黄色の花が付き始めました。花が咲いているのを見たのは、今日が初めてです。黄色い花の花弁の先端が尖っていないで、切られたようになっています。その点はニガナと同じですが、花弁の数がはるかに多いですね。つぼみも特徴があって、ヤクシソウと分かります。

ヤクシソウの黄色い花

  ヌルデノフシムシに赤いコブができていました。ヌルデに寄生するアブラムシの一種がコブの中に入っているのだそうです。エゴノキにも同様の寄生中が付きます。それはエゴノネコアシといいますね。

ヌルデノフシムシの赤いコブ

  そのヌルデも、早くから紅葉するのです。下の写真のように、葉の一部が紅葉していました。全部紅葉するのはまだですが、いち早く紅葉を楽しむことができます。

ヌルデの紅葉が始まった 

  この続きは、次回に回します。


葉のつき方、花のかたちのいろいろあります。それを解説しましょう。

   何回か前に葉の形や葉のつき方について説明しましたが、ぼくが持っている図鑑(山渓ハンディー図鑑1 野に咲く花)の絵の方がわかりやすいので、それで説明しておきましょう。特に難しいと思われるのは複葉のうち、二回羽状複葉とか三回羽状複葉がありますね。羽状複葉というのは、一枚一枚の葉が独立して出てくるのではなく、同時に展開するのです。偶数と奇数というのは絵の通りです。二回羽状複葉というのは、絵の全体が同時に展開するのですが、葉全体がそれぞれの小葉と同じ形になっているのです。三回羽状複葉も同じことで、羽状複葉が三回繰り返すのです。面白いですね。ボクは三回羽状複葉以上の葉は見たことがありません。例に上がっているジャケツイバラは、宇連ダムのところで見て感激したのを覚えています。

葉の付き方008

  下の段の「3出」というのは、三枚セットで葉が展開するものを言います。その次の2回3出というのは、絵のとおり、3出複葉が二階繰り返されるのです。タカノツメが例として挙がっていますが、これは1回3出複葉です。下の写真のとおりです。

タカノツメに実が

  これまで何度も紹介したマツカゼソウは3回3出複葉なのです。こうなるととても複雑になります。下の写真がマツカゼソウですが、3回3出複葉ということが分かるでしょうか。

マツカゼソウが群生して

  次の掌状というのはゴヨウアケビが例に挙がっていますが、ボクの印象に残っているのは下の写真のムベです。5~7枚の葉が同じ茎から出ているのです。

ムベの束生する葉

花の形009

  花の形もいろいろあります。上の図鑑の絵のように、漏斗形、鐘形、壷型というのは分かりやすいですね。高杯形となるとすぐには出てきません。クリンソウもそれに近いかもしれません。舌形というのはカキドオシが例に挙がっていますが、最近紹介した花ではママコナがありました。下の写真の通りです。




  その隣りの蝶形となると、ボクは見たことがありません。カラスノエンドウが上がっていますが、それを見たことがあっても花の形までしっかりと見る目がなかったのです。もっと観察眼をつけないといけませんね。





ウラギンシジミの裏は真っ白!ゲンノウショウコの赤と白の花!ヒョウモンチョウがきれい!

  息子と孫が来て楽しく過ごしたのですが、こちらに来る前に孫が扁桃炎になり高熱を発したのですが、すでに治りました、しかし、それが母親に感染り来られなくなってしまいました。というわけで父親と孫がきたのですが、今度は父親が扁桃炎にかかり、高熱で苦しみました。医者に行き薬を飲んで治り、元気になって東京に帰って行きました。ところが今度は、僕がかかってしまったのです。昨日は高熱が出て苦しい思いをしました。それも医者から処方していただいた薬で良くなりつつあります。というわけで、病み上がりでこのブログを書いています。
 
    下の真っ白のチョウは、ウラギンシジミというシジミチョウの仲間だと思います。大分開くのを待ったのですが、開いてくれませんでした。開くと黒地にオレンジ色の模様がきれいなのです。残念ですが、仕方がありませんね。

ウラギンシジミの白い裏

  先回はカタバミの花が閉じている写真をお見せしましたが、今回は花が開いています。太陽がさんさんと輝いていたからです。

開いたカタバミの花

  下は、ゲンノウショウコのピンク色の花で、その下が白の花です。両者が共存していました。花の色は違いますが、葉はまったく同じですね。3裂する葉に特徴がありますね。

赤いゲンノウショウコの花

白いゲンノウショウコの花

  下は、フジバカマの花に止まったヒョウモンチョウの仲間だろうと思います。ヒョウモンチョウの仲間は、同定が難しいです。そのうちのどれかは分かりません。きれいですね。

フジバカマにヒョウモンチョウが

  わが家の庭に、今ヤブランが咲いているのですが、昔は一箇所に大きな株を作っていたのですが、今はそこから種が飛び散ったのか、広い範囲にヤブランのはなが咲いています。淡い紫色の花で、秋には光沢のある緑色の実が付き、さらに真っ黒に熟します。というわけで三つの色合いを見る楽しさがあり、ボクの好きな草本です。

拡散したヤブラン

  お隣さんからいただいて畑に植えたキクイモが大きく成長し、どんどん面積も広がりました。去年冬に近づいた時、掘り起こしたのですが、ものすごくたくさんのイモが採れました。掘っても掘っても次から次へとイモが出てくるのに感激しました。今年ももっとたくさんの芋が取れるでしょう。醤油漬けとか味噌漬けにして食べると美味しいのです。

庭のキクイモの花

  このところ、息子や孫が来たり病気をしたりして、外に外出できず、ブログを書くネタがなくなりました。準備ができたら、また書きます。





サワフタギにブルーの実が!ツチアケビがあった!ヒガンバナにミヤマカラスアゲハが!

  先回の台風の影響で、ウメモドキの木が倒れていました。他の場所では実が真っ赤になっているのに、ここはまだ白っぽい実がたくさん付いています。

倒れたウメモドキ

  こんなところにツチアケビが赤い実を付けていました。めったに見られない種ですので、こんな場所に生えていたことに驚いたのです。赤い実が印象的な植物ですね。

こんなところにツチアケビが

  サワフタギにブルーの実が生っていました。これを見たかったのです。わが家の庭にもあるのですが、まだ実はブルーになっていません。光沢のある見事なブルーの実が美しいです。

サワフタギのブルーの実1

サワフタギのブルーの実2

  ホオノキにも実がついていました。花は大きな白い花ですが、実は赤褐色の長楕円形の実になるのですね。知りませんでした。

ホオノキの赤褐色の実

  下は、イソノキの実が生ったところを写しました。真黒い実がなるのですね。
   こうして見ますと、秋は実が美しくなるのですね。

イソノキの黒い実が

  オオオナモミにイガイガの実が生っていました。小さい頃、このひっつき虫に悩まされたことが思い出されます。

オオオナモミのイガイガ

  まだ、クルマバナが咲いていました(下の写真)。だいぶ遅くまで咲いていることに驚きました。花期が長いのですね。

クルマバナがきれい

  うまくショウリョウバッタが止まったところを写すことができました。昆虫は素早い動きをしますので、なかなかうまく撮れないのです。細長い体と、長い手足が見事ですね。

ショウリョウバッタが止まった

  下は、ヒガンバナに偶然にもミヤマカラスアゲハが止まったところを写したものです。10数枚写しましたが、うまく写せたのが下の写真です。感激の一瞬です。きれいですね。


ヒガンバナにミヤマカラスアゲハ

  ヤマボウシの赤い実がきれいでした。球の表面にあるボチボチが面白いですね。

ヤマボウシの赤い実が






ウメモドキの実が真っ赤に!カタバミの花が寝ていた!イタドリの若葉は赤い!ゲンノウショウコの赤い花は珍しい!

  この連休に、息子と孫がきました。久しぶりの来訪なので、嬉しいです。二三日、孫の遊び相手は疲れますが、可愛いです。

   さて、近所をひと回りした時の続きです。下の写真のように、ウメモドキの実がすべて真っ赤になりました。きれいです。秋になったのですね。


ウメモドキの実が真っ赤に

  カタバミの黄色い花がたくさん咲いていました。しかし、下の写真のようにしぼんでいます。カタバミの花は日が出ているあいだは開くのですが、暗くなるとしぼむ性質があるのです。夕方だったからです。そのような性質を睡眠作用と言います。ネムノキの葉もそうですね。

カタバミの花が閉じていた

  菅沼川の土手を歩いていたら、赤い葉の草がたくさん生えていました。イタドリです。イタドリの若い葉は赤くなるのですね。最近土手の草を刈ったので、その後に生えてきた若葉だからです。

土手にイタドリの赤い葉が

  下は、ゲンノウショウコです。普通は花は白なのですが、これはピンクです。珍しいので写しました。きれいですね。ピンクの花h多いのですが、葉の形が独特ですので、覚えておくとすぐに識別できます。

ゲンノウショウコの赤い花が

  この地方ではありふれたフジバカマの花ですが、よく見るとカマキリが止まっていました。カマキリが逆さまになって腕を伸ばしているのが分かるでしょうか。

フジバカマにカマキリが

  ここにもアキカラマツが咲いていました。どこにもある植物なのですね。

アキカラマツがここにも

  菅沼川の土手にヒガンバナが群生していました。真っ赤できれいです。強烈な色ですね。

土手に生えたヒガンバナ

  田んぼの稲が収穫間近ですが、先の台風で田んぼの稲が寝てしまって、農家の方が修復していました。山の沢から出た水があふれて田んぼに入って稲を倒してしまったのです。稲が倒れると、コンバインで収穫することができなくなるので、収穫作業が大変になるのですね。ご苦労様です。

台風の被害で倒れた稲














田んぼが色づききれいです!ツルボ、ヒガンバナが咲き始めました!ニラの花がきれい!

   今、里山の風景が最高にきれいな時です。それは田んぼの稲が実って、風景の世界が黄色一色になるからです。昔、マルコ・ポーロは中国を旅して中国人から、東の方の国、日の本は黄金の国と聞いてそれを見聞録に書いたため、その国をジパングと報じたのですね。それから日本は世界中でジャパンと呼ばれるようになったと聞いています。自分の国を別の名前で呼ばれるなんて、めったにないことですね。しかし、マルコ・ポーロの報告でそこに行きたいと思う人々がたくさんいて、世界の探検が始まったことを学校で習ったことを思い出しています。まさに黄金の風景ですね。
  マルコ・ポールにそのことを伝えた中国人は、なぜジパングと言ったのでしょうか。それは、日の本、日本(ジツポン)、ジパンとなまって、日本の国をジャパンというようになったのではないか、と思っています。正確には知りません。
  下は、わが家の前の田んぼの風景ですが、今日には刈られてしまうようです。一斉に収穫が始まったからです。


色づいた田んぼが

  下の写真は、わが家の台風の爪痕です。竹の垣根が倒れていますが、実はそこにシラカバの木が立っていたのですが、道の方に倒れて、竹フェンスが道の方に倒れていたので、危険なので逆の方向に倒したところを移しているのです。そのために、そこに生えていた二本の大きくなったムクゲを切り倒したのです。今は、竹フェンスも片付けて薪にし。すっきりとしています。

倒れた竹フェンス

  近所を散歩したら、ツルボがピンクの花を付けていました。清楚できれいな花ですね。今は、いたるところに群生していてきれいです。

ツルボがきれい

  猪や鹿の害を防ぐために建てられた金網に、アオツブラフジが巻きついていて、たくさんの実を付けていました。これから秋が深まると、実が青藍色に熟すのですね。

アオツブラフジの実がいっぱい

  先回もご紹介しましたが、オオオナモミがイガイガの実をたくさん付けていました。

オオオナモミにイガイガの実

  そのイガイガの実をアップで写していたら、そこにバッタが止まっていました。種類はわかりません。茎から樹液を吸っているのでしょうか。

オオオナモミにバッタが

  下の写真の植物は、雑草としてしばしば見かけるのですが、種名は分かりません。牧草ちによく生えていますので、牧草なのかもしれません。

このっ草本は?

  今、いたるところにヒガンバナが咲いています。真っ赤な花は良く目立ちますね。名前のとおり、お彼岸に近づくと咲き始めるのですね。今年は少し開花が早いようです。

ヒガンバナが群生

  毒々しいほど真っ赤の花弁で、そこから細い雄しべが突き出している様子は、他のは何は見られない実に不思議な姿ですね。

彼岸花をアップ

  ツルボとヒガンバナのつぼみが共存していました。

ツルボとヒガンバナ

  数日前、巴山ー獅子が森コースを散歩した時、いつも生えているところにセンブリを見つけました。花が咲くと目立つのですが、花がないと葉が地味なので見つけるのが難しいのです。花が咲いたら採取に来ようと思っているので、場所を確認しているのです。胃の薬として使いたいからです。

センブリがありました

  帰ってきて、庭を見たら、友人からいただいて植えたニラに白い花が咲いていてきれいだったので、写したのが下の写真です。茎の先端から放射状に花序が出てそこに白い花をたくさん付けます。それが美しいのですね。

ニラの白い花が






ヒヨドリジョウゴ、イシミカワの葉の形が面白い!いろいろの羽状複葉の葉!

  台風のあと、作手では急に寒くなってきました。昼間の暑い時、散歩で森の中を歩いても、風が来れば寒いくらいです。秋になったのですね。
  さて、前回の続きで、開成地区の散歩道です。

   下の植物は、常緑のようですが、種名は分かりません。葉は単葉で全縁、互生するようです。細長い卵型で、先端は尖り葉のもとはくさび型、葉柄は1cm程度の特徴があります。茎の先端から花序が出ていますが、花はすでに終わっているようです。

この常緑の植物は?

  下は、ヒヨドリジョウゴです。ワルナスビと同じナス科の草本です。花はワルナスビそっくりですね。葉の上の方はハート型で葉柄が比較的長く、2~3cm。下の方の葉は、3裂ないし5裂するように切れ込んでいることが特徴で、葉の形はワルナスビとは全く違います。今は光沢のある緑色の実ですが、秋が深まると真っ赤に熟します。

ヒヨドリジョウゴに実が

  下は、イシミカワというタデ科の草本です。三角形の葉が特徴的ですね。こんな形の葉をもつ植物はあまり見たことはありませんね。三角形の葉も少し変形して牛の顔のように見えるものもあります。枝の先端についているのが実で、秋には青藍色に熟します。あまり見られない種ですね。

イシミカワの三角の葉

  下は、深い切れ込みのある3裂する葉の植物で鋸歯があり、葉柄や茎が暗赤褐色の特徴を持っています。葉の根元から花芽が出て散房状の花が咲いています。こんな明瞭な特徴のある植物ですが、名前を特定できないでいます。教えていただければ嬉しいです。

三裂する葉の植物は?

  下は、ヒメコウゾの葉を写したものですが、正常の葉は単葉で互生、卵型の形なのですが、変形した葉もあるのです。下の写真の葉葉、深い切れ込みがあって3列しているように見える葉もあります。

変形した葉のヒメコウゾ

  下は、ヒメコウゾの正常な葉ですが、少しばかり変形して切れ込みのある葉もあります。
 葉の形は、同じ種でも非常に変化があるものなのですね。ヒヨドリジョウゴのように、上の方の葉と下の方の葉の形が違うのものあり、一部分だけを見て判断するのは危険なのですね。


正常の葉のヒメコウゾ

  日曜日は、まだ台風の雨が降っていなかったので、岡崎の家の近所を散歩しました。
  下は、隣りの畑に植えられているタラノキの葉を写しました。羽状複葉の葉であることは分かると思いますが、羽状複葉の葉が付いている枝そのものが羽状複葉なのです。こういう葉のつき方を二回羽状複葉と言います。さらに言えば、小葉が5対で先端に一枚ありますので、奇数羽状複葉ということになります。
小葉は卵型で葉柄がほとんどなく、全縁です。同じ形の葉を二回繰り返しているという意味です。三回羽状複葉というのもあります。

2回羽状複葉のタラノキ

  下は、奇数羽状複葉の例としてニワウルシを写しました。この羽状複葉の小葉が数が多く、中央の葉で数えてみると13対、26枚の小葉ということになり、先端の一枚を加えて奇数となるわけです。夏には葉の付け根にたくさんの鞘に入った実をつけるのですね。

羽状複葉のニワウルシ

  下は、ヌルデの葉を写したものです。典型的な奇数羽状複葉の葉ですが、小葉は鋸歯が明瞭で、卵型、先端が尖っており、葉柄はほとんどありません。よく見ると、葉の中軸の茎が線ではなく幅広く広がっていることに気付きますね。それをと呼んでいます。羽状複葉の植物は多いですが、ヌルデはこの翼があることで容易に区別できます。他の例としては、ニシキギも翼がありますね。

ヌルデに翼が

  下の植物は、種名がわかりません。しかし、その葉の形は、二回羽状複葉の形を典型的に表現していますので写したのです。奇数羽状複葉で5枚セットになっており、小葉も5枚セットで同じ形です。先端の葉が一番大きく、5裂しています。その後、何度もであって調べて分かりました。センダンでした。しばしば聞く名前だったのですが、知りませんでした。

二回羽状複葉の葉?







サルスベリの花にモンキアゲハが!ハナズオウに初めて出会った!オオオナモミ、ツルニンジンに出会った!

  文珠山コースでいつも車を止めるところにサルスベリの花が咲いているのですが、そこにモンキアゲハが飛んできて止まりました。後羽に白い斑点が目立つチョウです。美しい花に美しいチョウが見られるなんて、幸せでした。

サルスベリの花にモンキアゲハが

  翌日は、開成地区の散歩コースを歩きました。
  その最初から種名がわからない落葉低木に出会いました。下の写真のように、鞘に入った実をたくさんつけています。単葉で全縁のハート型の葉で先が尖っているのが特徴です。見たことがありません。
と書いたのですが、枝豆のような実がついているのでマメ科を図鑑で調べていたらありました。ハナズオウでした。春にピンク色の花がたくさんついてきれいだそうです。見たみたいですね。初めて同定できた種です。うれしいです。


この植物は?サヤ

この植物は?サヤ2

  酪農場の周辺は広い草地になっているのですが、そこにオオオナモミの群生地があります。下の写真のように、大きな3裂するハート型の葉の中に実が見えていますが、イガイガの実はまだはっきりとしていません。いわゆる引っ付き虫の実はまだのようです。これは北アメリカ原産の帰化植物で、多少の頃岡山県で発見され、今は全国に広がっているそうです。
 つい聞きなれない言葉を使ってしまいました。葉の形で、葉に切れ込みがある葉で、三つに分かれるものを3裂する葉と言います。5裂する葉も、7裂する葉もあります。
みなさんよく知っているヤツデは7~9裂する葉ですね。秋の紅葉の代名詞になっているイロハモミジは、5~7列しています。

オオオナモミだろう

  ツリフネソウの群生地もありました。下の写真のように、ダークグリーンの色の卵型の葉で鋸歯が明瞭ですね。花が舌状でピンクの色がきれいです。

ツリフネソウが群生し

  ウメモドキの実が赤く色づいてきました。もうじき、すべての実が真っ赤に色づくのですね。それが早くみたいです。葉の形から言えば、単葉で細鋸歯があり、先端が尖る卵型といえば良いのでしょう。見えにくいですが、互生のようです。

ウメモドキ赤くなり始め

  下は、おそらくツルニンジンだろうと思います。別名ジイソブと呼ばれます。つりがね上の花が開くのですが、まだつぼみのようです。咲いて内部が見えないと判定は難しいのですが、内部に斑点があればバアソブです。ジイソぶというのは、バアソブに似ているけれども花の色などが違うことから、対比して付けられた名前です。葉の形やつぼみの形からツルニンジンと判断しました。葉が三枚セットになっています。
  このような葉の出方を、3出複葉と言います。タカノツメも、ツタウルシも葉が3枚セットですね。


ツルニンジンバツ名ジイソブ

  ムラサキシキブに紫色のきれいな実に色付きました。秋になったのですね。この写真に観るように、葉のつき方は対生です。葉を正面から撮っていませんので、葉の形は分かりませんが、先端が尖った細い卵型の葉が特徴です。その根元から花芽と実がつくのですね。茎の色は赤褐色です。

ムラサキシキブの実がきれい

  下の写真の植物も、種名がわかりません。とても印象に残る葉の形ですね。こういう形は、大きく見て3列しており、それぞれの葉が大きく波打つような形です。こんな特徴ある葉の形なので、そのうち見つかるでしょう。

この草本は?変形した葉

  今、キハギに花が咲き始めました。落葉低木ですが、その薮のすべてのえだに花がつくので、木全体が赤っぽく輝いているのです。きれいですね。

キハギだろうと思う

  下は、カナムグラです。この葉は、5列しています。鋸歯も明瞭ですね。その中から茎が上に伸びてたくさんの白っぽい花をつけています。

カナムグラが群生して

  この続きは、次回に回しましょう。




文珠山コースでいろいろのキノコと出会った!ツルアリドウシの赤い実!モミの球果が!

  日曜日と月曜日の台風はすごかったです。未明の大雨と強風にたたき起こされました。長年楽しませてもらったシラカバの木が倒れてしまい、竹で作った垣根が道の方に倒れてしまったのです。そして、庭の中央のカツラの木に枝が折れて垂れ下がりました。すごい風だったのですね。シラカバの木はこのところ勢いがなく、葉が真夏なのにすぐに落ちてしまうのです。カミキリムシでも入ったのではないかと思っていたのですが、根元から切ったら切り口の穴からやはり白っぽい幼虫が出てきました。
  そのほかの被害としては、家の中の雨漏りです。でも、それほどひどくはなく助かりました。完全ではありませんが、それらの修復をほぼ終わることができました。浸水被害や土砂崩れに出会った人々が多いと報道されていますが、一日も早い復旧ができるよう、祈ります。


   さて、台風前の12日は、塞の神城址と文珠山コースを歩きました。夕方森の中を歩いたので、暗くてどうしてもピンボケが多くなりました。このコースでは、いくつかの珍しいキノコに出会いました。下は、白い花のような形のキノコなのです。こんなキノコは見たこともありません。キノコ類の種の同定は
非常に難しいので、皆種名は分かりません。

白い花のようなキノコが

  下は、ラッパのような、あるいは盃のような形のキノコです。赤くてきれいですね。

赤い盃のようなキノコ

  下は、ずんぐりと太ったキノコです。傘が濃い茶色できれいです。

太ったキノコ

  次は、黄色い傘の太いキノコです。黄色い傘のキノコは見たこともありません。

黄色い傘のキノコが

  暗い森の中の林床に這うように、ツルアリドウシが赤い実を付けていました。ピントが悪くてよく見えませんが、ネットで調べたところ、春に白い花が二つ対になって咲き、その根元に一つの実が出来るそうです。そのため、実には花が付いていたところに二つの穴が空くのだそうです。下の写真では、かろうじて見えますね。面白い生態ですね。

ツルアリドウシの赤い実が

  人工林の中に時々モミの木が見られます。下の写真のように、樹木の上の方の枝に白っぽい球果が輝いています。

モミの輝く球果

  その球果が道に落ちていました。松ボックリと似た大きさなのですが、下の写真のように黄緑色でずんぐりとしていてかなり大きな感じです。ウロコのようなものの中に種が入っていて、冬にはウロコが剥がれて種が散布されるのですね。

モミの球果が落ちていた

  昨日は大分雨が降ったためでしょうか、モミの球果が落ちていたり、下の写真のようにコナラのドングリが落ちていました。葉をつけたまま落ちてきたので、強風でちぎれて落ちてきたのでしょう。

コナラのドングリが落ちていた

   文珠山の山頂で、ヒガンバナのつぼみがたくさん出ていました。もうお彼岸の季節になるのですね。つぼみは白いので、白いヒガンバナではないかと思います。咲いたらきれいでしょうね。

文珠山のヒガンバナ

  下の写真の植物は初めて見ました。ツル植物で、黄色い花が垂れ下がっていました。キケマンの花に似ているのですが、図鑑でその種の周辺を調べても該当するものはありません。とてもきれいな花ですね。結局、種名はわかりません。どなたか教えてください。と書きましたが、ある方から教えられて、ノササゲというマメ科の草本と分かりました。

黄色い花が?1

黄色い花は?2






植物の葉の特徴を知ること 簡単な説明をします。

  植物をこれまでにたくさん紹介した来ましたが、その中で断りもなく葉の形や葉のつき方、花のつき方など、植物学の専門的な言葉で表現してきました。それでは素人にはわかりにくいという声がありましたので、そのことをこれから少しずつ解説していきたいと思います。それは、ボクの勉強のためでもあります。図鑑などの解説が分かりやすくなると思いますし、植物の特徴を正確に捉えて種を判断するのに役に立つと思います。植物図鑑には必ず図入りで説明がありますので、詳しくはそれを見てください。先ずは、葉の形から。

  常緑と落葉:常緑は年中葉が付いている植物を言いますが、葉が落ないわけではなく、冬には一部が落ちます。葉が厚ぼったく光沢があることが多いです。落葉は、冬になるとほとんどすべての葉が落ちる植物です。
  単葉と複葉。単葉とは、枝から出る葉が一枚一枚独立しているもので、複葉とは、一枚の葉が複数の葉(小葉)からなるものを言います。例を上げてみましょう。下は、単葉の一例で、ヤブデマリの葉です。一枚一枚の葉は独立しています。葉の根元で茎と葉のあいだの部分を葉柄と呼びますが、この場合は3~4cmくらいの長さです。これが長いものからほとんどないものがあります。
  葉柄の色
もそれぞれの種によって特徴があります。これは赤っぽいですね。
  全縁と鋸歯:葉の縁がギザギザしていますが、それを鋸歯と呼んでいます。ギザギザがないものを全縁と言います。ヤブデマリは鋸歯が明瞭ですね。多くの場合は鋸歯は葉脈の先端に突き出ますが、そうでないものもあります、波型、鋸歯が重なる重鋸歯、歯型などがあります。

ヤブデマリ単葉

  下は、鋸歯を持つ葉に対して全縁の葉をもつサカキの例です。常緑で厚ぼったい葉で、表面がテカテカと光沢があります。常緑の葉の特徴ですね。この例では、葉の根元に尖ったものが付いていますが、これを托葉と言います。葉の一種ではあるのですが、正常の葉のように大きくはなく、小さく茎につくことが多いです。

全縁托葉サカキ

  下は、羽状複葉の例としてユクノキを挙げました。一枚の葉が複数の小葉からなっています。この場合は、小葉は9枚です。多くの場合は小葉は左右同じところから出ますが、この場合は互い違いに出ています。前者は葉のつき方として対生、後者は互生と言います。互生の小葉がつく植物なんてあまり聞いたことがありません。珍しいです。

羽状複葉ユクノキ

  下は、イヌザンショウを例に羽状複葉の説明をしましょう。小葉は対生で、8対あり、先端に一枚ありますので、奇数の小葉からなります。それで奇数羽状複葉というのです。先端に葉を付けない偶数羽状複葉の植物もあります。このイヌザンショウの場合は、小葉に鋸歯があります。葉のつき方にリズムを感じますね。

羽状複葉イヌザンショウ

  葉全体の形ですが、初めのヤブデマリの例で説明しておきます。これは卵型で良いでしょう。真ん中の部分が膨らんでいます。もう少し細長い楕円形の葉もありますし、ヘラ型もあります。葉柄の部分が凹んでハート型もあります。葉の基部の形には、葉柄に向かってくさび型になる形もあります。切れる形(切型)もあり、耳型、矢尻型もあります。葉の先端が尖っているものも、丸いものもあります。ヤブデマリは尖っていますね。
 葉の大きさも重要な要素です。茎から中脈の先端までの長さを葉身と言いますが、その長さを測ると良いのです。植物によっては葉身はかなり変化がありますので、最大のものと最小のものを測ると良いのです。葉身に直角に葉の幅の長さも重要です。
 葉脈ですが、葉の真ん中に葉脈を中脈と言い、そこから出ている葉脈を側脈と言います。中脈は真っ直ぐなものが大部分ですが、側脈は丸いものから放射状のものまでいろいろあります。側脈が葉の縁まで達するものもあり、途中で丸く曲がって縁に達しないものもありますヤブデマリは側脈が直線的でほぼ平行に葉縁にまで達していますね。

  先ずは、この程度の説明に止めましょう。具体例に沿って、これから少しずつ植物学的な特徴を説明することにしますね。

モミジガサを発見!ヤブタバコ、ガンクビソウ、ボントクタデも確認!

    昨日は、菅沼から入った守義林道を歩きました。
  下の写真は、何を写したと思いますか?
 実は、アレチヌスビトハギが真っ白になるくらい群生していたのです。こんなに群生しているのは、初めて見ました。

アレチヌスビトハギが群生して

  下の写真のバッタは、図鑑を調べていたら、フキバッタではないかと思うようになりました。イナゴの類ですね。尻尾や肘の色が黒いのが図鑑と違うところです。詳しくは分かりません。

フキバッタだろう

  今回の散歩で嬉しかったのは、モミジガサを発見できたことです。作手でここを含めて2箇所しか見ていません。めったに見られない植物種ですので、感激したのです。下の写真では、葉の形を見てください。5裂ないし7裂する手のひら状の葉の形が特徴的です。そのかたちがモミジのようなので、その名がついたと思われます。花は、細長いラッパ状の白い花で、先端が開けて中から雌しべや雄しべが見えます。写真はちょっとピンボケですが、・・・。

モミジガサがあった

モミジガサの白い花

  道端を歩いていたら、ネジバナがまだ咲いていました。4月頃から咲いている花ですよね。秋の入口なのに、まだ咲いているなんて、信じられません。花期が長いのですね。

まだネジバナが咲いていた

  久しぶりにヤブタバコに出会いました。ずっと昔、庄ノ沢湿地の奥の林道で見たことがあります。普通の卵型の葉の根元に、黄色っぽい花を付けます。葉の主脈が白く浮き上がっているのが印象的です。

ヤブタバコを見つけた

  下の写真は、ご存知ツリガネニンジンですが、花は一つしかなく、これを写したのは、その実です。花の下に、楕円形の緑色の実を付けています。こんな実を付けるなんて、知りませんでした。。

ツリガネニンジンに実が

  下は、トウバナが群生しているところを写しました。塔のような花穂に小さな花が散点しているのが分かりますね。独特の花のつき方です。

トウバナが群生し

  下は、ポントクタデというタデの仲間です。あまり見られない種で、珍しいので写しました。赤い花がきれいですね。花ではなくつぼみなのかもしれません。

ボントクタデは珍しい

  下は、ミズヒキソウですが、花が赤くはなく白いのです。ミズヒキソウの花の色はいろいろあるようです。見る角度によっても違いますし、白い花もあるのですね。

白いミズヒキソウが

  ナガコガネグモが巣を張っていました。黄色と黒の縞模様がきれいです。

ナガコガネグモがいた

  下は、ガンクビソウです。これも庄ノ沢湿地の奥の林道で見たことがあるのですが、しばらくぶりで見ました。懐かしい思いがしました。ガンクビという名が面白いですね。名前の由来を詳しく知りたくなりましたが、図鑑の説明は今ひとつ納得がいきませんでした。

ガンクビソウが咲いていた

  黒っぽいアゲハチョウが飛んできて止まったのですが、よく分かりません。アゲハ蝶の仲間は、区別が難しくてよくわかりません。あえて言えば、ジャコウアゲハかなあ、と思います。

ジャコウアゲハか?

  下の写真の植物は、種名がわかりません。緑色の光沢のある実がきれいです。どなたか教えてください。と書きましたが、下の写真の右端煮紫色の花のようなものが見えますが、それがアメリカイヌホウズキに似ていることを思い出し、図鑑で調べたところ、近縁種のイヌホウズキでした。

この植物は何だろう?




 









ミヤマフユイチゴ、ナキリスゲ、メヤブマオを初めて同定!マツカゼソウとツリフネソウがきれい!

   昨日の11日は、菅沼から東の方の林道で、守義林道を歩きました。しばらくこのコースは歩いていないから、どんな生き物に出会うかわくわくしながら歩きました。
  下の写真のように、マルバハギが咲いていてきれいでした。


マルバハギがきれいで

  下は、初めて確認した種で、ミヤマフユイチゴというイチゴの仲間です。フユイチゴによく似ているので、それだと思っていたのですが、そのすぐ隣に載っていた種でした。葉の形が違うこと、細かな鋸歯があること、白い実のようなものがつくことなどから判断しました。この白い実も、秋に熟すと真っ赤な実になるのです。初めて同定できてうれしいです。

ミヤマフユイチゴに白い実が

  下の写真の、細くて長い葉で、白っぽい穂を持つ植物も、初めて同定できた種です。ナキリスゲです。独特の姿ですね。

ナキリスゲの細い葉

  下の写真の種は、どうしても分からないのです。葉は互生し、各葉の根元から花芽が出て、その先にちいさな白い花をつけているのです。葉の出方が茎の下の方に向かって傾いて付いているのです。それが面白いですね。巴山コースの森の中でも見ています。

この草は??

  沿道にマツカゼソウが群生していました。羽状複葉の丸い葉と白い花が印象的です。

マツカゼソウに白い花が

マツカゼソウ群生し

  この道には、ツリフネソウがいたるところに咲いていました。赤い花がよく目立ち、きれいです。作手ではよく見かけるのですが、他の地域ではなかなか見られない貴重な種のようです。

ツリフネソウに赤い花

  赤紫色の舌状の上下の花弁で、下の花弁が大きく、その中に黄色いものが見えます。さらに奥の方は白地に赤い斑点が見えます。面白い花の形と色の組み合わせですね。

ツリフネソウの赤い花を

  下の写真の植物も、見たことがなく種は分からないのです。どなたか教えてください。

この草は???

  下は、メヤブマオだろうと思います。葉はヤブマオと同じですが、穂が細いのが特徴です。これも、ボクは初めて同定しました。ヤブマオと区別ができるようになって嬉しいです。それにしても、大きな葉のギザギザはすごいですね。

メヤブマオを初めて

  イヌザンショウの実に真黒い実が出てきました。いずれは全部真っ黒になるのですが、光沢のある黒い実はきれいです。

イヌザンショウに黒い実が

  ツル植物のアオツブラフジに紫黒色の実になってきました。きれいですね。

アオツブラフジの紫黒色の実が

  去年、初めて気づいたのですが、植物の熟した実がじつに美しいことを発見した報告してきましたが、今年も、実に注目して秋の植物を観察したいと思っています。




巴山コースで メハジキの花が終わりかけていた!ゴンズイの実がきれい!チョウセンアサガオ群生!

  9日の月曜日は、巴山コースを歩きました。前に行った時はメハジキがまだだったので、もう咲いているかと思って行ったのです。咲いていましたが、もう盛りは過ぎていました。下の写真が花と葉を写したものです。細長く7裂する葉が特徴的ですね。花は花弁が淡いピンクと濃いピンク色できれいです。シソ科のメハジキ属です。

メハジキの花と葉は

メハジキのピンクの花が

  大部分は花が終わって、下の写真のように、対生の葉の根元に実が付きます。段々になって姿がきれいですね。

メハジキ花が終わったところ

  先回行った時、チョウセンアサガオが群生している様子を見ましたが、今回は下の写真のようにもっとたくさん花を付けていました。

チョウセンアサガオが群生し

  その中に、イガイガの実がたくさんついていました。クリの実のように刺トゲなのです。面白い形ですね。

チョウセンアサガオの実は

  前から存在を知っていたゴンズイが赤い実をたくさん付けていました。花序も赤いので、まるだ赤い花が咲いたようにきれいです。

ゴンズイの赤い実が

  ここに来たのは、前に見たズミの実がどうなったか知りたかったからです。一つのズミには実が落ちてしまったのか、全く実が見られなかったのです。しかし、奥の方のズミには、鈴なりに実がついていました。下の写真のように。その数の多さに驚かされます。アップしてみますと、梨よりも少し小さいくらい(6~8cm)で、色もなしによく似ているのです。ズミは別名コナシですが、なるほどと思いました。採って食べたかったのですが、群生するススキに阻まれた近寄れませんでした。どんな味がするのでしょうか。

ズミの実が鈴成り

ズミの実が小梨に似る
  
  下の写真のように、チカラシバが群生しているところがありました。穂を出し始めた、その存在が分かりました。穂の根元に種がついていて、それが風に飛ばされた種子が散布されるのですね。


チカラシバが穂を出した

チカラシバの穂が






スズメウリの実と花が!ヌルデノフシムシが寄生!ミズヒキソウの花がきれい!

ルリタテハがきれいで

  3日に浦山林道を歩いた時、上の写真のルリタテハを見ました。黒地に瑠璃色の帯を持つきれいなチョウです。久しぶりに出会いました。
  下は、クサギの花です。葉をちぎると臭い匂いがするので付いた名前ですが、花はこんなに美しいのに、名前のつけ方は何とかならないのでしょうか。


クサギの花はきれいで

  スズメウリの実が垂れていてきれいでしたので、下の写真を写しました。白い花もまだ残っていました。花がしぼむと実が大きくなっていくようですね。ハート型の葉も特徴ですね。カラスウリとかキカラスウリと近縁種ですが、スズメウリは実がずっと小さいです。

スズメウリの花と実が

  ヌルデノフシムシというヌルデに寄生するアブラムシの一種が中に入っており、枝にコブを作るのです。写真のように赤っぽかったり、緑色であったりします。去年ここで初めて見て驚いたことを思い出します。

ヌルデノフシムシの赤いコブ

  下はアオツブラフジの実です。ツル植物ですね。葉が見えないので分かりにくいかもしれませんが、実は青黒い色をしているのでそれと分かります。まだ緑色の実も残っていますので、青黒い実が付いたばかりなのでしょう。

アオツブラフジの実が青

  先回も分からない種として報告したものです。前とは違って、花のつき方が先端の方に偏っているように思います。きれいな花なので、是非とも名前を知りたいです。

分からない花が1

  下の写真の植物も、結局名前が分かりません。フジバカマのようにも見えるのですが、葉が下の方に見えますが、5列するのでフジバカマとは違います。花もだいぶ感じが違っています。

分からない花が2

  下の写真の植物も分かりません。実がたくさんついているのですが、実の頂辺に赤いつぶのようなものがあります。特徴的なのですが、種は皆目見当もつきません。以上、3種をご存知の方は教えてくださればありがたいです。

分からない実が

  どこにでも生えている雑草の代名詞のようなヨモギなのですが、ボクは花が付いた時の様子を見たことがなかったのです。今回初めてヨモギの花を見ました。小さい白い花がいっぱい付くのですね。

ヨモギの花は

  森の中の暗い道端に、ミズヒキソウが赤い花を付けていました。暗い森の中での赤い花は印象的でした。

ミズヒキソウがきれいで

  道端にイタドリの花が咲いていてよく目立ちました。ボクらの背丈よりも大きくなる草ですが、花も大きく咲きますね。淡黄色の花がきれいです。

イタドリの花はきれい

  ちょっとびっくりする光景を見ました。アセビの実が下の写真のように真っ黒なのです。あるいは黒褐色と言ったら良いのでしょうか。こんな色のアセビの実は見たことがありません。何か異常な個体なのでしょうか。

アセビの黒い実が






アセビの実のものすごい数!こんなところにサワギキョウガ!タラノキに大きな花が!

   鬼久保広場には街路樹としてフウの木がたくさん植えられているのですが、秋の紅葉がとてもきれいなのです。下の写真は、カエデの仲間の特徴である、ブーメランのような実が付いていました。八の字のように広がった羽の根元に、丸い緑色の種が見えます。面白いですね。

フウの赤い実が

  また、アセビにびっしりと実が付いていました。こんなにたくさんの実がつくなんて、驚きです。どんな植物も、驚くほどたくさんの実をつけます。それぞれの植物の生き残りの戦略なのですが、それらの実はほとんどが、鳥に食べられたり、他の植物に覆われて発芽しなかったりして、朽ち果ててしまうのですね。自然の淘汰はすごいものだと思います。

アセビに実がびっしり

アセビに実がびっしり2

  鬼久保広場の湿地に行ってみました。そこにある小さな池にギンヤンマが盛んにしっぽを水面に付けていました。なかなか写真に撮るのが難しかったのですが、何とか撮影できました。。

池にギンヤンマが

  アカメガシワの雌花がだいぶ大きく膨らんできました。アップして写すと、中に緑色の種ができているのが分かりますね。このたねも、秋が深まると黒くなるのです。

アカメガシワの雌花が

  湿地の近くの道端の水路に、サワギキョウの花が咲いていました。こんなところに花を見るなんて、思いもよりませんでした。いつ見ても美しい花ですね。

サワギキョウが水路に

  下の植物は前にもご紹介したのですが、どうしても種名が分からなかったのです。それに花がつきました。ヤエムグラに似ているのですが、花は全く違いますし、たの仲間とも微妙に違うのです。分からずじまいです。とてもきれいな花です。どなたか教えてください。

この花?1

この花?2

  下は、サンショウの実を写しました。赤い実の中に、光沢のある真っ黒いものが見えますが、それは種でしょう。きれいです。

サンショウの実が

  タラノキに大きな花が咲きました。下の写真のように、横幅が60cm位、高さが30cm位ありますので、その大きさが分かりますね。良く目立ちます。

タラノキの大きな花

  下も駐車場の街路樹なのですが、コブシの木です。それに淡いピンク色の実が付いていました。コブシの実は、ひと粒ひと粒が繋がっているのですね。面白い形です。

コブシの繋がった実が






鬼久保広場の散歩、ヌルデに花が!ケヤマハンノキが街路樹に! ミズキの実がきれい!ヤマボウシに赤い実が!

  9月に入って気がついたのは、モズがけたたましい鳴き声を発しながらやってきたことです。毎年の光景なのですが、秋が来たことの前触れです。季節の変化は確実にやってくるのですね。
  2日の月曜日は、鬼久保広場を散歩しました。入口付近の駐車場の脇に、ヌルデが大きな淡黄色の花をいっぱい付けていました。今、各地に花をつけていてとても良く目立ちます。きれいですね。

ヌルデの花がいっぱい

ヌルデの花が2

  入口付近の街路樹に、ケヤマハンノキが植えられています。街路樹にこの木が植えられているなんて、見たこともありません。いっぱい実を付けていました。ヤシャブシに似た実ですが、少し小さいです。

ケヤマハンノキに実が1

ケヤマハンノキに実が2

  近くに大きなミズキがあり、枝を広げていました。その上にたくさんの実を付けていました。アップすると、黒くなった実や赤い実も交えてきれいなのです。

ミズキに実が1

ミズキに実が2

  クズに花がいっぱい付いていました。クズは葉が大きく、花はそれに隠れて見えにくいのですが、しての写真では花がよく見えます。それも珍しいのです。

クズの花がいっぱい

  街路樹にヤマボウシが赤い実を付けていました。きれいです。赤い実の表面にボチボチがあるのも可愛いですね。

ヤマボウシに赤い実が

ヤマボウシの赤い実

  よく見たら実のつき方に興味をもちました。赤い実は大きくてしたにたれているのですが、比較的小さな緑色の実は上に向かって立っているのです。実の重さで、立ったり垂れたりするのでしょうか。だとすると、面白い現象ですね。

ヤマボウシの緑の実

  この続きは、次回に回しましょう。


 




 




 




 







アカシデの花、コオニユリの花がきれい!モミの球果が輝いていた!

   面の木園地の続きです。
  最後の方で、湿地の下の方にアカシデの木に花が咲いていることに気がつきました。下の写真です。前回のサワシバの花とよく似ていますね。若干花が長く垂れ下がっているようです。


アカシデに垂れた花が

  帰り道に湿地の中にコオニユリが咲いているのが見えました。いつ見てもきれいです。

コオニユリがきれい

  下の写真の可憐な花は、どうしても種名が分かりません。対生の毛っぽい葉とピンク色の花がきれいですね。

この花は?1

  下の黄色い花の植物も、種名は分かりません。見当もつきません。上も含めてどなたか教えてください。

この花は?2

  トチノキに茶色の実が付いていました。トチノミ煎餅などの食べ物は、この実を使ってお菓子にしたものですが、どのような味がするのか、ボクは知りません。ちょうどピンポン玉くらいの大きさで、クルミに似ていますね。

トチノキの茶色の実は

  少々疲れたので、帰りに津具のグリーンセンターに寄って、レストランでコーヒーを飲んできました。そのレストランの道路を隔てて対岸の山に、モミの木が有り、その枝先に白っぽく輝くものがありました。よく見ると、モミの球果でした。下の写真ではわかりにくいですが、木の上の方の枝に球果が出来ていて、下の方の枝には付いていないのです。

モミの球果がきれい1

  そのことは、下の写真を見るとはっきりします。ずいぶんたくさん球果が付いていますが、火がよく当たる枝先で、枝の根元には付いていません。面白い性質ですね。

モミの球果がきれい2

  久しぶりに山登りを出来たこと、珍しい植物にも出会えて嬉しい一日でした。




ハウチワカエデの大きな葉!ヒオウギを初めて見ました!オミナエシの黄色い花がきれいでした!

  面の木園地のビジターセンター前のあずまや近くで、ツルアジサイにたくさんの実が生っているのを見た。下の写真のように、茶色のものは装飾花で緑色の粒が実ですね。すごい実の数です。

ツルアジサイの実が

  また、近くにハウチワカエデの大きな葉が付いていました。手のひら型の5~7裂する大きな葉が特徴ですね。ヤツデの葉のようです。この地方には天狗伝説があり、天狗はうちわを持っているので、それに似た樹木を植えたのかもしれません。

ハウチワカエデの葉は

  湿地の方に降りていきますと、フシグロセンノウが群生していました。オレンジ色の花がきれいでした。

フシグロセンノウが群生

  これまでに見たことがない植物に出会いました。ヒオウギです。長細い尖った葉の中から茎が出てその先端に数個のオレンジ色花をつけます。花は、オレンジ色の花弁に真っ赤な斑点がついて、とてもきれいです。実やつぼみも独特の形ですね。

ヒオウギを初めて見た

ヒオウギの花は美しい

  下の写真の植物が群生していました。大きな葉の中からツーンと突き出した茎の上の方に白いつぼみがついていました。初めは全くわからなかったのですが、通りかかった方がショウマの類かもしれないと言ったので、図鑑遅調べたら、葉の形がヒトツバショウマによく似ているのです。花がまだ咲いていませんので、確かではありませんが。

ヒトツバショウマだと思う1

ヒトツバショウマだと思う2

  下は、ミヤマトリカブトだと思います。よく見るとつぼみをつけています。その形と葉の形から判断しました。濃い紫色の花が咲くときれいなのですね。

ミヤマトリカブトの葉が

  下の写真の植物は、オミナエシです。葉は深く三裂して細長いのが特徴で、花は上の方で枝分かれをしてたくさんの黄色い花をつけます。群生することが多く、きれいなのです。ここでも群生していました。

オミナエシの黄色い花が

  下は、ヌマトラノオです。白い花がきれいですね。作手の湿地ではもうすでにこの花は終わっています。ここは標高の高いところなので、まだ咲いているのでしょう。

ヌマトラノオの白い花

  この続きは、次回に回しましょう。




天狗棚は展望がないのは残念!シコクママコナが群生!バライチゴがきれい!ヤマキマダラヒカゲに出会った!

   面ノ木園地から天狗棚への山登りの続きです。
  下は、ヤマハハコです。白い花と細長い針のような葉も白っぽいですね。高山にしか生息しない種のように思います。ハハコグサに似ていますが、その花は黄色です。


ヤマハハコの白い花が

   山に入ったところにママコナのような花が群生していました。ママコナではないかと思っていたら、同じママコナでもシコクママコナでした。以前、鳳来寺山に登った時に出会いました。花弁が上と下に別れ、上はピンク色、下は白なのです。ママコナは上下ともピンク色で、下の花弁に白いポチポチが二つ並んでいるのです。僅かな違いですが、別の種なのですね。

シコクママコナがいっぱい1

シコクママコナがいっぱい2

  下は、見るからにイチゴですね。真っ赤な直径2cnくらいの実がついていて、羽状複葉の小葉が鋭い鋸歯があって、葉脈の主脈がはっきりとしている特徴的な葉ですね。それらの特徴から、バライチゴと判定しました。

バライチゴに赤い実が

  あまり見たことのないチョウに出会いました。図鑑を調べた結果、ヤマキマダラヒカゲというタテハチョウの仲間です。前にサトキマダラヒカゲというちょうを紹介しましたが、それとの近縁種ですね。里と山の違いです。山の方もきれいなチョウですね

ヤマキマダラヒカゲが美しい

  標高1240mの天狗棚の頂上につきました。見晴らしの良い山頂ではなく、森の中の小さな高まりが山頂でした。山はやはり見晴らしの良い山頂でないと、登山の醍醐味があまりありませんね。苦労して登って、展望が開ける山頂は、達成感を感じる場所です。それがないのは寂しいですね。

天狗棚山頂にて

  そこから展望台に下ったところからの方が展望が良いのです。そこから見た津具村の全景が写っています。ボクらが通ってきた道がよく分かります。津具村は、全体に盆地のようになっているのですね。

津具村の風景

  展望台のすぐ脇に、ヤマボウシが丸い実を付けていました。葉の上に6~7cmくらいの茎の上に丸い実が突出している様子は、面白いですね。もう少し経つと実が大きくなり、赤くなります。

展望台のヤマボウシ

  下の植物は、ケキツネノボタンではないかと思います。独特の葉の形からはんだんしましたが、まだ確信を持てません。

ケキツネノボタンではないか

  下は、戻ってきたビジターセンターの休み場の近くで見たゲンノウショウコの花です。どこにでも生えていて小さい花ですが、きれいだったので写しました。白い花弁の中の淡紫色の筋やブルーの雄しべがきれいですね。

ゲンノウショウコの花がきれい

  このあと、面ノ木湿地の方に回りましたが、その報告は次回に回します。







ヘクソカズラのつぼみがきれい!ツルウメモドキに実がいっぱい!面ノ木園地でサワシバの花が!

    城山公園コースの散歩道の続きです。フジバカマが綺麗でした。何度も見て紹介している植物ですが、何度見ても美しいですね。

フジバカマがきれいでした

  下はヘクソカズラですが、ピンク色のつぼみが珍しいので写しました。こんな色のつぼみは初めてです。

ヘクソカズラのつぼみが

  アオツブラフジがたくさんの実をつけて垂れ下がっていました。ツル性の草本ですが、まさにハート型の葉が美しいですね。

アオツブラフジに実がいっぱい

  下もツル性の木本で、ツルウメモドキだろうと思います。もう、黄色い実が生っていました。秋が深まると黄色の実がはじけて中から赤い種が見えるようになります。それがきれいなので印象的なのです。他の木に巻きついて成長するので、大木によじ登ったツルウメモドキの実の美しさは目を見張りますね。それを見るのを楽しみにしています。

ツルウメモドキに実がいっぱい1

  下は、別の場所に生えていたツルウメモドキですが、実がたくさん付いていました。でも、まだ実が緑色ですね。それも、光沢があってとてもきれいです。

ツルウメモドキに実がいっぱい2

  さて、先週の28日は、久しぶりに面ノ木園地に行きました。今回は、天狗棚まで山登りをしてきました。大病をしてからあとは、山登りは初めてです。ビジターセンターが標高1055mで、天狗棚は1240mですから、標高差は190mくらい、大した山ではありませんが、立ちくらみもなく快適に上ることができました。大分体力が回復してきたのですね。嬉しかったです。今後は、少しずつ山登りを取り入れた散歩をしようと思っています。
  園地に到着する少し手前に、白い花をつけた大木があったので車を止めて観察しました。下は、サワシバというクマシデ属の落葉高木です。白い花が鈴なりに垂れ下がって咲いていました。

サワシバに花が

  花をアップすると、下のような感じの花です。色は淡緑色というのでしょうか。クマシデやアカシデの花に形がよく似ていますね。ウロコような花弁の中に種があるのです。

サワシバに花が2

  木肌は、下の写真のように、灰褐色で縦しわがあります。木肌とともに特徴を覚えておかないと識別はできないので、今は出来るだけ木肌も同時に写すようにしています。

サワシバの木肌

  さて、園地から砂利道を歩いていく途中に展望のよい場所があります。そこから南に向かって写したのが下の写真ですが、三河の山々が一望に見渡せます。右手のギザギザした形の山は、かつて登ったことがある岩小屋山ではないかと思います。

三河の山々が

  道端に無数に赤い花をつけた植物を見ました。ヤマハギです。こんなにたくさんの花をつけたヤマハギは初めて見ました。アップした写真が下ですが、ヤマハギの葉の先端が丸くはなく、尖っているので、花は似ているのですが、マルバハギとは違います。

ヤマハギ赤く染まる

ヤマハギのはながは

  この続きは、次回にしましょう。




coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。